セラミック歯の欠損や取れた時の対処法

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック歯の欠損や取れた時の対処法

虫歯治療では、詰め物(インレー)や差し歯、かぶせ物(クラウン)にセラミックを使用することがあります。セラミックは、色合いや透明度の再現性に優れた素材です。また、セラミックのインレーやクラウンは、強度も高く、奥歯にも使用できるため、笑っても銀歯が覗くことがありません。

メリットの多いセラミックを使ったインレーやクラウンですが、現在は保険適応外のため、自費診療の項目です。

せっかく費用をかけたセラミックのインレーやクラウンが、取れた(脱離)、欠けた、割れた(破折)というケースがあります。今回は、セラミックインレーやクラウンが外れてしまった場合の原因や対処方法についてご説明いたします。

インレーやクラウンが脱離や破折する原因

では、具体的にインレーやクラウンが脱離や破折する原因についてご紹介していきましょう。

原因1 虫歯の進行

インレーやクラウンは、永久的な治療方法ではありません。

インレーやクラウンとご自身の歯の境目をマージンと呼びます。マージンから虫歯になることを「2次カリエス」と呼びます。

2次カリエスにより、インレーやクラウンの適合が悪くなることで、脱離や破折が起きやすくなります。特にクラウンでは、歯周病の悪化により、歯肉が下がり、根面う蝕のリスクが高くなります。その結果、マージン部分へう蝕が進行し脱離が想定されます。

原因2 インレーやクラウンの経年劣化が原因

保険適応の素材である金銀パラジウム合金によって製作されたインレーやクラウンは、長年お口の中で唾液にさらされることにより、金属イオンが流出し、材質が劣化します。白いレジンインレーの場合は、レジンそのものの吸水性や、耐摩耗性の低下からマージン部分が不適合になるという経年劣化が確認されています。

原因3 接着剤の劣化が原因

インレーやクラウンは、セットする際に、セメントによる接着を行います。しかし、長年使用しているとマージンから唾液が徐々に流出し、接着剤が劣化していくことが分かっています。

原因4 噛み合わせの問題

噛み合わせの問題による原因は、補綴物をセットした直後に起こりやすい問題です。

歯科医院で装着する際、噛み合わせの検査で確認ができるのですが、最終的な確認は患者様ご自身の感覚が大切になります。「少し高いけど慣れるかな?」という気持ちは理解できすが、お口は50μ程度の厚さでも違和感を生じる世界です。適切ではない噛み合わせで力を加えると、セットしたクラウンやインレーに過重負担がかかり、脱離や破折の原因となるのです。

インレーやクラウンに不具合が起きたときにまず行うこと

ご自宅や外出先で補綴物が脱離や破折してしまった場合に行ってほしいことを順番にご説明いたします。

インレーやクラウンを口の中に戻さない。

お口の中には絶対に戻さないでください。眠っている際に外れて危険なことがあるからです。

歯科用の接着剤は、身体に安全性の高い素材であることや、口腔内の環境に合わせた性能になっています。ご家庭用の接着剤で付け直した場合には、歯科医院で取り外す際に時間がかかることや、正しい位置に入っていない状態でも取り外しができなくなり、削って取り除く場合もあります。

取れたものは保管して持参する

取れたものをまずはお口から取り出し、一度水洗しておきましょう。その後、歯科医院の来院まで保管しておきましょう。

早めに来院して歯科医に相談

補綴物が取れてしまっても、失活歯という神経を取り除いた歯の場合には、痛みも違和感もないかもしれません。しかし、インレーやクラウンが外れた歯は、象牙質が露出しているため、虫歯の進行が速いため注意が必要です。

まずは、かかりつけ医のご予約をとることをお勧めします。転居などでかかりつけ医へ受診ができなくなった場合には、近医を探して「詰め物やかぶせ物が取れた」と伝えましょう。

お口の中を清潔に保つ

先ほど、インレーやクラウンが外れた部分は象牙質が露出していることを記載しました。また、部分的にセメントが歯に残っていることも想定されます。この部分は、プラークが蓄積しやすいので、脱離や破折してしまった部分も清潔にしておきましょう。

刺激物の飲食を避ける

特に、神経がある生活歯の場合には、インレーやクラウンが取れてしまった部分からしみたり、痛みを感じることがあります。冷たいものや熱いもの、糖度の高いもの、辛い物など刺激となるものを極力避けて安静に保つことが大切です。

セラミック歯が脱離した場合の治療方法

インレーやクラウンが脱離した場合、歯科医院での対処方法をお伝えします。

2次カリエスがある場合には、虫歯治療を行います。虫歯治療により、マージン形態が変わるため、インレーやクラウンは再製作が必要となります。

カリエスがない場合には、再装着が可能です。様々な方向において、干渉がないように、咬み合わせの確認を行います。

破折した場合の治療方法

破折した場合には、原因の精査が大切です。

噛み合わせの問題なのか、補綴物の厚み(クリアランス)不足であるのかを確認します。特に、クリアランス不足による補綴物の強度不足が想定される破折の場合には、再製作が有効です。

取れにくいインレーやクラウンとは?

2次カリエスや歯周病により、脱離や破折のリスクが高くなります。2次カリエスや歯周病の最大の敵はプラーク、すなわちお口の汚れによるものです。

では、プラークの付着が起きにくいのは、どのようなインレーやクラウンでしょうか。

自費診療の適応ですが、セラミックを使用したインレーやクラウンには、保険適応のレジン前装冠や金銀パラジウムによるインレーやクラウンと比較して、優れた点が多くあります。

レジン前装冠に使用されるレジンには吸水性があることや、耐摩耗性に弱いこと、金銀パラジウムは金属イオンの流出による素材の劣化があることはすでにお伝えしました。この素材の劣化により、インレーやクラウンの表面に小さな亀裂や傷がつきやすくなります。この部分には、汚れが蓄積し、プラークコントロールが難しくなります。

その反面、セラミックは安定した素材であることから傷がつきにくいです。セラミックはプラークコントロールの観点から、お口の健康に優れた素材です。

セラミックの割れやすさをご心配の方もいらっしゃるかもしれません。確かに、セラミックは衝撃には弱いです。しかし、ジルコニアセラミックは、奥歯への適応も可能なほどの強度があります。また、セラミックによるインレーやクラウンが割れてしまうケースは、夜間の歯ぎしりや食いしばりを行うことが想定されるため、ナイトガードというマウスピースの使用などで対策が可能です。

インレーとクラウンの違いとそれぞれの素材と適応について

【まとめ】セラミック歯の欠損や取れた時の対処法

インレーやクラウンが脱離や破折してしまうことがあります。その場合、再装着や再製作が必要になります。歯の色合いや透明度を再現するのに最も適しているのがセラミックによるインレーやクラウンです。

セラミックによる修復は、審美的な再現性以外に、脱離や破折が起こりにくいメリットがあります。セラミックは表面にプラークが付きにくいことから、保険内の補綴物に比べて2次カリエスや歯周病のリスクが低下するためです。

素材の安定性の他に、プラークコントロールの観点からも、セラミックによるインレーやクラウンは、長期的な使用を想定した耐久性に優れた治療方法といえます。

セラミック治療の詳細はこちら

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室