南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > オールセラミック > オールセラミックとインプラントの違い

歯が欠損したり、歯の色や形が気になっていたりして治療を受けたい場合、どの治療方法がいいのか迷っているかもしれません。例えば、歯を美しくしたり、歯並びをきれいにしたり、歯を白くしたりする方法はいくつかありますが、あなたはどの治療方法を選択しますか?

そこで今回は、どのような症状の時に、オールセラミックとインプラントのどちらの治療方法が選択されるのか、歯の状態や目的別にご紹介します。

オールセラミックの治療内容

オールセラミックの治療内容

まずはオールセラミックの治療内容について見てみてみましょう。

オールセラミックとは、白く透明感のあるセラミック製の歯を使った補綴物の一つです。補綴治療とは、補綴物(ほてつぶつ)と呼ばれる被せ物や詰め物を用いて、欠けた歯を補う治療法のことをいいます。

この被せ物や詰め物に、セラミックの素材100%で作られたオールセラミックを使用するのがオールセラミック治療です

セラミック100%のこのオールセラミックの素材の特徴は、まず白く透明感があり審美性がとても高く天然歯に近いことと、金属を一切使用しないため金属アレルギーの心配がないこと、汚れやプラークが付きにくくさらに変色もしない、劣化しにくいというところがあります。

オールセラミックは基本的にとても審美性が高いので、歯を白くしたい、歯の形をきれいにしたい、虫歯になりにくい歯にしたいといったニーズに応えることができる素材です。

被せ物の場合はオールセラミッククラウン、詰め物の場合はオールセラミックインレーと呼びます。

オールセラミックの詳細はこちら

インプラントの治療内容

インプラントの治療内容

インプラントとは、歯を失ったときに使われる治療法の一つです。他には入れ歯やブリッジなどが治療の選択肢として挙がります。

インプラントは、入れ歯のように取り外して歯をはめ込むことはしません。失った歯が生えていた顎の骨にインプラントという人工歯根を埋め込んで、そこに人工の歯を取り付ける治療方法のことです。

一度、手術で埋め込んでしまえば、一生取り外すことはなく固定されるので安定感があり、まるで本当に自分の歯のように使い続けることができます。また、セラミッククラウンを被せることもできるので、見た目も自然でかつ美しく整えることもできます。

しかし、大がかりな手術が必要になることから、ハードルが高い印象があり、さらに費用も高額になるため、他の方法が選ばれることもあります。

オールセラミック治療かインプラント治療かの選択肢は歯の状態によって変わる

オールセラミックかインプラント治療かどうかは、歯科医師が診察し、どちらが適用できるか、もしくは他の治療方法が適用できるか、診断して決めることになります。

自分の歯の状態や目的によってどちらが適用できるのか、選択肢が変わってくるのです。そこで主な歯の状態や目的ごとにオールセラミックとインプラントどちらが選択肢になるのかをご紹介していきます。

歯並びが悪い

歯並びが悪い

歯並びを綺麗にしたいなら、審美性が高いオールセラミック治療が選択肢となるでしょう。

歯並びを綺麗にする矯正治療には、他に歯列矯正のワイヤー矯正やマウスピース矯正、補綴矯正のセラミック矯正などがあります。オールセラミックを使用した矯正方法は、セラミック矯正になります。

セラミック矯正とは、歯を削ってそこに人工のセラミック製の歯を被せることで歯並びをきれいにする方法です。このセラミック歯にオールセラミックの被せ物、つまりオールセラミッククラウンを使用すると、より美しく審美性が高い歯を、綺麗な歯並びとともに手に入れられます。

セラミック矯正の詳細はこちら

歯が黄ばんでいる

歯が黄ばんでいる

歯を白くしたいなら、オールセラミッククラウンが選択肢になるでしょう。一般的には歯を白くする治療には、ホワイトニングが一番に挙がってくることが多いです。ホワイトニングとは、歯の表面に薬剤を塗って特殊な光を当てて、歯を白くする方法ですが、このホワイトニングでも白くできない歯もあります。このようなときにオールセラミック治療であれば、自分の歯の色に関係なく白くすることができます。

ホワイトニングの詳細はこちら

歯が欠けてしまった

歯が欠けてしまった

歯が欠けてしまった場合、例えばスポーツや事故などで歯の一部が欠けてしまった場合には、オールセラミック治療が選択肢となるでしょう。

インプラントはなぜ適用にならないのかというと、インプラントは歯を完全に失ったときに適用されるものだからです。ですから歯が大きく残っている場合、インプラントは適用できないのです。

もし歯が大きく残っているのであれば、歯を削ってその上からクラウンを被せる治療が考えられます。また、歯が一部欠けたときは詰め物する治療が行われますから、この場合オールセラミックインレーというオールセラミックの詰め物が適しているでしょう。もし、大きく欠けた場合は、オールセラミッククラウンになることがあります。

セラミックインレーの詳細はこちら

歯がない状態

歯がない状態

虫歯や何らかの原因で歯がない状態になったら、インプラントが選択肢になるでしょう、歯が少しでも残っていないとオールセラミックは適用できません。

先ほどもお伝えした通り、インプラントが適用できる状態のときは、入れ歯やブリッジという治療も選択肢として挙がってくることが多いです。これらの治療のうち、どれが適しているのか、どれを希望するのか選択することになるでしょう。

歯のブリッジの詳細はこちら

入れ歯の詳細はこちら

オールセラミックがいいという場合には、ブリッジかインプラントで人工の歯をオールセラミック製にするという方法もあります。

【まとめ】オールセラミックとインプラントの違い

オールセラミックとインプラントは、歯の状態によって選択肢が変わってきます。もしオールセラミックを希望していたとしても、インプラントのほうが適しているということもありますし、またその逆もあり得ます。

大事なのは歯科医師による診断を理解して、同時に自分の希望を歯科医師にしっかりと伝えることです。また、オールセラミックとインプラントの他にも治療方法が複数ありますので、複数比較した上で選ぶようにしましょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン