南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > オールセラミック > オールセラミックの寿命と知っておくべきメンテナンス方法

オールセラミッククラウンやオールセラミックインレーなどのオールセラミックの素材を用いた差し歯や詰め物の寿命はどのくらいなのでしょうか。

オールセラミックの治療を受けた後、オールセラミックは汚れが付きにくいと聞いて、歯磨きやメンテナンスも特に必要ないのではないかと思っている人はいませんか?

しかし、オールセラミックでも歯磨きやメンテナンスは重要になります。そして、オールセラミックにも寿命があるのです。

そこで今回はオールセラミックの寿命と、長持ちさせるためのメンテナンス方法についてご紹介します。

オールセラミックは劣化しないって本当?

オールセラミックは劣化しないって本当?

よく銀歯やレジンなどの保険診療で受けられる差し歯や詰め物は、劣化しやすいと聞いたことはありませんか。

それに比べるとオールセラミックは劣化しないということを耳にして、期待をしている人も多いのではないでしょうか。確かにセラミックは、ほとんど劣化の心配はありません。

しかし、オールセラミックの耐久年数つまり、持ちは何年なのかというと8年から10年ほどだといわれており、きちんとメンテナンスをしていれば、20年は持つといわれています。

オールセラミックの寿命を縮める原因とは

オールセラミックの寿命を縮める原因とは

長くて20年持つとはいえ、寿命は必ず来るものです。ではこの寿命をできるだけ伸ばすためには、その寿命を減らす原因となることを知っておく必要があるでしょう。そこでオールセラミックの装着後に、寿命を減らす原因についてご紹介します。

神経治療の影響

オールセラミックの治療のとき、土台となる歯を削る必要があります。しかし、その土台となる歯を削る量によっては神経に近いところまでいってしまうと、痛みが生じるので、神経を抜く必要がある場合があります。

神経を抜いてしまうと、歯の寿命が縮んでしまいます。そして、歯自体がもろくなるため、たとえば強い力で食いしばった時に土台の歯の根っこが折れてしまう可能性もあるのです。

加齢による歯茎やせ

年齢を重ねるごとに歯茎がやせてくるのが一般的です。しかし、これにより歯茎が下がってしまい、差し歯を差していると歯茎と差し歯の間に隙間ができてしまうことがあります。その隙間は見た目も良くありませんが、虫歯菌などが侵入してしまい、下の歯が二次虫歯を起こしてしまうこともあります。

天然歯が変化することで噛み合わせへの影響の可能性もある

オールセラミックは、非常に噛み合わせが重要です。噛み合わせがちょっとでも悪いまま使い続けてしまうと、オールセラミックの歯はもちろん、自分の生まれ持った歯の寿命も縮めてしまいかねません。なぜなら噛み合わせが悪いまま放っておくと、自然の歯に対して悪影響を及ぼすためです。

また、もともとオールセラミックは適度な硬さを持っているため、噛み合う自然の歯を傷つけてしまうこともあります。

強すぎる歯ぎしり・食いしばり

強い力でかみ合わせること、つまり歯ぎしりや食いしばりがある方は、もともと歯が摩耗しやすいことから、歯の寿命を縮めるといわれています。しかしそれはオールセラミックでも変わりません。むしろオールセラミックは割れやすく欠けやすい性質があり、割れや欠けが起きてしまうことで、寿命は一気に縮んでしまいます。

ブラキシズム治療(歯ぎしり治療)の詳細はこちら

二次虫歯

オールセラミックの詰め物や被せ物を装着した後に、下の歯が虫歯になることがあります。つまり二次虫歯です。オールセラミック自体の寿命が来たというわけではありませんが、二次虫歯の治療のために、一度オールセラミックを外さないといけなくなるため、その場合ある意味、寿命が来たといってもいいかもしれません。

オールセラミックの効果的なメンテナンス方法

オールセラミックの効果的なメンテナンス方法

オールセラミックはできれば一生この先、永久に老後まで使いたいものですよね。そこでオールセラミックの自分で行うお手入れ方法や、歯医者で受けるメンテナンスについてご紹介します。

正しい歯磨きがおすすめ

一番は、歯磨きをしっかりと行うことです。その際、正しい歯磨きをするのをおすすめします。

理想的な歯磨きの回数にはさまざまな説がありますが、大切なのはしっかりと細菌の塊であるプラーク(歯垢)を毎回の歯磨きで除去することです。

歯ブラシは、歯と歯茎の隙間や歯と歯の隙間にしっかりと汚れをかき出すようにブラッシングすること、そして歯ブラシでは取りにくい歯と歯の間などは、デンタルフロスなどを使用してしっかりと歯垢を取り除くことが大切です。

しかし、プラークは自分ではしっかり除去できたと思っていても、意外とできていないものです。プラークが除去できていないと、どんどん硬くなり、歯石に変わってしまいます。そうなると、歯医者に行ってスケーリングという歯石取りを受けるしか除去する術がありません。

オールセラミックは汚れが付きにくい特徴があるとはいえ、二次虫歯などを予防するためにも、しっかりとお手入れをするのをおすすめします。

硬い食べ物を極力控える

基本的にオールセラミックは割れる・欠けることが弱点だということを覚えておきましょう。割れたり欠けたりすれば、寿命が来たと同じことです。例えばせんべいなどの硬い食べ物を噛むのを控えることが対策になります。

定期検診でプロのケアを受ける

オールセラミックの治療を受けた後は、必ず受けた歯医者に定期検診を受けましょう。そこでクリーニングを受けるのもいいですし、適合が悪いなど不具合を早期に発見してもらえる可能性も高くなります。そうすれば早期治療ができ、寿命は伸びるでしょう。

ちなみにクリーニングでは、タバコやコーヒーなどの着色汚れがきれいになります。歯の美しさを追求している方は受ける価値があります。

オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

【まとめ】オールセラミックの寿命と知っておくべきメンテナンス方法

オールセラミックの寿命とメンテナンス方法をお伝えしてきました。

オールセラミックは、お手入れやメンテナンスの質や回数によって寿命は伸びていきます。まずは歯磨きをしっかりすることを心がけましょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン