妊娠中にセラミック治療は受けられる?

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > 妊娠中にセラミック治療は受けられる?

妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響を気にして歯科医院への受診をためらってしまう人もいるかもしれませんが、妊娠中に可能な範囲内で治療を済ませておくことをお勧めします。

妊娠中はつわりなどの影響で口腔内環境が悪化し、歯周病や虫歯のリスクが高まります。歯周病は早産との関連が報告されており、お母さんの口腔内の状態が悪いと生まれてくる赤ちゃんに虫歯菌が母子感染するリスクも高まります。

ここでは歯科治療に適した時期や妊娠中に行えるセラミック治療、治療に際しての注意事項について解説しています。

治療に適した時期

治療に適した時期

妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響を心配される人も多いかもしれませんが、妊娠中でも歯の治療は受けられます。

妊娠中期(5か月〜8か月)

安定期といわれるこの時期は通常の歯の治療が可能とされています。

妊娠初期は胎児のさまざまな器官ができてくる時期なので、応急処置にとどめ、治療は安定期に進めていく方がよいでしょう。

妊娠後期は出産による治療の中断を考慮する必要があります。また、お腹も大きくなってくるため、長時間の治療が難しくなります。治療は応急処置程度に抑え、産後に受診してください。

しかし、虫歯や歯周病の状態やお母さんの体調により判断は変わってきますので、歯科医師や産婦人科医の指示に従って治療を進めてください。

セラミック治療について

セラミック治療について

セラミック治療とは、虫歯などで失った歯質を、天然歯の色調に近いセラミックで補う治療法です。虫歯だけでなく過去に金属で修復した材料の交換や変色歯の治療、歯並びや歯の形態の改善などの治療時にも行います。

セラミックは天然歯の色調に近く、着色・変色しにくいというメリットがあります。また、表面性状が滑沢なので歯垢が付着しにくく、セルフケアも行いやすいため、歯周病や二次カリエスのリスクも低くなります。しかし、自費診療となるため費用が高く、衝撃力に弱いといったデメリットもあります。

セラミック治療の詳細はこちら

セラミックインレー

セラミックを使用した詰め物です。治療の流れとしては、虫歯を取り除き、形を整えます。色調を確認し、型を取ります。その型をもとに作製した修復物を次回来院時に装着します。治療回数が数回で済むため、安定期に治療を行うことが可能でしょう。

セラミックインレーの詳細はこちら

オールセラミッククラウン・メタルボンド

オールセラミッククラウンは、歯全体を覆う被せ物の材料がセラミックによるものです。メタルボンドのような金属の裏打ちがないため、光の透過や反射が自然で、最も審美性に優れた被せ物です。

オールセラミックの詳細はこちら

メタルボンドは、金属のメタルフレームの上にセラミックを焼き付けた被せ物です。フレームに強度および適合性に優れた金属を用いることによって、破折に対する抵抗性を確保するとともに、セラミックのもつ審美性を活かした被せ物です。

メタルボンドの詳細はこちら

オールセラミッククラウンもメタルボンドも治療の流れは同じで、土台となる歯を削り、形を整え、型取りをします。仮歯を入れて日常生活で使っていただき、次回来院時までに歯型をもとに修復物を作製します。出来上がったら仮歯と付け替えします。

妊娠中の治療での心配事

妊娠中の治療での心配事

歯科治療の際には、母子健康手帳を提示して、産婦人科医から注意を受けていることは歯科医師に伝えましょう。できるだけ楽な姿勢で治療を受け、体調や気分が悪くなった時には遠慮なく申し出ましょう。

レントゲン撮影

歯科治療で行われるエックス線の放射線量は、1年間に人体が浴びる自然放射線量と比べて微量です。また、歯科用のエックス線撮影は腹部からも離れており、お腹の赤ちゃんへの放射線の影響は無視できるレベルです。さらに防護用エプロンの着用で被ばく量を軽減できます。

歯科レントゲンとCTの種類と安全性

麻酔

歯科治療で用いられる麻酔は局所麻酔で、局所で分解されるため、お腹の赤ちゃんに影響はありません。痛みを我慢して治療を受けることでストレスとなるよりは、安定期であれば必要に応じて適切に使用したほうが良いでしょう。

しかし、過去に歯科麻酔でトラブルになった経験があるといった場合は、歯科医師と相談する必要があります。

お薬

妊娠中はできれば薬の服用は避けたほうがよいでしょう。

しかし、薬を飲まないことでお母さんの体に悪い影響があると考えられる場合には、お腹の赤ちゃんへの影響が少ない薬を必要最小限処方することがあります。

服薬に関して不安や心配がある場合は、歯科医師や薬剤師、産婦人科医に相談してください。

神経治療

被せ物のみの治療であれば治療回数も少なく、妊娠中でも問題なく治療が行えますが、神経治療が必要になる場合は注意が必要です。

神経治療が必要な場合は、治療に数か月かかることもあります。治療を開始するタイミングによっては治療が中断する可能性もあるので、歯科医師と相談して治療計画を立てる必要があります。

【まとめ】妊娠中にセラミック治療は受けられる?

妊娠中は口腔内環境が悪化し、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。また、産後は子育てが忙しく、歯科治療に通院することが難しくなるかもしれません。

安定期に入ったら一度歯科医院でお口の状態をチェックし、治療可能な歯は治療しておきましょう。

抜歯などの外科処置や治療内容が複雑な処置は、場合によっては妊娠中に行えない可能性があります。妊娠中に大がかりな治療をしなくてもよいように、定期的に歯科健診を受けておくことも重要です。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室