南青山矯正歯科 > 歯列矯正 > 舌の位置で歯並びが悪くなる!?舌と歯の意外な関係

みなさんは、普段、自分の舌の位置を把握したことはありますか?

実は、この舌の位置というのは、歯並びに密接に関係しているのです。舌と歯並びが関係しているとはまさか思わないですよね。そこで今回は、舌の正しい位置と、舌の位置が間違っていることで起こる悪い歯並びについて解説します。

舌の正しい位置ってどこ?

舌の正しい位置ってどこ?

みなさんは、舌の正しい位置をご存知でしょうか。何気なく口の中に置いている舌ですが、実は正しい位置というものがあるのです。

まず、上顎の一番中央の前歯に舌を当ててみてください。このとき、前歯の後ろに、ポコッと一か所だけ盛り上がっているところがあるのを感じることができるでしょう。そこが舌の正しい位置の目印です。そこに、舌を尖がらせた状態で当ててみてください。そして口を開けているなら、その舌の位置をキープしたままで口を閉じてください。どうでしょうか。この位置が、舌の正しい位置なのです。

舌の位置が悪いと起こるデメリット

舌の位置が悪いと起こるデメリット

では、今確認した舌の位置が、なぜこの正しい位置ではないといけないのでしょうか。舌なんてどこの位置でも関係ないのでは?と思う人も多いでしょう。でも、実際、舌の位置が間違っていると、あらゆるデメリットが生じるのです。

歯並びが悪くなる

実は舌の位置が悪いと、出っ歯や受け口、でこぼこ、開咬などのあらゆる不正咬合と呼ばれる悪い歯並びになるリスクが高まります。

出っ歯の原因と矯正治療

受け口(しゃくれ)の原因と矯正治療

開咬(オープンバイト)の原因と矯正治療

口呼吸になる

口呼吸の場合、舌が上顎についていません。つまり、口呼吸の人は舌が正しい位置に定着しておらず、口呼吸を続ければ続けるだけ、舌の位置が悪いために歯並びに悪影響が出たり、口呼吸そのものの全身への悪影響が出たりします。例えば、喉に外から空気が入り込みやすく、風邪を引くことが多くなります。

発音がうまくできない

舌が正しい位置でないと、発音がうまくできなくなります。発音は、ご存知の通り、滑舌が影響するためです。また、歯並びが悪くなることで、さらに発音に支障が出てしまいます。

舌の位置で歯並びが悪くなる理由

舌の位置で歯並びが悪くなる理由

では、先に紹介した、舌の位置で歯並びが悪くなるのはどうしてなのでしょうか。

それには、まず、舌が口の中で果たす役割について知っておく必要があります。実は、舌は食べ物の味を感じたり、発音をしたりするときに使われるだけでなく、歯並びを支える役割もあるのです。

先ほどご紹介した舌の正しい位置に舌をいつも置いておくことで、前歯の歯が支えられます。舌が正しい位置にないと歯並びがきちんと整わないのです。

つまり、歯は口の中の舌や唇、頬などの間にあり、外と中から支えられており、その力のつ り合いがしっかりと整っていることで綺麗に並んでいます。歯が単独で自分の力だけで生えているわけではないのです。

もともと、歯はぴったりと正しい位置に生えてくるわけではありません。多少ずれて生えてくることもあります。しかし、歯がきれいに並んで口の中に納まるのは、舌や唇などで支えられているからなのです。

例えば、幼い頃から口呼吸でいつも口が開いている習慣のあった子どもは、唇で前歯を支える時間が少なくなるため、出っ歯になりやすくなるといわれています。

舌の位置はどうすれば治せる?

舌の位置はどうすれば治せる?

舌の位置は、良い歯並びにとって非常に重要であることが分かりますよね。そこで舌を正しい位置にするための舌トレーニング法を、口腔筋機能療法「MFT」の中からご紹介します。

スポットに当てて「ポン」とはじく

先ほどご紹介した舌の正しい位置のことを「スポット」と呼びます。このスポットに舌をとがらせて先端をつけ、舌全体を上顎の部分に吸い付けます。その後、上顎の部分を舌ではじくようにして「ポンッ」と音を出します。これを10回~15回程度行います。

ストローを使って正しい位置を覚える

いつも舌はスポットの正しい位置に置いておくことが大切です。そのための訓練として、ストローを2本用意し、それぞれのストローを左右の犬歯の後ろ当たりで挟んで噛み合わせます。唇を軽く閉じたら、舌の先をスポットに置き、上顎に舌を吸いつけます。5分ほどその状態を続けます。

【まとめ】舌の位置で歯並びが悪くなる!?舌と歯の意外な関係

舌の位置によって、歯並びが大きく左右されることは多くの人にとって意外なことだったのではないでしょうか。実際、歯科医院で舌のトレーニングを案内されるぐらい舌は重要です。もし悪い歯並びが気になるのであれば、矯正治療の他にもこうした舌トレーニングの方法も見据えてみるといいかもしれません。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン