セラミック歯の寿命とメンテナンス

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック歯の寿命とメンテナンス

セラミック歯を入れようかと考えておられる方にとって、セラミック歯は一体どれくらい長持ちする歯なのか、セラミック歯の寿命についてはとても関心のあるポイントだと思います。正確な寿命はケースバイケースですが、セラミック歯の寿命をできるだけ長くする方法はいくつかあります。

セラミックの歯は4種類

セラミックの歯は4種類

セラミック歯には、下記の4種類があります。どのセラミック歯を選ぶかでも寿命などは変わってきます。

オールセラミック

歯全体がセラミックで覆われる形になるセラミック歯です。見た目は最も美しく、金属アレルギーの方でも使えますが、費用は高くなります。

オールセラミックの詳細はこちら

ハイブリッドセラミック

歯科でよく使われるレジンというプラスチックとセラミックを合わせたセラミック歯です。レジンだけよりは強度が出ますが、見た目はオールセラミックに劣ります。

メタルボンド

被せる土台に金属を使用しているセラミック歯です。金属のため強度がありますが、金属アレルギーの方には使えません。また金属の土台がある部分は、歯の透明感が出しにくくなります。

メタルボンドの詳細はこちら

ジルコニアセラミック

ジルコニアは人工ダイヤモンドにも使われる素材で、軽さと硬さに優れた新しいタイプのセラミック歯です。

ジルコニアの詳細はこちら

セラミック歯の寿命を縮める原因と対策

セラミックの歯の寿命を縮める原因にはいくつかあります。

装着時のセラミック歯の適合状態

まず、先ほど述べた4種類のセラミック歯の素材の違いにより、その歯の寿命に違いが出てきます。そして、セラミック歯と土台となる歯(支台歯)との適合状態も、その歯の寿命に違いが出ます。

セラミックと支台歯との間に微妙な隙き間があると、隙間から虫歯が起きたり、がたつきが発生して脱離する可能性があります。

この原因にはいくつかあります。担当する歯科医師や歯科衛生士の経験値・注意力・技量は大きな要素になります。また歯型(印象)を元に作成する技工士の腕・技量もありますし、歯型を取った時のわずかな変形や実際に使用する素材もセラミック歯の形態に影響します。

保険診療で使える素材は制限がありますが、セラミック歯は自由診療ですので、そこで使用する素材に制限はありません。よりいい素材を使うようにしましょう。

これらのリスクを減らすには、治療前にはいくつか確認が必要です。まずあまりにも安い価格設定であれば、セラミック歯の経験値を積みたい(=症例が欲しい)とも考えられますので、安さにつられないようにすべきだと思います。日頃から症例数が多いかどうか、事前に確認しておきたいものです。

歯ブラシの選択、ブラッシングの仕方が悪い

日々のブラッシングの回数とその仕方でセラミック歯の寿命は異なってきます。硬い毛質で大きなヘッドのブラシを使い、力を入れてゴシゴシと歯肉を傷つけるようなブラッシングを続けると、歯肉が下がります(歯肉退縮といいます)。

柔らかい毛質で、コンパクトヘッドのブラシをまず選ぶようにしましょう。持ち方はペングリップ、つまり鉛筆や筆を持つ時の持ち方にすると、歯肉にかかる力が軽くかつコントロールしやすくなります。

ブラシを動かす幅(ストローク)が大きいと、歯と歯の間や歯と歯肉の境目など細かく磨くことができません。ストロークはできるだけ小さく、小刻みにしましょう。

2次カリエス

かぶせ物や詰め物の下に虫歯ができることを「2次カリエス」と言います。セラミック歯に限らず、金属やレジンなどの詰め物やかぶせ物を入れる前には、土台となる歯の虫歯をしっかりと除去することが必要です。

しかし、かぶせものと土台となる歯との隙き間や段差があると、そこをきっかけに、食渣(しょくさ)が留まり、虫歯ができます。この段差を削って調整したり、食渣が溜まらないよう、歯科医院での定期的なメンテナンスが重要です。

歯の神経を取っている場合

虫歯が深くまで進行し、歯の神経に到達した場合や、セラミック矯正と言ってセラミック歯の形態と方向を本来の方向から変えて、理想とする歯並びに変化させることがあります。

これらの場合は神経を取る(抜髄)処置を行います。神経を除去し、殺菌後に最終的に薬で埋めてしまいます。しかし、この抜髄処置をすると歯は徐々にもろくなり、歯の土台としての強度が落ちます。その分、セラミック歯としての寿命は短くなります。定期的なメンテナンス時に咬合調整をしてもらいましょう。

セラミック矯正の詳細はこちら

歯ぎしり、食いしばり、TCH、硬いものを食べること

セラミック歯の大敵は強大な咬合力です。硬いものを好んで食べたり、習慣化した歯ぎしり、食いしばり(TCH)などでは天然の歯でも削れたり、折れたりすることがあります。

歯ぎしりは就寝中に下顎を左右にガリガリと擦り合わせたり、普段とは違うとても強い力で咬み合うことです。最近ではTooth Clenching habit (TCH)という日中でも無意識に歯が接触する・噛み込むことがわかってきました。これらの強力な咬合力はセラミック歯が欠けたり、割れたりすることに繋がります。

ブラキシズム治療(歯ぎしり治療)の詳細はこちら

【まとめ】セラミック歯の寿命とメンテナンス

セラミック歯の寿命を伸ばすための方法、確認すべきことがいくつかあります。

まずセラミック歯の治療について経験豊富な歯科医師で治療をお願いするべきです。

自分の習慣については、硬い食べ物の歯ぎしりなどの習慣、歯ブラシとブラッシングの方法など着目して改善すること、そして定期的なメンテナンスを受けることで、セラミック歯の寿命を伸ばすことができます。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室