南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > オールセラミック > オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

オールセラミックは透明感があって白く、美しい自然な歯を作り出すのに最適といわれる素材です。しかしこのようにきれいなオールセラミックでありながら、治療を受けた後、失敗したと感じたり、後悔したりしている人もいるのです。

これからオールセラミックの治療を受けたいと思っている人は、どのようなことで失敗する可能性があるのか、知りたいと思っていることでしょう。

そこで今回は、オールセラミックの治療で失敗と後悔をしないために、注意事項としてオールセラミックの失敗例とリスク対応についてご紹介します。

オールセラミックとはどんな治療?

オールセラミックとはどんな治療?

オールセラミックとは、セラミックという素材を100%使用したもので、詰め物や被せ物があります。歯を削ってそこへ詰めたり、被せたりすることで、欠けた歯を補ったり、歯並びを整えたり、歯の見た目を改善したりすることができます。

オールセラミックの差し歯は、セラミックの素材を使った差し歯の中でも、最も自然の歯に近い透明感と白さを持つといわれており、形も美しく作ることができるので、審美性がとても高い仕上がりになります。このことから審美治療では人気のある素材となっています。

オールセラミックの詳細はこちら

オールセラミックにはどんなデメリットがあるの?

オールセラミックにはどんなデメリットがあるの?

しかしオールセラミックにも他の素材と同様に、デメリットもあります。

一つは、金属と比べると欠けたり割れたりするリスクがあります。セラミックは、せとものと同じ素材を使用しています。せとものを落としたり、強い衝撃を加えたりすると割れてしまうように、セラミックだけでできているオールセラミックは、金属などで補強されていないので、金属使用の差し歯などに比べると、欠けるリスクが高くなるといわれています。

また、少しでも欠けにくくするために、ある程度厚みを持ってオールセラミックの歯を作る必要があるため、被せる天然の歯を、その厚みの分だけ削る必要があります。

さらに、治療費が高額になるというデメリットもあります。オールセラミッククラウンの費用相場は1本8~18万円程度になるため、本数が増えれば、それだけ治療費が高くなってしまいます。それに加えて、仮歯代は必ずかかりますし、さらに神経治療が必要になると、前歯2本の治療でも20万円は超えてきます。

費用はあくまで目安ですので、歯医者さんに問い合わせて、見積もりを取ってもらいましょう。自由診療ですので、歯医者さんごとに一つ一つの費用が多少変わってきます。

オールセラミックの7つのメリットと4つのデメリット

オールセラミックの失敗例とリスク対応6選

オールセラミックの失敗例とリスク対応6選

ここからは、オールセラミックの失敗例とリスク対応6つをご紹介します。

オールセラミックの治療は必ずしも失敗するというわけではありませんが、失敗する可能性は決してゼロではありません。時にはオールセラミックをやり直したり、オールセラミックの差し歯を作り直したりするケースもあります。そうなると後悔せざるをえませんよね。

オールセラミックの治療の失敗を防ぐためには、失敗の内容をあらかじめ知っておくことが大切です。失敗を知ることで、リスクに対してどのように予防すべきかがわかります。ぜひ確認しておきましょう。

見た目が不自然になってしまった

オールセラミックの治療受けたときによくある失敗として、仕上がりの見た目が不自然ということがあります。例えば、歯の色が自分の他の歯と合っていないということや、歯並びが前歯の一部分だけ綺麗すぎる、歯の形が自分の他の歯と比べると少し違和感があるということなどです。

この失敗を回避するには、治療前に必ず治療する歯科医師本人にカウンセリングをしてもらい、仕上がりイメージを十分に共有し合うことにあります。カウンセリングが、歯科医師自ら、30分以上かけて親切丁寧に行ってくれるところを選びましょう。

歯茎痩せで歯と歯茎の境目が見えてきた

加齢とともに歯茎は痩せていきます。すると差し歯を差している場合は、歯と歯茎の境目に隙間が生じてしまうということがあります。見た目の点で劣りますが、しかしそれ以上にその隙間に虫歯菌が入ってしまうことで虫歯になるリスクが高まってしまいます。もちろん歯周病のリスクも高まります。

