電話でのご予約・ご相談は
診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

お電話が繋がりづらい場合は各種フォームをご利用ください。

MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は 診療・電話受付時間
平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

お電話が繋がりづらい場合は各種フォームをご利用ください。

  • 無料カウンセリング予約
  • 再診予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック治療ができないケースと代替の治療法

自然の歯の色や質感に近く、前歯の差し歯や奥歯の詰め物などに使っても目立ちにくいセラミック。

黒ずみや金属イオンによる金属アレルギーなどが心配される銀歯や変色に弱い樹脂などに比べ、歯科補綴材料として長所の多いセラミックを使ったセラミック治療は現在高い人気を誇っています。しかし、セラミック治療も万能ではありません。

患者様の症状によっては、セラミック治療ができない(適切でない)ケースも想定されるのです。では、セラミック治療ができないケースとはどのようなものでしょうか?

割れるリスクがある

セラミックは非常に硬い素材ですが、衝撃に弱いという弱点があります。歯科用のセラミックは一般的な陶器とは異なって衝撃に対してもある程度の耐性はあるのですが、金属のように曲がったり歪んだりして衝撃を吸収することができません。このため、治療の必要上、極端に薄く成形したような場合には割れてしまうことがあります。

このようなセラミックの性質上、セラミックでクラウン(被せ物)インレー(詰め物)をつくる場合はあまり薄く加工できません。患部の形状に合わせて薄いクラウン/インレーを作成する必要がある場合は、柔軟性に富み、薄く加工しても壊れにくい金属材料などを使った治療を勧められるでしょう。特に奥歯など、噛みしめる強い力がかかる歯は要注意です。

なお、金属とセラミック両方の長所が生かせる治療法として「メタルボンドクラウン」という方法があります。これは、元の歯に被せる部分を金属で作成し、その外側にセラミックを焼成したクラウンです。

金属の粘り強さ・丈夫さとセラミックの硬さ・審美的な美しさを両立できる治療法ですが、歯に接する面が金属であるため、金属アレルギーの患者様には適応できないという問題があります。

歯ぎしり・食いしばりに弱い

もうひとつ、これもセラミックの「硬くてもろい」性質に起因する問題があります。

睡眠中に歯ぎしりをする癖のある方や、無意識のうちに歯を強く食いしばる癖がある方(または歯を食いしばって強い筋力を発揮しなくてはならないアスリートの方など)は、セラミックにかかる噛む力が大変強いため、クラウンやインレーが割れる・はずれるといったトラブルに見舞われることがあります。

こうした癖は本人も気づいていないことが多いのですが、歯科医師が歯を診察した際に歯の異常なすり減り具合などに気づいてそのようなリスクを指摘し、セラミック治療以外の治療を勧めることがあるかもしれません。

セラミック治療の代替になる治療法について

セラミックには「歯科材料としては硬いがもろい」という性質があるということは上記でおわかりいただけたと思いますが、セラミック治療にはさまざまなバリエーションがあり(先に紹介したメタルボンドクラウンもそのひとつです)、セラミック素材にもいろいろな選択肢があります。

たとえばジルコニアもそのひとつです。

「ジルコニア」という名前にお聞き覚えはありませんか? 一般的には「ダイヤによく似た人工宝石」として知られています。

歯科医療で使われるジルコニアは、宝石のように透明な結晶の形をしているわけではありません。正確には「二酸化ジルコニウム」という、ジルコニウムを酸化させた白色の硬い物質です。ちなみに人工宝石のジルコニアは正式な名前を「キュービックジルコニア」といい、さらにほかのいくつかの物質を添加して単結晶化させたものです。

ジルコニアも広い意味でセラミックの一種ですが、一般的なセラミックとは違い、金属に近い靱性(粘り強さ・壊れにくさ)とセラミックの硬さを兼ね備えている素材です。このため「ジルコニアセラミック」と呼び分け、一般的なセラミック治療と区別されることがあります。

ジルコニアは人工関節にも使われるほど安全性の高い素材ですから、安心して治療を受けていただけるでしょう。

南青山矯正歯科クリニックでは、ジルコニアを使った治療として「ジルコニアセラミック治療」と「パールクラウン(特に奥歯に用いるクラウン)」をご用意しています。

保険適用ができない

さて、ここまでは主にセラミックという素材の特性に注目してセラミック治療ができないケースの説明をしてきましたが、セラミック治療には「保険適用ができない」という別の問題点もあります。

歯科治療は保険診療と自由診療に分けることができます。いわゆる「保険証が使えるか使えないか」で、保険診療で施術できるクラウンやインレーは金属か樹脂に限られてしまうのです。

このためセラミック治療は原則として自由診療になり、保険診療に比べて治療費が高額にのぼる傾向があります。

もちろん、セラミック治療には保険治療では望めない「審美性の高さ」という価値があります。

保険診療に比べて治療費は高いものの、それに見合った価値があると思えばこそセラミック治療を希望される方も多いのですが、クリニックで見積りをとってみた結果、費用面の理由でセラミック治療を断念されるケースもあるようです。

こうした場合、保険診療が適用されるレジン(樹脂材料)や銀歯などを使った治療を選択するという方法がありますが、残念ながら審美性や安全性、耐久性などいろいろな面でセラミック治療に比べてデメリットが多いというのも事実です。

【まとめ】セラミック治療ができないケースと代替の治療法

今回は、セラミックという素材の特徴や保険適用外といった理由でセラミック治療ができないケースがあること、そしてその代替治療法としてメタルボンドクラウンやパールクラウンといった選択肢があること、保険適用される治療法として樹脂や金属を選択することも可能であることを説明してきました。

医療技術は年々著しい進歩を遂げています。数年前であれば無理だった治療も、現在なら受けられる可能性があるのです。

ほかのクリニックで「セラミック治療は無理」と診断された患者様も、広い意味でのセラミック治療にはさまざまな選択肢がありますから、南青山矯正歯科クリニックでもう一度診断を受けてみられてはいかがでしょうか。

仮にセラミック治療が適切でない患者様がいらっしゃっても、患者様のご希望に添える代替の治療法をご提案できるかもしれません。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン