南青山矯正歯科 > 審美歯科 > 歯肉整形(ガミースマイル治療) > ガミースマイルの原因と治療 > ガミースマイルを大きく改善!骨切り術の種類にはどんなものがある?

ガミースマイルを治したいと思っている方にとって、その治療法にはさまざまな種類があります。その治療法の一つに「骨切り術」があります。

骨切り術の中にも、いくつか種類がありますので、今回はそれぞれの種類について解説していきます。

骨切りによるガミースマイル治療の方法

まず、骨切りによるガミースマイル治療とはどのような方法なのか概要を知っておきましょう。

ガミースマイルの原因には、主に、顎などの骨格によるもの、上唇を持ち上げる筋肉によるもの、歯や歯茎の大きさによるものの3つがあります。このうち、顎などの骨格が長いことで笑顔になると歯茎が見えすぎてしまう原因の場合、骨切りという方法が取られることがあります。

骨切りとは、セットバック法とも呼ばれる外科手術のことです。文字通り、骨を切る、つまり骨を削ります。上顎の骨を削ることで、露出する歯茎が上唇によってきちんと覆いかぶさるようにします。

骨切りでガミースマイルを治療する場合、主に「上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)」、「サージェリーファースト(外科矯正)」、「上顎前歯部歯槽骨切り術」という3種類が行われています。治療を行っている医療機関は、美容整形の美容外科、または審美歯科、口腔外科、矯正歯科などです。

この3つの骨切りによるガミースマイル治療の方法ついての概要やメリットやデメリットなどをみていきましょう。

上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)とはどんな治療?

上顎骨切り(Le Fort<ルフォー> Ⅰ型骨切り術)という治療は、上顎の骨を削って短くした後、骨接合用のプレートとネジで固定して治療を終える方法です。これにより、歯茎の露出を抑えることができます。

上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)のメリットは?

上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)のメリットは、物理的に顎を短くすることから、ガミースマイルが根本的に治りやすいというところです。また術後の後戻りもないというのもメリットです。

ガミースマイルの原因は、多くの場合、一つとは限りません。顎、唇の筋肉、歯の大きさなど複数が重なり合っていることもあるのです。こうした中、特に上顎が長い、もしくは出っ歯の状態になっており、斜めに傾いている場合などに向いています。

上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)のデメリットは?

上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)には、全身麻酔をすることのリスク、術後に腫れなどのダウンタイムがあること、費用が割高になること、入院の必要があることなどのデメリットがあります。

また、場合によっては、上顎だけでなく下顎も調整する必要が出てくるケースもありますので、その分、費用も身体への負担も大きくなります。

上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)の手術方法と費用は?

上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)の手術は、入院後、全身麻酔をしてから、歯茎の部分に当たる上顎の骨を削り、短くします。1~2週間程度、腫れが出るなどのダウンタイムがあります。治療費の費用相場は200~300万程度です。

サージェリーファースト(外科矯正)とはどんな治療?

サージェリーファーストとは、外科矯正のことで、先ほど解説した上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)のような顎の外科手術と共に行う矯正治療のことです。

ガミースマイル治療の場合、上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)を行った後で、矯正手術を組み合わせることで、短期間に矯正する方法です。

ちなみにサージェリーとはSurgery、つまり「手術」という意味の英語であり、サージェリーファーストとは、つまり「初めに手術を行う」という意味になります。

サージェリーファースト(外科矯正)のメリットは?

サージェリーファースト(外科矯正)のメリットは、大幅に矯正期間が短縮できるところです。上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)でも、手術の前後に矯正治療を行うケースがありますが、サージェリーファーストでは、必ず手術をしてから矯正治療を行うため、矯正を伴う上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)よりも短期間になることがあります。

また、上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)と同様、ガミースマイルを根本解決できることや、後戻りの心配がないというメリットがあります。

サージェリーファースト(外科矯正)のデメリットは?

サージェリーファースト(外科矯正)のデメリットは、上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)と同様に、大掛かりな手術によるリスクや、ダウンタイムがあること、費用が高額になるということがあります。

サージェリーファースト(外科矯正)の手術法と費用は?

サージェリーファースト(外科矯正)は、まず上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)を行った後で、矯正治療を行います。手術の後は1~2週間程度のダウンタイムがあります。費用相場は200~300万円程度になります。

外科矯正(サージェリーファースト)の詳細はこちら

上顎前歯部歯槽骨切り術とはどんな治療?

上顎前歯部歯槽骨切り術は、上顎の前歯の部分の歯槽骨を削ってガミースマイルを改善する方法です。これはよく出っ歯、上顎前突の歯並びの場合にも行われることがあります。

簡単に言えば、前から数えて4番目の歯を左右それぞれ抜歯して、その隙間を利用して、上顎を数ミリ後退させます。こうすることで、歯茎部分が斜めに飛び出している場合に、角度を変えることでガミースマイルが改善されることがあります。

上顎前歯部歯槽骨切り術のメリットは?

上顎前歯部歯槽骨切り術のメリットは、上顎骨切り(Le Fort Ⅰ型骨切り術)とサージェリーファースト(外科矯正)同様に、骨を削るため、ガミースマイルの根本改善につながりやすいということです。後戻りもしません。

また、上顎前歯部歯槽骨切り術は矯正治療が必要ないこと、入院が必要ない場合があることもメリットです。

上顎前歯部歯槽骨切り術のデメリットは?

上顎前歯部歯槽骨切り術のデメリットも、先の2つの手術と同様に、ダウンタイムがあること、全身麻酔をすることによる身体への負担、費用が高額になるということがあります。また、歯と歯の間に隙間が出るリスクもあります。

上顎前歯部歯槽骨切り術の手術方法と費用は?

上顎前歯部歯槽骨切り術の手術は、まず全身麻酔をして、抜歯した後に歯槽骨を削り、前歯部を後退させる方法で行います。ダウンタイムは1~2週間程度で、腫れが出ることがあるようです。

費用相場は幅がかなり広く、25~150万円程度です。ただ、他の手術と比べると、安価になる場合もあります。

【まとめ】ガミースマイルを大きく改善!骨切り術の種類にはどんなものがある?

ガミースマイルは長年悩んでおり、コンプレックスを抱えている方も多くいます。そんなガミースマイル治療において、根本的に改善されやすい骨切り術について、3つの種類をご紹介してきました。

上顎が問題となってガミースマイルが起きている場合に適応することがあります。手術はいずれも大掛かりではありますが、その分、改善の幅は大きくなります。これらの3つの手術が適応になるか気になる方は、ぜひ一度、美容整形の美容外科、または審美歯科、口腔外科、矯正歯科などへ尋ねてみましょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン