南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック治療で抜歯することはあるの?

自然の歯に限りなく近い白さや質感が再現できるセラミック。特に前歯など、目立つ部分にセラミック治療を選ぶ患者様が多いようです。

しかし、クリニックで施術をする際、ひょっとしてセラミック治療って歯を抜かなくてはならないのですか?」などと心配なさる方もいらっしゃいます。

そこでセラミック治療に関する疑問や誤解を解消し、不安なく治療を受けていただけるよう、いろいろな角度からご説明をさせていただきたいと思います。

セラミック治療とはどんな治療?

「セラミック治療」という名前がついていることから「何か特別な治療法なのか」と身構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、セラミック治療はクラウン(被せ物)とインレー(詰め物)による一般的な歯科医療と施術的にはほとんど違いはありません。ただし、使用する被せ物や詰め物の素材(補綴材料といいます)としてセラミックを採用している点が一般的な保険診療と異なります。

保険診療ではクラウンに金属(パラジウム合金など)や樹脂(硬質レジンなど)を使用しますが、これらの素材は審美的にも健康面からみても、あまりすぐれた補綴材料とはいえません。

たとえば、銀歯は非常に目立ちます。「銀歯は審美的に問題ないか?」といわれると、ちょっと首をかしげてしまいますね。

また、近年は銀歯による金属アレルギーが問題視されるようになってきました。さらに古い時代に使用された銀歯ではアマルガムという水銀が含まれた合金であったことも大きな問題となりました。

一方、樹脂性のクラウンやインレーは、治療後に時間の経過とともに黄ばみが目立つようになり、ほかの歯との違和感が生じます。また樹脂は強度が弱く、長年使用していると割れや摩耗で歯としての機能面でも劣化しやすいとされています。

その点、セラミック治療は金属や樹脂よりも、審美性・安全性・寿命などすべての面ではるかにすぐれた特性を持っています。

このため、保険の効かない自由診療になっても多くの患者様がセラミック治療を選択しておられます。

セラミック治療のメリット

セラミック治療の最大のメリットは、冒頭でも触れたように「限りなく自然の歯に近いナチュラルな白さと質感が得られるという点です。

歯は「白ければいい」というものではありません。ペンキを塗ったようなのっぺりとした白さでは、ほかの歯との違和感がありすぎるでしょう。

その点、セラミックは隣の歯と見比べても気づかれないほど完璧な仕上がりが期待できます。

人の歯の色には微妙な個人差がありますが、セラミックは乳白色から限りなく白に近い色まで数多くのバリエーションを揃えています。さらに、患者様ひとりひとりに合わせてデリケートな彩色を施すことができるのです。

わずかに象牙色を帯びた透明感のある白さ、質感、光の反射なども含め、あらゆる角度から見比べても自然の歯そのものの再現性を誇るのはセラミック治療ならではのものでしょう。

セラミック治療のデメリット

このように非常にすぐれたメリットの多いセラミック治療ですが、デメリットもいくつかあります。

そのひとつめは「割れやすさ」です。セラミックとはもともと「陶磁器」という意味。歯科治療で使用されるセラミックは一般的な陶磁器とはかなり性質が異なりますが、金属のような粘り強さ(靱性)や、宝石に匹敵するジルコニアほどの強度はありません。奥歯など強い力がかかる部分にセラミッククラウンやインレーは適切ではないのです。

ただし、そういう場合のためにメタルボンド(内側が金属、外側がセラミック)など、いくつかの素材を組み合わせることでセラミックの良さを生かしながら強度も両立させる治療法があります。

「セラミック治療だから抜歯する」ではない!

いよいよここからが本題です。

ここまでご説明してきたように、セラミック治療とは一般的な歯科治療とは補綴材料が異なる治療法であって、施術自体に大きな違いがあるわけではありません。

このため「セラミック治療を受けるために抜歯をしなくてはならない」というケースはちょっと考えにくいのです。

とはいえ「治療のためには、いずれにせよ抜歯が必要」というケースは十分あり得ます。

たとえば「銀歯が目立って気になるから、セラミッククラウンに差し替えたい」という患者様の場合、銀歯をはずしてみたら歯の内側で深刻な虫歯が進行していたというようなケースです。

セラミッククラウンの詳細はこちら

大人の虫歯の場合、痛みがないまま深刻なレベルに進行してしまうことも珍しくありません。このため、セラミック治療のためにレントゲンを撮ったり、従来のクラウンを外してみたりしたときに初めて虫歯が発見されることが多いのです。こういう場合、抜歯せざるを得ないということになってしまいます。

また、診断のときに重度の歯周病が発見された場合も、同じような理由で抜歯せざるを得ないことがあります。

なお、歯列矯正治療のひとつである「セラミック矯正」はほかの矯正治療法と比べて抜歯の必要性が少ないのですが、「顎が小さすぎて、歯をきちんと並べるスペースがない」というような場合はやむを得ず抜歯を行うことがあります。

セラミック矯正の詳細はこちら

「低侵襲医療」が歯科医療の原則

近年の歯科医学では「歯はできるだけ抜かない・削らないことが重要」という認識が広まっています。治療や手術などによって患者様の体を傷つける(注射針をさす・メスを入れるなど)ことを「侵襲(しんしゅう)」といいますが、医療技術の進歩によりこうした侵襲を最小限度にとどめられるようになってきました。これを「低侵襲」といいます。

「たとえ治療のためであっても、残せる歯は抜歯以外の治療法でなんとか残すべき」と考える歯科医師が増えているのです。抜歯はほかに選択肢がない場合の最後の手段。患者様以上に患者様の歯や健康のことを考えるのが歯科医師の仕事です。

【まとめ】セラミック治療で抜歯することはあるの?

ここまでをまとめると、

「セラミック治療とは、補綴材料としてセラミック素材を使用した治療の総称」

「セラミック治療であるがゆえに抜歯をしなくてはならないケースはない」

「ただし、治療のために抜歯が避けられない場合もある」

「近年は『できるだけ抜かない・削らない』が歯科医療のトレンド。安心してお任せを」

というご説明をしてきました。

「セラミック治療を受けたいけれど、抜歯を勧められたらどうしよう?」などと不安がる必要はありません。ご安心ください。

セラミック治療の詳細はこちら

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン