南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック治療は痛い?その原因と対応方法

「セラミック治療」とは、差し歯や歯列矯正、補綴※、ホワイトニングなどさまざまな目的で行われる歯科治療のうち、セラミック素材を使う治療全般の総称です。

このためセラミック治療の痛みに関する質問には、セラミック治療の種類によって個別にお答えする必要があります。

セラミック治療の詳細はこちら

まずはセラミック治療に関する全般的なお話をして、その後にそれぞれの治療法の痛みの原因や対応方法についてご説明しましょう。

※補綴(ほてつ):歯の欠損部に入れ歯やクラウンで歯の欠損部を補う歯科治療

セラミックを使うことのメリット・デメリット

ご家庭でも食器などに使われることが多い陶磁器。歯科用セラミックもそれとよく似た性質を持っています。まず、セラミックの特徴として、非常に硬いことが挙げられます。

歯の表面を構成しているエナメル質は人体のなかで最も硬いのですが、セラミックはそれよりもさらに硬く、耐摩耗度(すり減りにくさ)もすぐれています。このため、歯科治療にセラミックを使うと、歯の機能と美しさを長期にわたって保ちやすいとされています。また、セラミックは人体に有害な金属イオンなどを発生しません。非常に安全な物質です。

そしてさらに、セラミックの透明感のある白色や質感は美しい自然歯にとてもよく似ています。このため、樹脂などを使った治療よりも、治療後の仕上がりがとても自然で美しいといったメリットがあります。

セラミック治療の種類

一般に「セラミック治療」と呼ばれるものは、およそ次のように分類できます。

セラミッククラウン(クラウン=かぶせ物)

セラミッククラウンとは、セラミックを欠損した自然歯と同じ形に焼成し、元の歯の上に被せる治療のことです。いわゆる「セラミック製の差し歯」とお考えください。

保険診療の差し歯は、金属(銀歯)や樹脂を素材に用いるため審美性や耐久力に乏しいのですが、セラミッククラウンなら元の歯とほぼ同様で、ほかの自然歯と比べても違和感のない仕上がりが期待できます。

セラミッククラウンの詳細はこちら

セラミッククラウンには、クラウン全体をセラミックで作成する「オールセラミッククラウン」のほか、セラミックの一種で一般的なセラミックより耐久性が高く割れにくいジルコニウムを使った「ジルコニア」や「パールクラウン」、内側に金属を使い、表面をセラミックで包んだ「メタルボンド」など、セラミックの種類や構造が異なるさまざまな治療法があります。

オールセラミックの詳細はこちら

ジルコニアの詳細はこちら

メタルボンドの詳細はこちら

パールクラウンの詳細はこちら

セラミック矯正

セラミック矯正は歯列矯正の一種ですが、施術の内容としてはセラミッククラウンとほぼ同様です。

歯並びの悪い歯を必要最小限度削り、それを土台としてセラミッククラウンを被せ、歯並びを美しくします。特に、他者から見えやすく審美性が問われる前歯などに多く用いられます。

ほかの矯正法では矯正不能な歯並びでも、セラミック矯正なら短期間で美しい歯並びを手に入れることができます。

セラミック矯正の詳細はこちら

セラミックインレー(インレー=詰め物)

虫歯治療などに使われる「詰め物」の素材をセラミックに置き換えたものです。保険診療で虫歯を治療すると樹脂製や金属製の詰め物が使われますが、樹脂製は耐久性が低く、金属製は黒く見えるため口を開いたときに非常に目立ったり、金属アレルギーの方は使えなかったりという問題があります。

セラミックインレーなら強度も高く、噛みしめる力の強い奥歯の補綴にも十分耐えられ、治療跡が目立ちにくく自然な美しい仕上がりが期待できます。

セラミックインレーの詳細はこちら

ラミネートベニア

前歯の表面をほんのわずか削り、そこにセラミック製の薄い人工歯を貼り付けることで、白く美しい、そして形も整った歯にするという治療法がラミネートベニアです。「歯につけ爪をつける」ような感覚といえばわかりやすいかもしれません。

ラミネートベニアの詳細は詳細はこちら

セラミック治療の痛みと対処法は?

セラミック治療には「セラミック治療ならではの痛み」というものは特にありませんが、次のような場合の痛みと対処法についてご説明します。

セラミッククラウン・セラミック矯正の痛みの場合

セラミッククラウンやセラミック矯正の治療中に痛みを感じるケースとして考えられるのは、「元の歯を削ったための痛み」でしょう。歯を削りすぎて神経が露出したり、神経のすぐ近くまで歯を削ったために神経が過敏になったりしている可能性があります。

こうした痛みは数日で引く場合が多いのですが、あまり痛みが激しいようなら鎮痛剤などを処方してもらいましょう。熱いもの・冷たいものを飲食しないなど、できるだけ痛む歯に刺激を与えないことが重要です。痛みがいつまでも続く場合はクリニックに連絡しましょう。

また、歯を削ってから、そこに装着するセラミッククラウンが完成するまでに時間がかかる場合は仮歯を装着することがあります。仮歯の噛み合わせが悪いと、歯が変な方向に押されて痛みが生じるケースがあるようです。

これは仮歯の噛み合わせを調整してもらうことで解決するでしょう。

セラミックインレーの痛みの場合

歯に詰め物をする場合、金属や樹脂を使用すると長期間の使用で変形・摩耗などにより元の歯との間にすき間ができ、そこから虫歯が進行する可能性が考えられます。

このため「詰め物をした歯が虫歯になったので、古い詰め物を除去してセラミックインレーに入れ替える」といった治療を行った場合、歯の根元に虫歯菌が残っていたり、治療の際に細菌が侵入したりして、患部が炎症や化膿をおこしている可能性も考えられます。こうした事態が疑われる場合は、歯科用レントゲンやCTスキャンなどによる検査が必要かもしれません。

なお、治療に際して神経を抜いた場合も痛みが続くことがあります。これは神経を完全に取り切れなかった場合に発生する痛みで、ふつうは徐々に収まりますが、あまり長引くようであればクリニックに相談しましょう。

噛み合わせの悪さは痛み・トラブルのもと

セラミッククラウンとインレー両方に共通する痛みの原因として、「噛み合わせが悪い」という可能性が考えられます。

噛み合わせの悪さは、セラミック治療によって歯の高さが微妙に狂うことによって発生します。その結果特定の歯に「噛む力」の圧力が集中し、歯の神経を圧迫して痛みが生じると考えられています。

また、噛み合わせが悪いと歯だけでなく偏頭痛や首・肩・腰の痛みなどの原因となることもあります。

歯の感覚は非常に繊細なもの。患者様によっては、わずか数ミクロンの誤差でこのような痛みの原因になるといいます。

セラミック治療後、このような症状にお悩みの方はクリニックに噛み合わせの調整が必要かどうか相談してみてはいかがでしょうか。

ラミネートベニアの痛みの場合

ラミネートベニアでは、人工歯を前歯に貼り付けるためにごくわずか前歯の表面を削ります。前歯のエナメル層には十分な厚みがありますから歯を削りすぎるおそれはほとんどないのですが、それでもまれに神経の近くまで削りすぎてしまい、知覚過敏になっている可能性が考えられます。

また、人工歯の接着剤(セメント)の刺激が強すぎたり、接着が不安定なために前歯を刺激してしまったりといった原因も考えられるでしょう。

時間の経過によってこうした痛みは緩和していきますが、痛みが長引く場合はクリニックに相談してみてください。

【まとめ】セラミック治療は痛い?その原因と対応方法

セラミック治療に限らず、歯科治療を受けたあとに熱いお風呂に入ったり運動したりすると、歯の血行がよくなりすぎて痛みを感じることがあります。

また、飲酒や喫煙などによる口中の刺激が痛みの原因になる場合もありますので、こうしたことはできるだけ避けてください。

ここまでご説明してきたように、セラミック治療による痛みは一時的なものが多く、時間の経過とともに収まると思われますが、痛みが激しい場合や違和感が大きい場合は施術を受けたクリニックに状況を知らせて相談してみるべきでしょう。

なお、夜間や休診日などすぐに診察してもらえない場合、ロキソニン系の痛み止めを飲むなどの応急処置も有効です(ロキソニン系は薬剤師がいる薬局でしか購入できません)。しかし痛み止めは「痛みを一時的に感じなくする」だけですから痛みの原因は解消されません。いずれにせよ、我慢できないほどの痛みを感じたら一刻も早くクリニックにご相談ください。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン