歯列矯正の期間がより短くなるインプラント矯正とは

南青山矯正歯科 > 歯列矯正(歯科矯正) > 歯列矯正の期間がより短くなるインプラント矯正とは

矯正治療というと治療期間が長くかかったり、複雑な装置が口の中に装着されたりと大変なイメージがあるかもしれません。

今回は、従来の装置での治療期間を短くしたり、心配な点を解決してくれるかもしれない、インプラント矯正をご紹介いたします。

インプラント矯正とは

まず、インプラント矯正とはどのようなものかですが、学術的にはインプラント矯正という用語はありません。

生体親和性のある器具を歯槽骨や顎骨に固定し、それを固定源として用いる矯正法のうち、矯正用インプラントや矯正用アンカースクリューと呼ばれる装置を用いた矯正のことをそのように呼ぶことが多いです。

そのため、ここではではそのような装置を用いた矯正をインプラント矯正と呼び解説していきます。

矯正用インプラントとは

インプラントというと歯を失ったときに使用するデンタルインプラントを想像されるかと思いますが、矯正用インプラントはそれとは異なります。

デンタルインプラントは失った歯の歯根の代わりを果たす必要があるため、細いもので直径3mm、太いものだと直径5mmを超えるものもあり、長さも最も短いもので6mm、頻繁に使用されるものでは10mm前後、長いものでは15mmを超えるものもあり、多くはそれを歯槽骨の中に完全に植え込みます。

一方、矯正用インプラントはネジ切り部の直径が1.2mmから2.0mm、長さも4mmから最大でも12mmで、デンタルインプラントより明らかに小さいものになります。また、一部が口腔内に露出し、露出した部分は矯正用ゴムやワイヤーを引っ掛けたりできるような形状になっています。

矯正用インプラントはどこに打つか

矯正用インプラントは上下顎骨の歯槽部(歯が生えている部分)で、歯根と歯根の間に打つことが多いです。ガイドラインで推奨される部位もありますが、治療中の歯や顎の骨の状態等によりそれぞれの場合で最適な位置に調整して打ちます。

インプラント矯正の目的は絶対的な固定源の確保

ワイヤーを用いた矯正では、それぞれの歯がお互いに綱引きのように引っ張りあった状態になります。そのため、たとえば前歯を後ろに下げようとした場合、アンカーの役割をする臼歯も少し前に出てきてしまい、その割合は7:3程度と言われており、抜歯などで歯が移動できるスペースを作ったとしてもそのすべてを利用できるわけではありません。

つまり、人体の一部である歯を固定源とする以上、固定源の歯の移動も起こってしまい、従来の装置による矯正ではいかにしてそれを最小に抑えるかなどを考え、対策を取る必要がありました。

しかし、矯正用インプラントは骨に固定されるため、動くことのない絶対的な固定源として機能し、それにより以下に続くメリットが得られます。

インプラント矯正のメリット

インプラント矯正のメリットは矯正用インプラントと自分自身の歯との特性の違いによって得られます。

まず矯正用インプラントと自分自身の歯との特性の違いからみていきましょう。

矯正期間の短縮

従来の矯正装置では、複数の歯の移動を行う際には移動させたい歯と固定源とする歯との強さを見ながら少しずつ移動させていく必要がありました。

しかし、インプラント矯正では矯正用インプラントを絶対的な固定源として用いることで固定源とする歯の移動を考える必要がなくなるため、歯の移動期間を短くすることが可能になり、結果、トータルの治療期間を短縮させることが可能となります。

矯正装置のコンパクト化

一番後ろの歯を後ろに移動(遠心移動)させたり、歯を根の方向に押し込む(圧下)といった動きは従来の装置では難しく、固定源とする歯を増やしたり口腔外にも装置を装着したりするなど、矯正装置の大型化や複雑化は避けて通れないものでした。

しかし、インプラント矯正では動かしたい歯の装置と矯正用インプラントとを直接つないで力をかけることができ、従来の装置よりも装置をコンパクトにしたり、シンプルにすることが可能になります。また、そのことで矯正治療期間中の歯磨きも行いやすくできる場合があります。

非抜歯適応の拡大

矯正治療では歯を動かすのに必要なスペースを得るために抜歯を行うことが往々にしてありますが、必要なスペースの量により抜歯を行わなくても治療可能となる場合があります。

外科手術を行わくても良くなる場合がある

ガミースマイルの方などで、顎矯正(顎の骨を切る手術を伴う矯正)が必要となる場合がありますが、条件により外科的手段を用いなくてもてもよくなる場合があります。

顎矯正が必要と診断される全てのケースでインプラント矯正で手術が回避できるようになるというものではないのでご注意ください。

インプラント矯正のデメリット

インプラント矯正は必ず矯正用インプラントの植立と除去が必要となります。

矯正用インプラントの植立は局所麻酔下で行いますが、このとき低確率ではあるものの歯根を損傷する可能性があります。

また、矯正用インプラントが生着せず脱落してしまうことや、矯正用インプラント周囲の清掃不良などで炎症を起こしてしまうこともあります。

医療機関によっては矯正用インプラント本体や植立の料金が治療代とは別途必要な場合もあります。

【まとめ】歯列矯正の期間がより短くなるインプラント矯正とは

インプラント矯正は比較的新しい矯正の手法であり、すべての矯正治療で適応となるものではありませんが、適応の場合には得られる恩恵の大きい治療法でもあります。

矯正治療をご検討の際には選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室