南青山矯正歯科 > 歯列矯正 > セラミック矯正 > 虫歯があるとセラミック矯正はできる?できない?治療後の虫歯のリスクも教えて

虫歯があるとセラミック矯正はできる?できない?治療後の虫歯のリスクも教えて

虫歯があるとセラミック矯正はできる?できない?治療後の虫歯のリスクも教えて

前歯のセラミック矯正に興味があるけれど、奥歯に虫歯があって、不安になっている方はいませんか?

ワイヤー矯正などでは、虫歯があると矯正治療はできないという噂を耳にしているかもしれません。実際のところはどうなのでしょうか。

今回は、虫歯があるとセラミック矯正はできるのかと、治療後の虫歯のリスクを解説します。

虫歯があってもセラミック矯正は可能

虫歯があってもセラミック矯正は可能

セラミック矯正は、たとえ他の歯に虫歯があっても治療できます。

セラミック矯正は、他の矯正治療法と異なり、矯正する歯やその周辺の歯を必要な範囲で削って差し歯を装着する方法で、歯に器具やワイヤーなどの矯正装置を取り付ける必要もありません。ですから、矯正する歯以外には何も影響を及ぼすことはありません。

例えば、前歯の歯並びをセラミック矯正で治療するときに、奥歯に虫歯があっても問題なくセラミック治療ができるということです。

ただ、虫歯と診断された歯をそのまま放置するのではなく、セラミック治療と同時に虫歯治療をするか事前に済ませることをすすめられます。

セラミック矯正の詳細はこちら

歯列矯正では虫歯があるとすぐに矯正できない

歯列矯正では虫歯があるとすぐに矯正できない

ワイヤー矯正やマウスピース矯正といった歯列矯正では、矯正する歯はもちろん、矯正する以外の歯であっても、虫歯があるとすぐに矯正治療を行うことはできません。何より虫歯治療が優先になります。

ワイヤー矯正の場合、ブラケットというプラスチックやセラミックの小さな装置を歯の表面につけ、そこへワイヤーを通して歯を移動させて矯正します。そのため、矯正期間中に虫歯治療を行うとすると、装置を取り外すことができないため、その矯正装置が邪魔で治療ができません。

もし、ワイヤー矯正を取り付ける前に虫歯がなかったとしても、装置を取り付けた後で虫歯になり、それが見つかると、装置を一度取り外して虫歯治療を行うのが一般的です。それほどワイヤー矯正で虫歯治療は最優先されるのです。

ワイヤー矯正の詳細はこちら

マウスピース矯正でも、虫歯があると先に虫歯治療を行います。矯正期間中でも虫歯ができてしまったら、矯正を中断して虫歯治療を優先させます。マウスピースは自分で取り外しができるものですが、虫歯になりやすく、進行させやすい口の中の状態になることから、虫歯は放置できません。

マウスピース矯正の詳細はこちら

歯列矯正中は虫歯になるリスクはどれくらい?

歯列矯正中は虫歯になるリスクはどれくらい?

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の歯列矯正中、虫歯になるリスクはどれくらいなのでしょうか。

ワイヤー矯正の治療中は、装置を外すことができないため、装置の隙間に食べかすがはさまったり、プラークがたまったりしやすくなります。さらにブラッシングがしにくいため、手を抜くと虫歯になりやすくなってしまいます。このことから、ワイヤー矯正中は特に虫歯のリスクが高いといわれています。

マウスピース矯正は、食事のときに矯正装置を自分で取り外せるのでリスクが少ないイメージがありますが、実際はそうでもないのです。マウスピース装着中は、唾液がうまく口の中で循環しにくくなるため、普段よりも虫歯になりやすい環境にあります。

なぜなら唾液には、洗浄作用や再石灰化作用、中和作用、抗菌作用などの虫歯予防に重要な役割があるためです。

つまり、どちらの歯列矯正中でも、虫歯になるリスクは通常より高いということです。

セラミック矯正は虫歯治療と並行して矯正できるメリットも

セラミック矯正は虫歯治療と並行して矯正できるメリットも

一方、セラミック矯正は、同じ矯正治療でありながら、虫歯があっても治療できることは先ほどお伝えした通りです。ただ、虫歯を放置するのはよくありませんので、治療を受けたいところですが、セラミック矯正の場合、並行して矯正を行うことができるので、矯正をしながら虫歯治療を受けることが可能です。

他の矯正との違いは?セラミック矯正のメリットとデメリット

セラミック矯正後の虫歯のリスクはどれくらい?

セラミック矯正後の虫歯のリスクはどれくらい?

セラミック矯正を受けた後には、虫歯になるリスクは、通常の歯や金属の被せ物よりも少なくなります。

セラミックという材質は、歯の表面に汚れやプラーク(歯垢)がつきにくいため、その分、虫歯リスクも減ります。

また、銀歯は長年装着していると、被せ物の土台の歯との隙間が空きやすくなることから、虫歯菌が侵入して虫歯になりやすくなります。セラミックは劣化せず、下の歯との適合も良いので、虫歯菌が侵入するリスクも少なくなります。

ただ、セラミック矯正の治療を受けた後も、通常通り、ブラッシングを毎日行う必要はあります。また、歯科医院で定期的にメンテナンスをきちんと受けておくことで、より虫歯のリスクのほか、歯周病のリスクも減ります。

他の矯正治療よりも虫歯リスクが減ると安心しきらずに、セラミックの歯をできるだけ長持ちさせるためにも、大切にお手入れしましょう。

【まとめ】虫歯があるとセラミック矯正はできる?できない?治療後の虫歯のリスクも教えて

虫歯があって、矯正治療ができないのではないかと心配になっている人は、セラミック矯正であれば、並行して行うこともできるので一度検討してみてはいかがでしょうか。

また、治療後は日々のお手入れやメンテナンスは欠かせませんが、虫歯のリスクが少ないため、虫歯が不安な方にはおすすめです。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン