南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミッククラウン > 保険と保険外の差し歯の種類と寿命を比較

差し歯はつけたときの見た目や使用感も大事ですが、寿命のことも合わせて考えるのをおすすめします。せっかく歯医者さんに通って差し歯を入れたのに、しばらくして歯の表面が黄ばんだり、歯茎に金属が染み出て黒ずんだりするのは避けたいですよね。

差し歯の寿命は果たしてどれくらいなのでしょうか。差し歯の種類別に見ていきましょう。

差し歯とは

差し歯とは

差し歯とは、歯の上部を失ったときに、人工物の差し歯の歯を被せて補う方法のことをいいます。歯の根が残っている場合にのみ適用できます。歯が欠けてしまったなどの場合、まだ歯そのものや根が残っている場合があります。このようなときにその歯や根の一部に人工の歯を差し込んで補います。

差し歯は歯の形をしていますが、さまざまな材質が使われています。見た目も金属の銀歯のようなものから、セラミッククラウンという、セラミックという陶器と同じ材質を用いたもの、複数の材質を組み合わせたものなどがあります。

それぞれメリット・デメリットがあり、健康保険が適応するかどうかも異なるため、値段も異なります。

セラミッククラウンの詳細はこちら

差し歯には寿命がある

差し歯には寿命がある

差し歯は、やはりどの素材も一生涯使うということはむずかしいものです。しかし、それぞれの材質の特性によって、使える期間が大きく変わってきます。

差し歯は長年使っているうちに差し歯の部分が削られたり、割れたりすることや、色が変化することなどがあります。こうした物理的なダメージと経年劣化などを総合して寿命が決まります。

差し歯の種類と寿命

差し歯の種類と寿命

差し歯でよく使われる材質の種類の特徴を具体的に確認し、その上で寿命をみていきましょう。

硬質レジン前装冠の寿命とメリット・デメリット

中が金属ですが、外側はコンポジットレジンと呼ばれるプラスチックで覆われている差し歯の素材です。前側は白いレジンしか見えませんが、裏側からは銀色の金属が見えます。

前歯と犬歯の場合、保険適応になります。金属だと見た目が差し支えるため、外側に白いレジンのプラスチックを使用することで白く見せています。

メリットは保険適応できれば費用が抑えられる点、強度が高く割れにくいという点があります。

一方、デメリットはレジンという材質の特性上、使っているうちに黄ばんでくることや、中の金属が染み出て歯と歯茎の境目部分が黒く変色することがあることです。また、中は金属であるため、金属アレルギーの場合には不向きです。

【寿命】

7年程度といわれています。金属と比べて耐久性には劣り、差し歯そのものや歯茎が変色しやすいため比較的寿命は短いほうになります。

オールセラミックの差し歯の寿命とメリット・デメリット

オールセラミックは、すべてセラミックの素材で作られている差し歯です。陶器と同じ素材であるため、自然の歯に近い白く透明感のある美しい見た目の歯を手に入れることができます。また長年使っていてもレジンのように色が変化しないというのもメリットです。当然金属アレルギーの不安もありません。

デメリットは、陶器なので硬いものの、割れることがあることです。また、保険が適用されないため、保険の差し歯と比べると値段が高くなります。

【寿命】

10~20年程度といわれています。耐久性が高く丈夫で、変色もしないため非常に長く持ちます。

オールセラミックの詳細はこちら

ハイブリッドセラミックの差し歯の寿命とメリット・デメリット

ハイブリッドとは、セラミックとレジンが混ざった材質の差し歯です。メリットは、見た目が自然の歯に近い点と、セラミックよりも柔らかいため、周囲の歯にダメージが及びにくい点です。

デメリットはレジンを使用しているため、使っていくうちに色が変化する点、保険適用がされない点などがあります。

【寿命】

年数は定かではありませんが、レジンが混ざっており変色するため、オールセラミックの差し歯よりも寿命は短くなります。

メタルボンドの差し歯の寿命とメリット・デメリット

メタルボンドは内側が金属ですが、外側はセラミック素材で覆われている差し歯です。外からは見える部分はセラミックなので、見た目は美しさを保てます。また、中が金属なので強度が高いのがメリットです。

デメリットとしては、金属が溶け出す恐れがあります。金属アレルギーの恐れもあるでしょう。また、色の美しさの点ではオールセラミックに劣ります。

【寿命】

年数は定かではありませんが、セラミックの割れるデメリットを金属でカバーするめ耐久性は高いといえます。ただし、金属なので歯茎の変色の恐れはあります。

メタルボンドの詳細はこちら

差し歯の寿命を延ばすには?

差し歯の寿命を延ばすには?

差し歯の寿命はそれぞれの種類ごとに大きく異なってきます。寿命を考える場合には、まずはセラミック素材を中心に選ぶといいでしょう。

また、定期的にメンテナンスを行うことで、寿命は延びるといわれています。できるだけ寿命を延ばしたい旨を歯科医院に告げて、メンテナンスについて尋ねてみましょう。最小限の通院で、差し歯の寿命が延びるのであればメリットにつながります。

【まとめ】保険と保険外の差し歯の種類と寿命を比較

差し歯にはさまざまな種類があり、それぞれに寿命が異なります。ぜひ長い寿命の種類を選び、定期的なメンテナンスで寿命を延ばしましょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文