電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

歯のブリッジとは

歯のブリッジとは、抜いた歯の代わりに人工歯を装着する方法の一つです。
両隣の歯を支えにして、ブリッジをかけるようにして取り付けます。ブリッジにすることで、入れ歯よりも自分の歯のように感じられ、噛んだときに違和感を生じにくいメリットがあります。
素材として白く透明感のあるセラミックを使用すれば、見た目も美しく、自然で白い歯を実現できます。

歯のブリッジの特徴

歯のブリッジは、虫歯や歯周病などで歯を抜いた際に、歯を補う方法の一つです。

歯がないところに人工物をただ装着する入れ歯とは異なり、両隣の歯を支えにして橋渡しをして人工物を被せます。このとき、両隣の歯を多少削って調整します。治療中は直ちに仮歯を装着できるので審美回復も早い段階ででき、人目を気にせず生活できます。

ブリッジは入れ歯と比べて、橋渡しによって固定されているため、安定性が高く、ものを噛んだときに違和感を生じにくいのが特徴です。まるで、自分の歯のように感じられるメリットがあります。また、インプラントと比較して大がかりな外科処置がなく治療期間が比較的短く済むのも特徴です。

自費治療と保険治療のブリッジの違い

一般的にブリッジの治療は、自費診療と保険診療とがあります。主な違いは、その素材にあります。
保険治療では、使用できる人工物の素材がレジンや金属などに限られます。

レジンとは、歯科治療で使われる白いプラスチックのことです。装着した当初は白いものの、使用していくうちに、白い部分が変色しやすい、壊れやすいデメリットがあります。また、いわゆる銀歯のような金属は、耐久性があるものの、見た目がメタル色のため審美性の点で劣ります。

自費治療では、ジルコニアセラミックや、金属の上にセラミックを焼きつけたメタルボンド、混合金・プラチナなどの素材が使われます。ジルコニアセラミックは「陶器」と人工ダイヤモンド同じ素材で作られています。その白く透明度の高い見た目は、自然の歯に近く、審美性に優れています。

当院では、ブリッジの治療はすべて自費治療で行っています。

歯のブリッジはこんな方にオススメ

歯のブリッジは、歯を抜いた後に自然な形で歯を再現できる方法です。そのメリットから次の方におすすめです。

  • 虫歯や歯周病、事故などで歯を失った方
  • 歯を抜いた後も、ものを噛むときに自然な感触を得たい方
  • 噛み合わせで違和感が出ることの多い入れ歯は避けたい方
  • インプラントなど大がかりな手術を受けるのは避けたい方
  • 短時間で歯の再建をしたい方
  • 白く美しい歯にしたい方

歯のブリッジができない方

歯のブリッジは、両隣の歯を利用するため、その歯の状態によっては治療をお受けすることができません。

  • 抜歯した歯の両隣に歯がない方
  • 両隣に歯があっても、状態がよくなく、将来抜ける可能性がある方

歯のブリッジのメリット・デメリット

歯のブリッジのメリット

  • 見た目の仕上がりが自然な歯と同様になる
  • ものを噛んだときに自然な感覚で違和感が少ない
  • しっかり固定され、ゆるむことがほぼない
  • 大がかりな外科的手術が必要ない
  • 短期間で治療が終わる
  • セラミック素材を使用すると透明感のある自然な歯を実現できる
  • 治療中は仮歯が入るので、人目を気にせず生活できる

歯のブリッジのデメリット

  • 土台となる両隣の歯を多少削る必要がある
  • 支えている歯が虫歯や歯周病になった場合、まとめて作り直しが必要となる

歯のブリッジ治療の流れ(治療期間含む)

ブリッジは、基本的に土台となる歯の調整、仮歯作成、及び型取りで1~2回通院していただき、その後1~2週間ほどでブリッジが完成したら、1回で装着して治療終了となります。トータル治療期間は早い方で1か月ほどです。

ブリッジにする場合の治療の流れ

  • ①歯のない部分の両隣の歯を削り、仮歯をつくる(もし虫歯になっていれば同時に治療)  所要時間:1時間程度
  • ②ブリッジ(被せ物)を作製するために型取りをする 所要時間:1時間程度
  • ③1~2週間ほどでブリッジが完成する
  • ④ブリッジが完成したら口に装着する。 所要時間:1時間程度
  • 治療期間はあくまで目安です。患者様一人一人の歯の状態によって治療期間が前後してきます。

歯のブリッジ治療後の定期検診への取組み

ブリッジ治療後は、天然の歯と同じように虫歯・歯周病リスクがあります。これをカバーするには、定期的な検診が欠かせません。そこで当院では、ブリッジ治療後の定期検診をおすすめしています。
もちろん、虫歯や歯周病リスクを下げるには、毎日の歯ブラシでのブラッシングは欠かせません。しかしブリッジ後の歯は、被せ物で覆い隠されているため、目で確認しながらブラッシングすることがむずかしい状態にあります。
歯科医師による歯石の除去クリーニング、歯周ポケットの深さ及び出血の有無のチェック、レントゲンでの骨や歯の中のチェックなどのメンテナンスを定期的に受けることで、虫歯・歯周病予防を万全にすることができます。
当院では、ブリッジ治療だけでなく、こうした歯科医師による定期的なメンテナンスにも力を入れています。ご自身の将来の歯の健康のために、定期的に受けられることをおすすめします。

歯のブリッジ治療の保証について

当院では、ブリッジ治療を受けられた方が、治療後も安心して生活できるよう、保障制度を設けております。
ブリッジ治療後、素材が割れる、欠ける、虫歯になる、やり直すなどのご不安が多いかと思います。ブリッジはしっかり固定されますが、削った歯への負担を考えますと、やはり装着後3年以内は、特に噛み合わせ、病原菌のコントロールをしっかりと定期的に行うことが望ましいでしょう。
そのため、治療終了後に口の状態によって、歯科医師が適切な定期健診の期間と治療内容を決定します。その定期検診の期日や回数などをお守りいただくことで、3年間は無料でブリッジ代金を保障する制度を設けました。
※保障制度は予告なく変更されることがございます。詳しくはカウンセリング時にご説明させていただております。

  • 保障制度は予告なく変更されることがございます。詳しくはカウンセリング時にご説明させていただております。

歯のブリッジとインプラント・入れ歯との比較

歯を失った後、その歯を補うための方法には、ブリッジの他にインプラントや入れ歯があります。それぞれの違いについてご説明します。

歯のブリッジ インプラント 入れ歯
手法 抜歯した両隣の歯に橋をかけるように被せ物をする方法。 抜歯したところに歯根(インプラント)を埋め込み、人工の歯を装着する方法。 人工歯をバネや金具で他の歯に引っ掛けて固定する方法。
費用 素材によっては安価にも高価にもなる 高価 比較的安価
治療期間 短い(3回程度) 長い(数か月~1年ほど) 短い(4~10回程度)/数年置きに作り直すために再度通う必要があることも
外科的手術 不要 必要 不要
他の歯への負担 土台となる歯に負担がかかる 負担はない バネをかける歯に負担がかかる
寿命 保険治療のブリッジ3~4年、自費治療のブリッジ10~20年 10年~30年 7~8年
耐久性 土台の歯が虫歯になると作り直す必要があることもある。 歯周病に注意すれば長持ちする ・少しずつすり減ってくる
・合わなくなることがある
咀嚼力 自然の歯に近い 自然の歯に近い 咀嚼しにくい
違和感 自然な歯と変わらない・違和感が少ない 自然な歯と変わらない・違和感がほぼない 違和感があることが多い
審美性 素材によっては自然の歯と同等かそれ以上 自然の歯と同等かそれ以上 ・自費治療の入れ歯は比較的審美性が高くなってきている
・部分入れ歯になると金属のバネが目立つ
適応の範囲 多い 少ない 多い

歯のブリッジの症例写真

笑った時に1本の歯が長いのが気になっていました

幼い頃からガミースマイルや八重歯に悩んでいた

歯並びが自信を持てる場所へと変わりました

仮歯期間でも友人や家族から歯がキレイと褒められた

歯のブリッジの関連ページはこちら

診療内容から探す


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
歯のマニキュアって何? 急な用事でも歯を簡単に白くすることができるホワイトコート
上部に戻るボタン