南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > インレーとクラウンの違いとそれぞれの素材と適応について

セラミック治療を受けてみたいと思っている方はきっと、セラミックインレーやセラミッククラウンといった治療名を聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、インレーやクラウンという言葉がよくわからないという方もいるでしょう。そこで今回は、インレーやクラウンのそれぞれの定義や、インレーやクラウンの種類とメリット・デメリットをご紹介します。

インレーはどんな治療?

まずインレーについて解説します。インレーとは、歯の詰め物のことです。よく軽い虫歯の治療を受けたときに歯医者さんで歯を削った経験がある方も多いでしょう。そして歯を削った後に何かを詰めたの覚えていますか。きっと、レジンと呼ばれる白い歯科用のプラスチックや銀歯を詰めたのではないでしょうか。

インレーとは、このように小さな歯の欠損を埋めて補うものです。

インレーの施術の中には、ダイレクトボンディングという方法もあり、これは歯の欠損を修復したり、もともと入っている銀歯を除去して、白いレジンに詰めかえる方法などを指します。

インレーの素材の種類

インレーの素材には主に次のものが使われています。

保険適用のインレー

  • 銀歯(メタルインレー):金属でできたインレーです。
  • レジン:プラスチックでできたインレーです。

保険適用外のインレー

  • オールセラミックインレー:100%セラミックでできたインレーです。
  • ハイブリッドセラミックインレー:セラミックとレジンを混ぜたインレーです。
  • ジルコニアインレー:硬いジルコニアが使われたインレーです。
  • ゴールドインレー:金合金でできたインレーです。

インレーのメリットとデメリットと適応する症例

インレーには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

また、どのようなときに適応するのか、それぞれ確認していきましょう。

保険適用のインレー

■銀歯(メタルインレー)

銀歯(メタルインレー)

【メリット】

  • 保険適用で安価
  • 強度が高い
  • 適応症例が多い

【デメリット】

  • 銀色が目立つ
  • 金属アレルギーの方は適応外
  • 劣化しやすい
  • 下の歯との隙間が空き、二次虫歯になりやすい
  • 金属が溶け出し歯茎が黒ずむことがある

【適応症例】

  • 奥歯の虫歯治療後の詰め物など

■レジン

レジン

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 保険適用で安価
  • 白いので比較的目立ちにくい

【デメリット】

  • 透明感がないのでセラミックと比べ見た目が少し劣る
  • 数年経つと水分を吸って変色することがある
  • 歯と似たやわらかさがあるがセラミックに比べ強度が劣る

【適応症例】

  • 虫歯治療後の小さな歯の欠損を埋める詰め物など

保険適用外のインレー

■オールセラミックインレー

オールセラミックインレー

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 白く透明感があり、見た目が自然の歯に近い
  • 汚れやプラークがつきにくい
  • 劣化や変色のリスクが少ない

【デメリット】

  • 割れることがある
  • 保険が適用されないため費用が高額

【適応症例】

  • 虫歯治療後の詰め物など

■ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 白いため自然の歯に近い見た目がある
  • 保険適用外のインレーの中では安価

【デメリット】

  • レジンの性質上、変色の恐れがある
  • 割れることがある
  • 保険が適用されないため、保険のインレーと比べ費用が高価になりがち

【適応症例】

  • 奥歯の虫歯治療後の詰め物など

■ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 白く透明感があるため見た目が自然の歯に近い
  • 強度が非常に高い
  • 汚れやプラークがつきにくい
  • 劣化や変色のリスクが少ない

【デメリット】

  • 高額になりがち
  • 硬すぎる性質から、咬み合う歯を傷つける恐れがある

【適応症例】

  • 奥歯の虫歯治療後の詰め物など

■ゴールドインレー

ゴールドインレー

【メリット】

  • 金属ならではの強度の高さ
  • 適合がいい
  • 咬み合う歯を傷つけにくい
  • インレーの下の歯の虫歯リスクが少ない

【デメリット】

  • 見た目が金色で目立ちやすい
  • 金属アレルギーのリスクがあるため利用できない場合もある

【適応症例】

  • 奥歯の虫歯治療後の詰め物など

インレー治療の流れ

インレーの治療は、主に次のような流れで行われます。

まず虫歯治療などで歯を削った後、インレーを入れるために、さらにきれいに歯を削って整えます。そしてそこに仮の詰め物をします。そして歯型を採り、それをもとにインレーを作成します。

インレーができあがったら仮の詰め物を外して、インレーを装着して噛み合わせなどを調整したら治療が完了します。

クラウンとはどんな治療?

クラウンとは、差し歯や被せ物と呼ばれるものです。歯を大きく欠損したときや、歯並びを矯正するときなどに使用します。

自分の歯を削って、そこに被せる方法で歯を補います。

クラウンの素材の種類

クラウンの素材には主に次のものが使われています。

保険適用のクラウン

  • 銀歯(メタルクラウン):金銀パラジウム合金でできたクラウンです。
  • 硬質レジン前装冠:金属冠の前部分に白いプラスチックが貼り付けられているクラウンです。
  • 硬質レジンジャケット冠:レジンだけでできているクラウンです。

保険適用外のクラウン

  • オールセラミッククラウン:100%セラミックだけでできているクラウンです。
  • ハイブリッドセラミッククラウン:レジンとセラミックが混ざったクラウンです。
  • メタルボンド:フレーム部分が金属で、表にセラミックが焼き付けられたクラウンです。
  • ジルコニアクラウン:硬く強度の高いジルコニアでできているクラウンです。
  • ゴールドクラウン:金合金などでできたクラウンです。

クラウンのメリットとデメリットと適応する症例

クラウンには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか? また、どのようなときに適応できるのか、それぞれ確認していきましょう。

保険適用のクラウン

■銀歯(クラウン)

銀歯(クラウン)

【メリット】

  • 保険適用で安価
  • 強度が高い
  • 適応症例が多い

【デメリット】

  • 銀色が目立つ
  • 金属アレルギーの方は不可
  • 劣化しやすい
  • 下の歯との隙間が空き二次虫歯になりやすい
  • 金属が溶け出し歯茎が黒く染まることがある

【適応症例】

  • 前から4番目より後ろの歯なら、基本的に症例問わず利用可能

■硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠

【メリット】

  • 保険適用で安価
  • 見た目は白いので比較的目立ちにくい

【デメリット】

  • 金属アレルギーの方は不可
  • 透明感がないので見た目が少し劣る
  • 数年経つと水分を吸って変色することがある
  • 歯と似たやわらかさがあるが強度には劣る

【適応症例】

  • 前歯の治療全般

■硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 保険適用で安価
  • 白いので比較的目立ちにくい

【デメリット】

  • 透明感がないので見た目が少し劣る
  • 数年経つと水分を吸って変色することがある
  • 歯と似たやわらかさがあるが強度には劣り、欠けることがある。

【適応症例】

  • 前歯の治療全般

保険適用外のクラウン

■オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 白く透明感があり、見た目が自然の歯に近い
  • 汚れやプラークがつきにくい
  • 劣化や変色のリスクが少ない

【デメリット】

  • 割れることがある
  • 保険が適用されないため費用が高額

【適応症例】

  • 前歯の治療全般

■ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 白いため自然の歯に近い見た目がある
  • 保険適用外のクラウンの中では安価

【デメリット】

  • レジンの性質上、変色の恐れがある
  • 割れることがある
  • 保険が適用されないため保険のクラウンと比べ費用が高い

【適応症例】

  • 前歯・奥歯の治療全般

■メタルボンド

メタルボンド

【メリット】

  • 銀歯に比べると外からの見た目は良い
  • 金属使用のため強度が高い

【デメリット】

  • 金属アレルギーの方は不可
  • 金属が透けるため、審美性がやや劣る
  • 経年劣化で金属が溶け出し、歯茎が変色するブラックマージンの恐れがある
  • 保険適用外のため費用が高額になりがち

【適応症例】

  • 奥歯の治療全般
  • ブリッジの治療

■ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

【メリット】

  • 金属アレルギーの方でも利用可能
  • 白く透明感があるため見た目が自然の歯に近い
  • 強度が非常に高い
  • 汚れやプラークがつきにくい
  • 劣化や変色のリスクが少ない

【デメリット】

  • 高額になりがち
  • 硬すぎる性質から、咬み合う歯を傷つける恐れがある

【適応症例】

  • 前歯・奥歯の治療全般
  • ブリッジの治療

■ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

【メリット】

  • 金属ならではの強度の高さ
  • 適合がいい
  • 咬み合う歯を傷つけにくい

【デメリット】

  • 見た目が金色で目立ちやすい
  • 多少、金属アレルギーのリスクがあるため利用できない場合もある

【適応症例】

  • 奥歯の治療全般

クラウン治療の流れ

クラウンの治療では、まず土台となる歯を削り、整えます。仮歯をかぶせ、歯型を採って、それをもとにクラウンを作成します。約2週間したらクラウンができあがるので、仮歯を外して装着したら治療は終了します。

最短ではこのような流れで治療が完了しますが、歯を削る際に神経治療が必要になる場合もあります。その場合、神経を除去する治療後に仮歯を被せます。また、土台として自分の歯が使えない場合には、人工の土台を立てることもあります。

【まとめ】インレーとクラウンの違いとそれぞれの素材と適応について

いかがでしたでしょうか。インレーとクラウンの大まかな違いをみてきました。

インレーは小さい歯の欠損を埋めるもので、クラウンは大きく歯を削ったときに被せて補うものです。

素材の特徴はインレーとクラウンではほとんど変わりませんが、一部異なるものもあります。歯科医師による診断・カウンセリングを受ける前に、自分が希望する素材を選んでおくといいでしょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文