インビザライン(マウスピース矯正)の正しい取扱いと矯正期間中の注意点

南青山矯正歯科 > 歯列矯正(歯科矯正) > マウスピース矯正 > インビザライン > インビザライン(マウスピース矯正)の正しい取扱いと矯正期間中の注意点

インビザライン(マウスピース矯正)の正しい取扱いと矯正期間中の注意点

インビザライン(マウスピース矯正)の正しい取扱いと矯正期間中の注意点

従来の矯正とは異なる新しい矯正治療として、マウスピース矯正がここ数年でメジャーになってきました。

様々な会社から治療システムが提供されており、治療の簡単さや見た目の良さはアピールされるものの、その取り扱いや注意点について知らされる機会は少なく思われます。

今回はインビザラインに代表される矯正用マウスピース(アライナー)の取り扱いや、注意点についてお伝えしたいと思います。

インビザラインの正しい取り扱いと治療期間中の注意点

インビザラインなどマウスピース矯正で使用するアライナー(矯正用マウスピース)はシステムにより多少の差はありますが、1日20時間以上の装着が必要です。

正しい取り扱いができないと、矯正治療の効果が薄くなるだけでなく治療の失敗につながることもあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

インビザラインなどマウスピース矯正の失敗例と失敗しないための対策

着脱について

着脱について マウスピース矯正

アライナーを装着するときは、歯にアライナーを当てがった状態から全体的に押し込むようにして装着します。

このときどこか1箇所をしっかりはめ込んだら次をはめ込んで…というように装着していくとアライナーにねじれや歪みが生じるおそれがあるため行わないようにしましょう。アライナーにねじれや歪みが生じると設計された矯正力が働かなくなる可能性があります。

全体的にアライナーがはまったらアライナー・チューイを咬んでフィットを高めます。

アライナーを取り外すときは、まず左右どちらかの奥歯の内側から少しずつ浮かせ、反対側も同じようにして両側の奥歯からアライナーを浮かせたら前歯部分を外すようにします。

このとき爪先や爪楊枝などでとっかかりを作るようにすると、爪や歯茎を痛めたり、アライナーにねじれや歪みが生じるおそれがあります。

指だけでは外しづらい場合は専用の補助器具を用いることもできます。

清掃について

清掃について マウスピース矯正

マウスピース矯正ではひとつのアライナーを1〜2週間使い続けます。

アライナーを清潔に保てないと、マウスピース矯正が原因の虫歯を作ったり、口臭の原因となったりするため、アライナーの清掃は重要です。

取り外したアライナーは外側、内側をともに流水下で指や柔らかいブラシを用いて洗浄します。

歯磨き粉はアライナーの表面に細かい傷を作り、かえって汚れがつきやすくなったり臭いの原因になるため使用しません。

指やブラシで洗浄した後は、洗浄剤につけておくとより清潔に保てます。洗浄剤は専用のものや市販のマウスピース用の洗浄剤を使用します。

総入れ歯用、総入れ歯部分入れ歯兼用などの入れ歯洗浄剤はマウスピース用とは成分が異なるため使用しません。

保管・持ち運びについて

保管・持ち運びについて マウスピース矯正

アライナーは食事や清掃時以外には外さないものですが、学校や職場のランチや飲み会など、家の外でもアライナーを外す機会は意外とあります。また、治療のステップをひとつ戻ることもあるので、使い終わったアライナーはすぐに捨てないで、一定期間手元に残しておく必要があります。

こうした理由から、マウスピース矯正では保管や持ち運びに気をつける必要があります。

アライナーを外したときは、専用のケースがあればケースに入れてください。

インビザラインの場合、現在使用しているアライナーとひとつ前のアライナーを保管するケースが用意されています。

ケースがない、あるいは無くしてしまった場合は、小さめのタッパーや市販の入れ歯用ケースなどで構いませんが、必ずアライナーを曲げずに入れられる容器を選んでください。

一時的に外すだけだからとティッシュなどにくるむと、間違えて捨てたり捨てられてしまったりすることがあるのでやらないようにしましょう。

飲食について

原則として、アライナーを装着した状態で食事をしてはいけません。飲み物も注意が必要です。

アライナーは1mm未満の非常に薄いシートでできています。

ある程度までの咬む力には耐えてくれますが、装着したまま食事できるほどの耐久性はありません。装着したままで食事を繰り返すとアライナーに穴があく可能性があり、治療失敗の原因になります。

また装着したまま食事をすると、アライナーの縁や中に食渣(食べカス)がついて非常に不衛生な状態になります。アライナーを装着したままでの、食べ歩きなどはNGです。食事のときには必ずアライナーを外してケースに入れ、食後は可能な限り歯を磨いてから装着するようにします。歯を磨けない場合は洗口液(マウスウォッシュ)で代用しても構いません。

飲み物は、装着したまま飲んでも大丈夫なものと避けるべきものがあります。

アライナーは歯に密着させて用いますが、歯との隙間がゼロではありません。飲み物はアライナーと歯とのわずかな隙間に入り込み、その場に長く留まります。そのため、飲み物の種類によっては歯に悪影響を及ぼします。

炭酸水はpHが低く歯の表面を溶かすだけでなく、糖を含む炭酸飲料はさらに虫歯を作る原因となります。コーヒーやお酒もpHが低いため炭酸水や炭酸飲料と同様にアライナーの内側に留まると歯の表面を溶かします。歯の表面が溶けると細かい凹凸ができ、そこに色素が入り込んで歯の着色が起こります。

飲み物は、基本的にはお茶か水を摂るようにしましょう。それでも、やはりコーヒーや炭酸を飲みたいときはあると思います。その場合はストローを使うとアライナーの中に入り込む量を抑えられ、着色等の程度を抑えられます。とはいえ、ゼロにできるわけではないので可能な限り早めに口をゆすぐように心がけましょう。

その他生活上の注意点

アライナーは歯ぎしり防止やスポーツ用のマウスピースの代わりにはなりません。治療上や競技上の理由などでマウスピースの着用が必要な場合は、治療前に相談しておくようにしましょう。

【まとめ】インビザライン(マウスピース矯正)の正しい取扱いと矯正期間中の注意点

マウスピース矯正の特性上、ワイヤー矯正にはない独特の注意点があります。

下記は特に注意しておきたい内容です。

  1. ❶着脱について
  2. ❷清掃について
  3. ❸保管・持ち運びについて
  4. ❹飲食について

効果的に治療を進めるためにも、注意点をしっかり覚えておきましょう。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 03-3475-8536
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室