歯列矯正の診断「セファロ分析」とは?その重要性と目的

南青山矯正歯科 > 歯列矯正(歯科矯正) > 歯列矯正の診断「セファロ分析」とは?その重要性と目的

歯列矯正は治療開始前にさまざま資料をとって、診査・診断をしてから始まります。

その中にセファロ分析という規格化されたエックス線写真を用いた診査で、矯正治療では非常に重要なものがあります。

今回は、セファロ分析についてお伝えしたいと思います。

歯科レントゲンとCTの種類と安全性

頭部エックス線規格写真(セファログラム)とはどんな写真?

セファロ分析は、規格に則ったエックス線写真を用いて行います。

このエックス線写真(レントゲン写真)のことを頭部エックス線規格写真(セファログラム)と呼びます。

頭部エックス線規格写真では、エックス線管球(エックス線を発生させる装置)、患者の頭、フィルムの方向と距離を一定にそろえて撮影します。

撮影ごとのエックス線写真のズレや歪みといったバラつきを無くし、どんな人でもどんな時でも同じ条件で撮影ができるようになっています。

昔は特別な撮影装置が必要なため、大学や専門クリニックでの撮影が主でしたが、今はパノラマエックス線撮影や歯科用CTの装置にオプションとして組み込まれているものも多くなり、一般の医院でも撮影可能なところが増えてきました。

頭部エックス線規格写真には正面からの写真(正面セファロ)と横からの写真(側面セファロ)があり、それぞれ評価できるものが異なります。

セファロ分析

セファロ分析は、どのような流れで行い、何がわかるのでしょうか?

どんなことをするの?

セファロ分析では実際にはどんなことをするのでしょうか?

まず、セファロ分析はエックス線写真のフィルムに直接行うのではなく、必要な情報を写し取ったトレーシングペーパーや、デジタルでは分析のために用意したレイヤーやコピーデータで行います。

そして、セファロ分析という場合、特に断りがなければ側面セファロを用いた分析のことをいいます。

❶分析の基準となる計測点をプロット

どんな分析にも基準が必要になります。

セファロ分析には、エックス線写真上の骨や軟組織に定められた計測点があります。今後行う予定の分析に必要な計測点をプロットしていきます。

各計測点のうち特徴的な点を結んで、骨格や咬合の模式図を作ることができ、これをプロフィログラムと呼びます。

❷計測平面を作図

計測点のプロットが終わった段階では、まだ無数の点があるだけです。このままでは分析ができないため、次に一定の基準に従って計測点同士を線で結びます。この線を計測平面と呼びます。また、1.と2.で行った作図をセファロトレースと呼びます。

❸骨格型・咬合型分析(Downs法、Northwestern法、Tweed法など)

計測平面の作図が終わると平面同士が交差する箇所が出てきます。この平面同士の交差する角度を計測します。

目的によりさまざまな角度を計測、分析するため角度分析とも呼ばれます。

❹ポリゴン表(標準偏差図表)を作成

骨格型・咬合型を計測した段階では、たくさんの数字が並んでいるだけです。この数字を分析できないとセファロトレースした意味がありません。

セファロ分析はこれまでに膨大な数が行われており、基準値が公表されています。分析している患者の数値が、この基準値に対しどれだけ近いかを一覧の図表に記載していきます。この図表のことをポリゴン表と呼び、矯正治療の診断や経過、効果の確認にプロフィログラムとともに重要な資料になります。

何がわかるの?

ここまでどんなものなのかを見てきたセファロ分析では、何がわかるのでしょうか?

まずセファロ分析では、患者さんごとの骨格や咬合について数字による評価(定量的な評価)が可能になります。また、得られた各種数値から、どんな骨格をしてどんな咬合をしているか、形態的な特徴を把握することができます。

得られた各種数値を標準値と比較することで、診断・治療計画の立案に役立てたり、プロフィログラムを用いて治療前後の顎や顔面の形態の比較をしたり、成長による時間の経過にともなう変化を見ていくことができます。

セファログラムには正面と側面がありますが、それぞれで評価できる項目が異なります。

正面セファロでは主に左右のバランスや傾き、歪みを評価します。具体的には、上下顎の正中にズレはないか、咬み合わせのラインが傾いていないか、下顎が左右対称か、上下顎の歯が並ぶ部分の幅はどうかといったことを評価します。

側面セファロでは主に前後方向の形や角度を評価し、このことをセファロ分析と呼ぶことが多いです。具体的には、上顎骨/下顎骨の大きさと位置はどうか、下顎骨の形はどうか、歯に関する特徴として前歯の傾き、前歯どうしの角度、上下顎大臼歯の位置と位置関係などを評価します。

どんな時にするの?

セファロ分析は少なくとも2回、矯正治療開始前と終了後に行います。

成長がある時期の矯正治療では、治療途中でも矯正医の判断で必要に応じて行います。

また、転院した際にはその医院での治療前に行うことも多いです。

セファロ分析をするメリット

セファロ分析は、矯正治療開始前には術前の模型(スタディーモデル)や口腔内・口腔外写真とともに、現状把握のための重要なデータになります。

広く利用されてきた方法のため、標準値があり分析法が確立されていること、プロフィログラムの重ね合わせによる治療効果や、顎や顔面の成長発育を調べることができることが特に大きなメリットになります。

【まとめ】歯列矯正の診断「セファロ分析」とは?その重要性と目的

セファロ分析は矯正治療をするために非常に重要です。

セファロ分析をしないで矯正治療をするということは、フロントガラスが半分隠された車で運転するようなものです。

矯正専門クリニックでセファロ分析をしないところはほぼありませんが、一般のクリニックでは設備的にできないところもあるのが現状です。

矯正治療をする際にはきちんと診査・診断をしているかも大事なポイントです。

参考文献

歯科矯正学 第5版. 医歯薬出版株式会社. 2008年3月, (参照 2021-07-31)

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 03-3475-8536
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室