南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > オールセラミック > オールセラミックの差し歯や詰め物が取れた時の対処法

虫歯を治療した後や、すでに銀歯が入っていて、それをセラミックの差し歯や詰め物に変えるときなどに、オールセラミックの治療を受けることがあります。この差し歯や詰め物、実は何かの拍子に取れたり、欠けたり、割れたりすることもあるのです。

これから差し歯や詰め物の治療を受ける予定のある人や、すでに差し歯や詰め物が入っている人は、ぜひ確認しておきましょう。

差し歯や詰め物が取れる原因

差し歯や詰め物が取れる原因

差し歯や詰め物には銀歯やレジン、オールセラミックなどさまざまな種類があります。こうした差し歯や詰め物の治療を受けたときに、まさか自分の差し歯や詰め物が取れるとは思っていませんよね。一体どういうときに差し歯や詰め物が取れてしまうのでしょうか。

原因1 虫歯の進行

一つ考えられるのが、虫歯の進行です。差し歯や詰め物の治療でよくあるのが、虫歯治療です。

この虫歯治療の後に、その差し歯や詰め物と下の歯の間に隙間が生じてしまうことがあります。そして隙間が空いてしまうと、そこに虫歯菌などが侵入して、二次虫歯(二次カリエス)、つまり再度、虫歯になってしまうことがあるのです。すると虫歯が進行すれば、歯がむしばまれてしまうため、ますます取れやすくなってしまいます。

原因2 差し歯や詰め物の経年劣化が原因

差し歯や詰め物の材質によっては、劣化してしまうことがあります。

例えば銀歯は、金属イオンが溶け出し、使っていくごとに劣化していきます。またレジンはプラスチックですが、プラスチックは吸水する性質があるため、多くの場合、黄ばむなど、変色してしまいます。またレジンは材質が柔らかいので、すり減ることもあります。

このように、差し歯や詰め物の経年劣化で、適合が悪くなり取れてしまうことがあるのです。

原因3 接着剤の劣化が原因

差し歯や詰め物を詰めるときには、歯科専用の接着剤で接着するのが一般的です。このときに、使った接着剤が劣化することがあります。接着剤が劣化すれば当然、差し歯や詰め物が取れてしまうことがありますので、この接着剤の劣化が原因であることもあるのです。

差し歯や詰め物が取れたり欠けたりした時の対処法

差し歯や詰め物が取れたり欠けたりした時の対処法

では実際に差し歯や詰め物が取れたり、欠けたり、割れたり、また抜けたりしたらどうすれば良いのでしょうか。その正しい対処方法をご紹介します。

すぐに近くの歯医者に相談

まず何よりも大切なのは、すぐに歯科医師に見てもらうことです。一番は、差し歯や詰め物の治療を行ってくれた歯医者で、同じ歯科医師に見てもらうのが良いですが、遠方でなかなかすぐにいけないという場合もあるでしょう。そのようなときは、すぐ近くの歯医者で構いませんので、とにかく歯科医師に見てもらうことが重要です。

ただ銀歯とレジの場合はこの対応で構いませんが、オールセラミックなどの保険適用外の歯の場合は、できるだけ治療を受けた歯医者に見てもらうのをおすすめします。なぜなら、オールセラミックの場合、審美治療になるため、再治療となる場合、オールセラミックの値段や歯科医師の技量も変わってくるため良く確認すると良いでしょう。

歯磨きをして口の中を清潔に保つ

もし差し歯や詰め物が取れた後、すぐに歯医者に行けないという場合、歯磨きをしっかりとしておくことが重要です。必ず清潔を保持しましょう。

差し歯や詰め物が取れた後は、象牙質がむき出しになっていることが多く、細菌に感染しやすくなっている状態です。そのような無防備な状態で、食事をしても歯磨きをしないでいるというのはリスクが高いです。ただし、痛みがある場合はそれほど強く刺激を与えないようにしましょう。

刺激を与えない

先ほどもお伝えしたように、差し歯や詰め物が取れた後は刺激を与えてはいけません。歯ブラシで必要以上に、強い刺激を与えることは絶対に避けましょう。またできるだけ飲食は控えるのがおすすめです。象牙質がむき出しになっていることから、物を噛むと痛みが出ることもあります。

差し歯や詰め物が取れたときにやってはいけない4つのこと

差し歯や詰め物が取れたときにやってはいけない4つのこと

差し歯や詰め物が取れたら、次のことは絶対にやってはいけません。歯を傷めたり、余計に治療の手間がかかり、時間も費用も高額になったりする恐れがあります。

自分で無理にはめてしまう

自力で無理に歯に差し歯や詰め物をはめるのは絶対にやめましょう。はまるなら、はめたほうが良いのではないかと思うかもしれませんが、専用の接着剤でつけるものなので、それなしでは、また取れてしまいます。

もちろん市販の接着剤でつけるといったことも絶対にやめましょう。余計に歯医者で手間がかかってしまうことがあります。

差し歯や詰め物が取れたまま治療に行かない

差し歯や詰め物が取れたら必ず歯医者に行ってください。取れても特に支障はないという考えは間違っています。隙間にプラークが残り、虫歯になる恐れもあります。差し歯や詰め物が取れたらしみることも多いので、放置は絶対に避けるようにしてください。

取れた差し歯や詰め物を捨ててしまう

もちろん取れた差し歯や詰め物を捨ててはいけません。大事に取っておいて歯医者に持っていきましょう。無くさないように小さなケースに入れておくと良いでしょう。ティッシュに包んでおくのも良いですが、ティッシュに包むと、ゴミと間違えてティッシュごと捨ててしまうこともありますので、注意してください。

刺激の強い物を飲食する

前にも述べましたが、刺激の強い物を飲食することによって、差し歯や詰め物が取れた部分がしみる痛むなどの症状が出ることがありますので控えましょう。

【まとめ】オールセラミックの差し歯や詰め物が取れる原因と対処法

もし差し歯や詰め物が取れてしまったら、今回ご紹介したように、取れた歯を持って、できるだけ早く、治療を受けた歯医者に行きましょう。この方法が最も再治療の際に、時間も費用も抑えられる方法です。

また、もしすぐに歯医者に行けないという場合には、できるだけ飲食は控えて、刺激を与えないようにし、清潔を保持するようにしましょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン