オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > オールセラミック > オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

オールセラミックは色調の再現性に優れた歯科用材料の1つです。

白く美しい色合いと、つやを再現できることから、自然な歯により近い表情を作ることができます。そのため、目立ちやすい前歯の治療に適しています。

しかし、せっかくのオールセラミック治療であっても、時には失敗や後悔を感じることがあります。今回は、セラミック治療をお考え中の方に、治療後に起こりうるリスクや失敗、解決方法についてご紹介します。

オールセラミック治療のメリットとは?

オールセラミック治療のメリットとは?

オールセラミック治療とは、陶器と同じセラミックのみで作成されたインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)などの補綴物による治療方法です。

具体的には、う蝕(虫歯)治療後の欠損部を補う際に用いられる治療方法です。

補綴物には、金属冠や、レジン前装冠、メタルボンドクラウンなどいくつかの種類がありますが、オールセラミックは理想的な素材の1つです。

例えば、以下のようなメリットなどが挙げられます。

  1. 最も天然歯に近い透明感と白さを再現できる
  2. 歯の形態を美しく作ることができる
  3. 経年変化による色調の黄ばみや黒ずみが少ない
  4. メタルタトゥーといわれる歯肉への金属イオンの流出による着色がない
  5. 口腔内の環境において安定した素材

オールセラミック治療のデメリットとは?

しかし、審美性や安全性が高いオールセラミックにもデメリットはあります。

脆性が大きく衝撃に弱い

金属冠と比べて金属の裏打ちがないため、割れる可能性があります。

費用負担が高額

基本的に、オールセラミックの治療方法は、審美歯科領域のため保険適応外です。

歯科医院によって価格設定が異なりますが、相場は1本8〜18万円程度と幅が広いです。また補綴物1本の値段だけではなく、再診料や、検査費用、印象採得(歯型取り)、仮歯などすべての項目が私費価格になるため、治療前には総額を見積もることが大切です。

そのオールセラミックの値段は安い?高い?費用を見極めるコツ

抜髄が必要な場合がある

咬み合わせの関係で、クリアランス(補綴物を入れるスペース)が足りない場合には、形成量が多くなります。結果、土台となる歯の神経を取り除く処置(抜髄)が必要になります。

抜髄により神経が失活した歯は、歯根破折のリスクが天然歯に比べて増加します。オールセラミック治療に伴う抜髄の場合には、抜髄自体も私費のため費用負担が発生します。

セラミック治療で神経を抜くとどうなる?残したい理由と抜かなければならない症例

形成量が多い

オールセラミックの場合には、クラウンやブリッジなどを割れにくくするために、補綴物自体に厚みが必要です。補綴物の厚みを確保するには、土台となる歯を削る必要があります。歯を削る量(形成量)は、金属冠に比べて多くなります。

オールセラミックの8つのメリットと5つのデメリット

知っておきたいオールセラミック治療の失敗例とリスク8選

時間や費用をかけても、オールセラミック治療が失敗することもあります。万が一の失敗に備えて、オールセラミック治療を受ける前に、失敗例を学んでおきましょう。

1.セラミックであることがわかりやすい・・・

審美性に優れるオールセラミックであっても、隣り合う歯とシェード(色調)が異なる場合や、一部のみをオールセラミックにしたため、他の歯とのバランスが取れていない場合、「セラミック治療をやりました!」という口元になってしまいます。

特に色調については、失敗が起こりやすいです。歯科医師がお勧めした色よりも、せっかくだから・・と、もっと白くすることを希望する方がいらっしゃいます。そういった場合には、残念ながら色調の不一致という失敗が起こりやすく後悔される方がいらっしゃいます。

2.セラミック治療を急ぎすぎた

クラウンなどの被せ物をする場合、歯肉とクラウンの境目の設定は失敗できない重要な項目です。

歯周病や歯肉炎のため、歯肉が腫脹していると、正しい位置設定ができません。オールセラミックをセットした後で、歯肉退縮が起こり、歯根が露出すると、審美的に不適であることや、根面う蝕や、歯周病のリスクが発生します。

クラウンをセットすることを最終補綴ともいいます。最終補綴では、失敗を防ぐため、歯周病治療を完了し、引き締まった歯肉の状態で行うことが大切です。

3.加齢による歯肉退縮が起こる

失敗ではありませんが、歯周病に限らず、歯肉退縮は加齢によっても起こります。

最終補綴を行った後も、メインテナンスを行うことをお勧めします。

4.不適切な咬合による歯肉退縮

オールセラミッククラウンをセットした歯に対して、不適切な咬合圧がある場合には、咬合性外傷という歯周組織の破壊が起こることがあります。

その場合には、歯肉退縮や、くさび状欠損(歯頚部の歯質がくさび状に欠ける)、咬合痛が発生します。メインテナンスにより、咬合状態の確認が大切です。

5.オールセラミックの歯がう蝕になる

オールセラミッククラウンは、セメントで合着します。

経年変化により、セメントの劣化が起こり、クラウンと歯質の間に隙間ができることは避けることができません。そこからう蝕になることを2次カリエスとよびます。

オールセラミックは金属冠にくらべて2次カリエスのリスクは少ないですが、オールセラミッククラウンをセットした境目(マージン)からう蝕になるため、内部にう蝕が広がり、いつのまにか進行していることがあります。

6.オールセラミックの破折

経年変化によりほかの歯が摩耗し、咬合状態が変わり、オールセラミックに対する干渉が強くなることも想定されます。歯ぎしりや食いしばりがある場合には、審美性があり、より強度のあるジルコニアセラミックをお勧めしています。

ジルコニアの詳細はこちら

7.歯髄炎の発症

オールセラミックの場合、形成量確保のため、神経に近接した切削となった場合、治療後にしみたり、痛みを感じることがあります。そのため、抜髄治療を伴う場合があります。

抜髄を拒否される方もいらっしゃいますが、神経性の疼痛や違和感が継続することは不快なことです。

8.根尖性歯周炎のリスク

神経を残した場合、必ず失敗するというわけではありません。しかし、2次カリエスや、過度な咬合圧による歯周組織への影響など、歯の神経に細菌感染を起こすことがあります。病状が進んで、神経が失活し、根尖(歯の根っこの先)に膿が溜り、歯槽骨を溶かすことがあります。

これは、根尖性歯周炎という状態で、オールセラミッククラウンを除去して根幹治療を行うか、オールセラミッククラウンを残した状態で、根尖部を掻把、切除する(歯根端切除)治療を行う必要があります。

オールセラミック治療で失敗しないために大切なのは歯科医師の経験値

オールセラミックの失敗やリスクについてご紹介しました。

メリットの多いオールセラミック治療を否定しているわけではありません。歯科医師本人にカウンセリングをしてもらい、リスクやその際の対応について説明を受けることで、失敗や後悔を防ぐことができます。

特に、仕上がりイメージの共有や、先ほどお伝えした失敗を防ぐためには、TEC(テック)と呼ばれる暫間補綴物の経過をしっかりと診る歯科医師のもとで治療を行うことをお勧めします。

【まとめ】オールセラミックで失敗と後悔をしないために把握しておきたいリスクと対策

どんなに時間や費用を費やしても、オールセラミックで失敗して後悔しているケースがあります。

失敗を防ぐために大切なのは、経験した症例数が多く実績のある歯科医師に治療を依頼することです。

まずは、カウンセリングを受けて、あらかじめリスクや失敗についての説明を受け、その際の対応についてもヒアリングしておきましょう。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 03-3475-8536
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室