ラミネートベニアですきっ歯は改善できますか?

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > ラミネートべニア > ラミネートベニアですきっ歯は改善できますか?

歯と歯の間に隙間が空いていることは、一般的にはすきっ歯と呼ばれています。

日本の歌手や、ハリウッドの女優さんやフランスの有名歌手なども、すきっ歯の方がいらっしゃいます。にっこり笑った時に覗く隙間をチャームポイントとしている方もいらっしゃいますが、多くの場合、コンプレックスになっているのが現状です。

すきっ歯の程度は、1mm程度の人もいれば、3mm以上ある方もいらっしゃいます。隙間の大きさの程度よりも、コンプレックスと感じるかは個人の感覚によるものです。

しかし、コンプレックスが強くなると、会話の際にも小さな口で話すことに慣れてしまい、声が小さい、滑舌が悪い人といった印象を与えているかもしれません。

今回は、ラミネートベニアによるすきっ歯治療についてご説明いたします。すきっ歯でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

すきっ歯とは

すきっ歯とは

歯科用語では、すきっ歯のことを空隙歯列と言います。

特に、前歯と前歯の間に隙間がある場合には、お顔の真ん中であることから、他人から目につきやすいです。前歯と前歯の間に隙間がある場合、歯科用語では正中離開と呼びます。今回は、目立ちやすい正中離開を中心にご説明いたします。

正中離開の原因は以下の原因が考えられます。

  • 矮小歯:歯冠幅径が小さい
  • 上唇小帯付着異常:唇の裏側と歯肉を正中線上でつなぐひだ状の粘膜による付着異常
  • 先天欠如:先天的に歯数が足りない、側切歯に多い
  • 正中過剰歯:粘膜下に過剰歯があるため、歯が萌出する際に、過剰歯を避けて放出するため前歯と前歯の間にスペースができる
  • 習癖:爪かじり

すきっ歯の原因と矯正治療

正中離開に有効なラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯冠破折、変色歯など様々な症例に応用されている審美歯科治療の1つです。

ラミネートベニアとは、エナメル質を薄層切削し、セラミックのネイルチップ様の補綴物をセメントで合着する方法です。

正中離開の場合にも、ラミネートベニアは治療方法の選択肢の1つとなります。

具体的なラミネートベニアの治療手順は、簡単にご説明すると以下の通りです。

STEP.1
1回目の治療

シェードテイキング(完成補綴物の色の決定)→患歯の形成(切削)→印象(型取り)

STEP.2
2回目の治療

補綴物のセメントによる合着

正中離開の場合には、土台となるご自身の歯の幅径よりも若干近遠心的にボリュームを付与し、隣在歯とコンタクトを再現した補綴物をセットします。

ラミネートベニアで治療できないすきっ歯とは?

正中離開を含め、矮小歯の場合など、歯間離開については、ラミネートベニアはとても有効な治療方法です。

しかし、ラミネートベニアが適応ではないすきっ歯があります。

それは、歯と歯の間にある隙間が2〜3mm以上空いている場合です。

ミリ単位のわずかな差ではあるが、隙間が大きい場合には、セットしたセラミックのチップに過剰な咬合圧が加わり、たわみやゆがみを生じるため、脱離や破折の原因になりやすいためです。無理にラミネートベニアにて治療を行うと、治療後数日や、数か月は問題ないかもしれませんが、結果として予後は不良です。

そのような場合には、ラミネートベニアに比べて切削量が増えてしまいますが、前歯を形成(補綴物の厚み分、歯質を削合すること)して、セラミッククラウンを被せるセラミック矯正がお勧めです。

セラミック矯正の詳細はこちら

もちろん、ラミネートベニアの費用に比べるとセラミック矯正の費用は高くなります。しかし、無理なラミネートベニアに比べれば、数年単位での歯の状態の維持や、コストパフォーマンスを比較すると、セラミック矯正による治療の方が適している場合もあります。

また、前歯と前歯の間で爪をかじる習癖がある場合には、ラミネートベニアにて治療を行った後も、習癖が継続していると、くさび状の力が加わり、せっかく合着した補綴物が脱離するリスクがあります。習癖は無意識の行為であることが多いので、意識的に直すようにしましょう。

正中過剰歯については、歯の向きが順性か逆性かによっても、今後歯が萌出する可能性の判断が異なるため、画像診断などを行うことをお勧めします。

CT撮影などを行うと、前歯と過剰歯との位置関係が把握しやすいです。場合によっては過剰歯を抜歯し、経過観察や歯列矯正で改善が見込まれる場合があります。

歯科レントゲンとCTの種類と安全性

その空隙歯列は歯周病?

「20代のころは、歯と歯の間に隙間がなかったのに・・」とご相談にいらっしゃる方がいらっしゃいます。そういった場合、考えられるのが歯周病による歯の移動です。

歯に隙間があるなら、補綴物で治せばいいというものではありません。せっかく費用をかけてラミネートベニアや、セラミッククラウンなどをセットしても、歯周病の状態が改善しなければ、また歯が移動して隙間ができてしまうからです。

「以前はなかった歯と歯の隙間が気になる」とお困りの方は、まずは歯周病の治療から開始することをお勧めします。

歯周病の原因と治療方法

【まとめ】ラミネートベニアですきっ歯は改善できますか?

すきっ歯にお悩みの場合、歯列矯正に比べて、治療回数が少ないラミネートベニアをご検討中の方もいらっしゃいます。

すきっ歯の原因には、矮小歯から、先天欠如、習癖、歯周病など様々な要因があります。また、離開しているスペースの大きさも症例によって異なるため、ご自身のお口の状態がラミネートベニアによる治療方法に適しているのかを、歯科医師に相談することが大切です。

その際には、ラミネートベニアを数多く経験している歯科医師に依頼することで、より満足度の高い仕上がりが期待できるため、カウンセリング時やホームページにて確認しておきましょう。

ラミネートベニアの詳細は詳細はこちら

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室