南青山矯正歯科 > 審美歯科 > 歯のブリッジ > 歯を削らない接着性ブリッジとは

歯を虫歯などで抜歯したという方は、その失った歯の部分に何を入れようか悩んでいるかもしれません。今は治療法が豊富にあり、それぞれの治療においても素材を選ばなければならないこともありますよね。そんなとき、一つの対処法の一つになるのが、ブリッジ治療です。でもブリッジは両隣の歯を大幅に削る必要があるため、あまり惹かれないという人も多いのでは?

そこで今回は、歯を削らないで済む「接着性ブリッジ」についてご紹介します。

ブリッジ治療とは

ブリッジ治療とは

まずはブリッジ治療とは何か、ということから確認しておきましょう。

ブリッジ治療とは、失った歯の部分に人工の歯を補う方法ですが、その固定方法が入れ歯とは異なります。

歯のブリッジの詳細はこちら

入れ歯は、クラスプという金属のバネをひっかける方法ですが、ブリッジ治療は歯が欠損している両隣の歯を削って土台とし、そこに橋をかけるように真中に人工の歯を補う治療法です。一度装着すれば、入れ歯のように自分で取り外すことはできません。その分、しっかりと固定されるため、違和感やものの噛みにくさというデメリットがありません。

入れ歯の詳細はこちら

接着性ブリッジとは

接着性ブリッジとは

このブリッジ治療は、入れ歯よりも噛み心地の点では優れているものの、両隣の歯を大幅に削る必要があるのは大きなデメリットでした。そのデメリットをカバーするのが、「接着性ブリッジ」という治療法です。

接着性ブリッジは、従来のブリッジよりも歯を削る量が少なくて済みます。なぜなら、その人工歯のブリッジを取り付ける際に、被せるのではなく、口蓋側や舌側に貼り付ける形になるためです。

しっかり貼り付けるためには、歯のエナメル質という表面の硬い層が必要になります。エナメル質の内部にあるやわらかい象牙質が露呈してしまうと、うまく貼り付けることができません。よって、象牙質まで削らず、エナメル質までにとどめる必要があるのです。

人工の歯を貼り付ける際には、「接着セメント」と呼ばれるものを使用してしっかりと貼り付けます。

接着性ブリッジのメリット

接着性ブリッジのメリット

接着性ブリッジは、これまでブリッジで歯を大幅に削ると聞いて不安になっていた人にとって、一つの解決策となります。

歯を削る量が少なくて済む

やはり一番のメリットは歯を削る量といえます。自分の歯をできるだけ残し、負担をかけないことは、今、歯科業界では浸透している考え方です。歯を削る量が少なくて済むということは、それだけ長く自分の歯を使用し続けられるというメリットがあります。

歯を削らずに従来のブリッジのメリットが得られる

ブリッジは歯の違和感が少なく、入れ歯よりも噛みやすいといわれています。そうしたブリッジの従来のメリットは、接着性ブリッジのメリットでもあります。

接着性ブリッジのデメリット

接着性ブリッジのデメリット

接着性ブリッジには、メリットだけでなくデメリットもあるため、しっかり確認しておきましょう。

外れる・破損する恐れがある

歯をあまり削らないことの懸念点として、従来のブリッジと比べると外れやすいという点があります。また、外れるだけでなく破損の可能性もブリッジよりも高くなります。

もちろん強力な接着剤で接着するため、そう簡単には外れたり壊れたりするものではありません。あくまで通常のブリッジと比べてということです。

適応できる症例が限られる

接着性ブリッジは、適応できる症例が限られます。欠損している歯に対しても、咬み合わせ、残りの歯、ものを噛む力、歯槽骨の状態などによって適応できるかどうかが決まります。自分が望んでも、治療を受けられないこともあります。

接着性ブリッジはどんな場合に適応できる?

接着性ブリッジはどんな場合に適応できる?

メリットとデメリットの両方ある接着性ブリッジは、どのような場合に適用できるのでしょうか。主な適用できる条件には、次のようなことがあります。

  • 1~2歯を補う場合
  • 神経が生きている歯が両隣にある
  • 象牙質が露出していない
  • 歯並びや咬み合わせに支障がない
  • 土台となる歯のぐらつきが少ない
  • 歯ぎしりや食いしばりの習慣がない
  • 土台となる歯の歯槽骨がしっかりしている

【まとめ】歯を削らない接着性ブリッジとは

接着性ブリッジの治療は、これまでのブリッジ治療と比べて歯を削る量がとても少ないため、歯への負担が少なく、安心して治療を受けることができます。しかし、今回ご紹介したように、適応できる条件は限られています。

ブリッジ治療にはためらいがあるものの、接着性ブリッジには興味があるという場合には、接着性ブリッジを行っている歯科医院へ問い合わせ、歯科医師に相談してみるといいでしょう。まずは条件が合っているかどうかを歯科医師に判断してもらい、確かめることが肝心です。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン