南青山矯正歯科 > 歯科レントゲンの種類と安全性

歯医者さんを受診する理由としては、虫歯や歯周病、ホワイトニング、矯正治療などさまざまな治療がありますよね。そのような数ある治療の中で、よくレントゲンを撮ることがあります。

これを歯科レントゲンと呼びますが、どのようなものなのか、何の目的で撮るのか気になったことはありませんか? また、レントゲンは身体によくないということも耳にすることがありますが本当なのでしょうか。

今回は、歯科レントゲンについて解説していきます。

歯科レントゲンとは

歯科レントゲンとは、目視で発見できない、痛みを感じないまま進行する歯科分野の多くの病気を早期に発見し、治療のための正しい診断を行うために必要な歯科医院専用の機械のことです。

レントゲン博士により、物質を通過する放射線とも呼ばれるX線が発見され、体内の中を撮影できるようになりました。そのX線が歯科にも応用され、歯科レントゲンというものがほとんどの歯科医院で利用されています。

歯科レントゲンは何のために使うの?

歯科レントゲンとは、歯の状態や、その歯の骨の状態を詳しく知るために欠かせないものです。そこで歯科レントゲンで何が分かるのかをみていきましょう。

虫歯の進行具合が分かる

歯科レントゲンで虫歯になっている歯を撮影すると、その進行具合が分かります。また、よく虫歯は銀歯などの詰め物や被せ物の下にできることがありますが、歯科レントゲンによって目視では確認しにくい虫歯の進行具合がはっきり分かります。

詰め物や被せ物をした歯がうずくけれど、実際どうなっているのか診察するときにレントゲン撮影をすることで、虫歯の進行具合を知ることができます。

歯の根っこの状態が分かる

歯の根っこや歯髄という歯の神経が感染して、病気に侵されることがあります。しかし、これも目視では確認できないところがあります。これもレントゲンを撮影することで、炎症などが確認できます。

歯の骨がどうなっているか確認できる

歯周病では歯が歯周病菌に侵されてしまいます。しかし歯の骨がどれくらいむしばまれているかは目視ではむずかしいものです。これもレントゲンを撮影することで、歯周病の進行具合が把握できます。

歯のレントゲンの種類

歯のレントゲンには、主に、パノラマ、デンタル、セファロという種類に分かれます。それぞれ見ることのできる内容が異なります。

パノラマレントゲン

口の中全体の写真撮影ができるもので、歯の状態、骨の異常、神経の位置などが分かります。よくカメラ撮影のモードでパノラマ撮影というのがありますが、それを思い出すと分かるとおり、口の中全体をパノラマ撮影のように横長に幅広く撮影することができます。

デンタルレントゲン

デンタルレントゲンとは、歯を複数の部位に分けて撮影する方法です。

パノラマ撮影では全体を俯瞰的に撮影していたのに対して、デジタルレントゲンはフォーカスして、深く、じっくりと2~4本の歯だけを撮影してその内部を鮮明に写し出すことができます。これにより、歯の根っこの病気の状態などがよく分かるようになります。

セファロ

頭全体のレントゲン撮影です。顎の大きさや形、傾き具合などを見ることができます。

また矯正治療の前後に、歯の動いた変化を見るためにも使われることがあります。

歯科用レントゲンの被ばく量は大丈夫?

レントゲンというと、被ばくが気になる人が多いでしょう。歯科レントゲンを受けて、体への被ばくは問題ないのでしょうか。

確かに歯科レントゲンでも被ばくはします。数字で表すと、パノラマレントゲンで1枚当たり約0.03mSv(ミリシーベルト)、デンタルレントゲンで1枚当たり約0.01mSvです。

これは、放射線の被ばく量の限度といわれている、一年間当たり約1smSvのおよそ100分の1の値になります。確かに被ばくはするものの、限度と定められている量のわずかということです。

また、他の機器の放射線量とも比べてみましょう。歯科用CTは1枚当たり、約0.1mSvとレントゲンよりも高くなっています。また、胃のレントゲン精密検査1回あたりは約0.6mSv、胸のレントゲン集団検診1回は約0.05mSvだといわれています。

歯科用レントゲンと歯科用CTの違いは?

歯科には、レントゲンのように歯の内部を見ることができる歯科用CTがあります。歯科レントゲンと比べてどこが違うのでしょうか。

まず「CT」とは「Computed Tomography」のことで、X線とコンピューターで輪切りの断層画像を撮影できるものです。歯科用レントゲンとの大きな違いは、歯科用レントゲンが平面、歯科用CTは3Dの画像が見られるところにあります。より歯や歯根、骨など内部の状況を詳しく知ることができます。

【まとめ】歯科レントゲンの種類と安全性

歯科用レントゲンは、歯科治療に欠かせない私たちの歯の状況を知るための重要な機器の一つです。被ばく量が気になる場合には、今回ご紹介した量を数値で理解し、どれくらいのリスクがあるのか正確に知っておくのも大切です。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文