歯と歯茎の境目に隙間ができてしまうことを防ぐためには、定期検診をしっかり受けて、未然に防ぐことが最も有効な対策になります。

オールセラミックの下が虫歯になった

虫歯治療を行った後、差し歯を差したにもかかわらず、数年経つと、差し歯と歯茎の間に隙間が開いて虫歯菌が入ってしまい、再度虫歯になる「二次虫歯(二次カリエス)」を起こしてしまうリスクがあります。

劣化が激しい銀歯と比べると、劣化しにくいオールセラミックであれば、二次虫歯にはなりにくいといわれていますが、虫歯になる可能性はゼロではありません。

この二次虫歯を防ぐためには、はじめから定期検診を長期的に行ってくれる歯医者さんを選びましょう。何かちょっとした差し歯の不具合があればすぐに気づいてもらうことができるので、二次虫歯を知らない間に進行させることも少なくなるでしょう。

差し歯が欠けたり割れてしまった

オールセラミックの差し歯が欠けてしまうということもあります。なぜならオールセラミックの素材は、先ほどもご紹介した通り、割れたり欠けたりするリスクがあるといわれているためです。

差し歯が欠けるのを防ぐためには、歯ぎしりや食いしばりなどの歯を強く噛みしめる癖がある場合、オールセラミックの歯を避けることです。審美性のことを考えると、オールセラミックに似たように白く透明感のある歯が実現でき、強度も期待できるジルコニアセラミックという素材を選ぶというのもおすすめです。

ジルコニアの詳細はこちら

治療後に耐えられない痛みが出てきた

オールセラミック治療の話に限らず、差し歯は必ず歯を削ることになります。この時に深く削る場合、神経に近いところまで到達することがあります。しかし、あまりに神経に近いところまで削っていくと、治療後にしみたり痛みを感じたりしやすくなります。しかし神経を除去するのが嫌だからといって神経治療を受けないでいると、差し歯を刺した後に痛みが出ることもあります。

この問題に対する対策の一番は、オールセラミックの治療に慣れている熟練の症例数の多い歯医者さんを選ぶことです。後から痛むか痛まないかなどのことは、経験値によるものが大きいです。このことから経験豊富な歯科医師に、神経治療が必要かどうか判断してもらうのがいいでしょう。

残した神経が感染して膿が出てきた

神経を残したいと思って残したところ後から神経が死んでしまい、膿が出てきたという失敗もあります。これは何らかの原因によって、歯の根っこの中が細菌で感染してしまい、歯の根っこの先に膿ができてしまったと考えられます。こうした状態になってしまうと当然、差し歯を外して根っこの治療を行う必要があります。

この時、行われるのが根幹治療と言うものです。根幹治療は大がかりになるものですし、信頼のおける腕の立つ歯科医師でなければ、任せることができない難しい治療です。せっかく差し歯を差して調整してもらったのに、また外して根幹治療が終わって完治した後に、差し歯を差すというのは、時間も費用も大幅にロスしてしまうでしょう。

この失敗を避けるためには、やはりオールセラミック治療の症例数が多く、神経治療についても、根幹治療についても熟知している歯科医師がいる歯医者さんで治療を受けるということです。歯医者さん選びの際は、よく注意しましょう。

【まとめ】オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

いかがでしたか?

オールセラミックで失敗して後悔しているケースは実際にあります。しかし、その失敗を知り、よく注意して、失敗をあらかじめ避けるということは、一番の対策になります。とにかく症例数が多く、信頼のおける歯科医師に治療を頼むこと、またあらかじめリスクについて、歯科医師とカウンセリング時によく話しておき、どのような対策が取れるのか、ヒアリングしておくことが重要です。

オールセラミック治療は、心から安心できる状態で治療を受けましょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン