ホワイトニングの効果がではじめる回数と持続する期間

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > ホワイトニング > ホワイトニングの効果がではじめる回数と持続する期間

歯を白くきれいにしてくれるホワイトニングですが、何回やれば、いつまでやればいいかなど、意外と知らないことがあります。

今回はホワイトニングの効果がどれくらいで出て、どれくらい続いてくれるかについてお伝えしたいと思います。

ホワイトニングの仕組みと種類

ホワイトニングは1回でも効果を実感できますが、人によって感じ方はさまざまです。ここでは一般的に効果を実感できる回数や期間についてみていきます。

歯が白く見える仕組み

まず、ホワイトニングをするとなぜ歯が白く見えるのかを説明します。

ホワイトニングはエナメル質と呼ばれる歯の外側にある結晶の層に漂白剤を作用させます。漂白剤には過酸化水素が用いられ、過酸化水素が分解するとヒドロキシラジカルやスーパーオキシドなどの活性酸素を発生させます。

この活性酸素が着色の原因となる物質(有機物)を分解し、着色が取り除かれて歯本来の色になり、白く見えるようになります。

また、ホワイトニング剤が作用することでエナメル質表層の構造に変化が起き、光の散乱、乱反射が起きやすくなることで白く見えるようになります。

ホワイトニングはこのふたつの作用によって歯を白くし、どちらか片方の作用のみが起きるということはありません。

方法によって回数と期間は変わる

ホワイトニングの効果が出る回数や期間について、一概に言うことはできません。

ホワイトニングには医院でのみ行うオフィスホワイトニング、家で行うホームホワイトニング、その両方を併用するデュアルホワイトニング、失活歯(神経の治療済みの歯)に対して行うウォーキングブリーチと種類があり、どの方法を用いるかによって回数や期間が大きく変わります。また、ホワイトニング後の再着色や色戻りの傾向も異なります。

ホワイトニングの効果が得られる標準的な回数と期間は?

各ホワイトニング方法での標準的な回数と期間について説明します。

オフィスホワイトニングの場合

オフィスホワイトニング 効果・回数・期間

オフィスホワイトニングは、1回の処置で効果が得られるのが最大の特徴です。

1回の処置でかなり白くなりますが、実際には、使用するシステム(製品)にもよりますが、1週間程度の間隔をあけて計3回ほど行い、これを1セットとするようになっているものが多いです。

1セット計3回ほど行う場合でも初回で十分な効果が得られることが多く、2回目以降の白くなる程度は1回目に比べると緩やかになります。

オフィスホワイトニングの詳細はこちら

ホームホワイトニングの場合

ホームホワイトニング 効果・回数・期間

ホームホワイトニングは薬事承認された製品では1回2時間以内、1サイクル最大2週間となっています。

クリニックによっては国内未承認の海外製品を処方していることもあり、この場合は先に述べた限りではありませんが、安全性等については保証できません。

1回あたりでの変化は少ないですが、1サイクルを完了することで十分なホワイトニング効果が得られるようになっています。

効果の程度はオフィスホワイトニング1セットとホームホワイトニング1サイクルで差はないとされています。

ホームホワイトニングの詳細はこちら

デュアルホワイトニングの場合

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法になるため、ホワイトニングの効果はオフィスホワイトニングと同様に1回目の処置から得られます。

実際のデュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行うのではなく、オフィスホワイトニングを先に行い、しばらく期間を設けた後にホームホワイトニングを行います。

デュアルホワイトニングの詳細はこちら

ウォーキングブリーチの場合

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングはともに歯の表面からホワイトニング剤を作用させます。

一方、ウォーキングブリーチは神経を取り除く処置をした歯の中にホワイトニング剤を入れ、そのまま蓋をして一定期間置いておき、それを1回とします。1回の期間としては2週間程度です。

ウォーキングブリーチの詳細はこちら

ホワイトニングの効果はいつまで続く?

ホワイトニングの効果が続いているかどうかは、最終的にはその人の感覚に影響されてしまうところがあります。しかし、客観的な評価ができないと本当に色戻りしているのか、再度のホワイトニングをするべきかわかりません。

実は、ホワイトニングの効果がどれくらい続くかについて調べた研究がいくつもあります。

ホワイトニングの効果を評価する研究では、CIEL*a*b*均等知覚色空間(美術の授業や教科書で見たことがあるかもしれません)を用います。これは人間の知覚する色をL(明度=明るさ)、a(赤−緑の色相)、b(黄−青の色相)の座標で表したもので、それぞれの数値が大きくなると明るく、赤く、黄色くなり、数値が低くなると暗く、緑に、青になります。これらの数値は、非接触型分光光度計という色を数値化する専用の機械を用いて計測します。

それらの研究によると、ホワイトニング直後にはLの値は大きく(=明るく)なり、aとbは0に近づいた(=無彩色に近づいた)とされています。

一方で、処置後1か月にはLは低く(=暗く)、bは大きく(=黄色く)なり、aは変わらない傾向がみられ、後戻りの発生がみられています。

とはいえ、これは数値上の変化であり、処置前に比べれば明らかに見た目の歯の色は白く、1か月経過時点ではホワイトニングの効果は十分に得られているといえます。また、色の後戻りは処置後30日を経過すると明らかに少なくなり、1年経過時点でも多くの場合はホワイトニングの効果が持続しているという研究結果もあります。

志賀華絵他. 二酸化チタン光触媒併用漂白材と高濃度過酸化水素漂白材における生活歯漂白の効果と色調後戻りに関する研究. 岩手医科大学歯学雑誌. 2017年, 42巻, 2号, p.61-70. https://www.jstage.jst.go.jp/article/iwateshigakukaishi/42/2/42_61/_article/-char/ja/, (参照 2021-04-13)

大野知子他. 非接触型歯科用分光光度計を用いた漂白効果と後戻りの評価. 日本歯科保存学雑誌. 2013年, 56巻, 1号, p.69-77. https://www.jstage.jst.go.jp/article/shikahozon/56/1/56_KJ00008610731/_article/-char/ja/, (参照 2021-04-13)

ホワイトニングの効果がどれくらい続くかはその人の生活習慣にも影響を受けます。着色性の強い食品を摂取する機会の多い人や、喫煙者では色の後戻りは早く起こる傾向にあるようです。

ホワイトニング前後の歯の色の変化を確認する方法

白さを長持ちさせるタッチアップ

ホワイトニングの効果は、1年後でも持続することが研究からわかりましたが、その研究の中でも半年以内に明らかな色の後戻りがみられた例もあります。この原因には、生活習慣のほかに元々の歯の性質もあり、なかなか予測は難しいものです。

ホワイトニング後の色の後戻りがみられた場合、また白い色を取り戻す追加のホワイトニング(タッチアップ)を行うことができます。タッチアップを行うことで再び白い歯になれるだけでなく、再着色しづらくなるという研究報告もあります。

よりトーンの明るい歯を求める場合だけでなく、より白さを持続させられる歯にするために、タッチアップは有効です。

【まとめ】ホワイトニングの効果がではじめる回数と持続する期間

ホワイトニングの回数や期間は方法により異なりますが、得られる白さや後戻りのしやすさについてはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングで大きな差はありません。

どれくらいの時間をかけられるかや、自分の性格にあった方法を選択できるとよいでしょう。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 03-3475-8536
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室