セラミック矯正の失敗と後悔を防ぐために知っておくべき6つの注意事項

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック矯正 > セラミック矯正の失敗と後悔を防ぐために知っておくべき6つの注意事項

セラミック矯正は、セラミック製の差し歯を装着することで歯並びを美しく整える治療法のひとつです。セラミックは見た目も天然の歯に近く美しい口元が手に入ることで人気になっていますが、実は、治療を受けて「失敗した…」と後悔している方もいるといわれています。

セラミック矯正に限らず、前知識がないまま治療を受けてしまうと、想定外のことが起きて失敗と感じてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、セラミック矯正で失敗して後悔しないために、事前に知っておくべき6つの注意事項をお伝えしていきます。セラミック矯正を受ける前に、ぜひ確認しておいてください。

セラミック矯正は危険な治療なの?

セラミック矯正で失敗した、と聞いて不安になりますが、そもそもセラミック矯正が危険な治療ということではありません。セラミック矯正の治療においては、土台となる歯を削り、そこへセラミック歯を被せて歯並びや噛み合わせなどを整える治療法です。危険で怖いことはありませんので安心してください。

セラミック矯正の詳細はこちら

セラミック矯正の仕上がりは「噛み合わせ」と「審美性」が大事なポイント

セラミック矯正の仕上がりは「噛み合わせ」と「審美性」が大事なポイント

セラミック矯正を受けた後は、白く透明感のある歯を目にして、とても嬉しくなるでしょう。その審美性の高さはセラミック矯正のメリットです。しかし、セラミック矯正の仕上がりで大事なポイントは、ただ見た目が綺麗だというだけでなく、噛み合わせも含めた機能美にもあるのです。

噛み合わせとは、簡単にいえば、上下の歯がきちんと噛み合うかどうかということですが、噛み合わせが正しくないと、硬いものが噛みにくく、咀嚼がうまくいかなかったり、顎に悪影響が及び、顎の痛みが生じたり、肩こりや頭痛など全身への影響が出てくることもあります。噛み合わせは、私たちの健康にとってとても重要なものなのです。

これらのことから、セラミック矯正の仕上がりで重要視したいのが、主に「噛み合わせ」と「審美性」の2つです。セラミック矯正を受けるときには、ぜひこの2つを重要視して、どのような仕上がりになるのか歯科医師に事前に尋ねてみましょう。

セラミック矯正を受ける前には、次のポイントに気を付けてみてください。

前歯のおすすめはオールセラミックかジルコニアセラミック

セラミック矯正では、セラミックの歯の材質を選ぶことができます。その際、前歯の矯正であれば、オールセラミックかジルコニアセラミックがおすすめです。

オールセラミックもジルコニアセラミックも、透明感があり、白い色の種類も豊富であることから、よく人に見られる前歯に向いています。強い歯ぎしりや食いしばりがある方には強度の高いジルコニアセラミックが向いているでしょう。

その他にメタルボンドという選択肢もありますが、メタルボンドは金属がセラミックの歯の内部のフレーム部分に使われており、金属が透けて見えてしまうため、審美性に劣ります。また、金属の歯は金属アレルギーの方には使用できません。

メタルボンドの詳細はこちら

オールセラミックの詳細はこちら

ジルコニアの詳細はこちら

噛み合わせは大丈夫?違和感はどれくらい?

セラミック矯正の仕上がりは「噛み合わせ」と「審美性」の2つですが、治療を受ける歯科医院が見た目だけにこだわらない治療方針であるかを必ず確認しましょう。そして、噛み合わせをどれだけ重要視しているのかも確認しておきたいものです。

セラミック矯正の治療中や治療後に、噛み合わせに違和感が出ることがあります。例えば、歯を削った後、セラミックの本歯ができあがるまでの期間前に、仮歯を装着します。仮歯を装着していると違和感を生じることがありますが、しばらくすればその違和感もなくなるでしょう。しかし、違和感が続くようなら、歯科医師に申し出て、仮歯を調整してもらうようにしてください。その微調整を繰り返すことで、最終的なセラミックの歯の形態に仕上げていきます。

仮歯の段階で調整をしっかりと行っておけば、セラミック矯正後に生じる違和感はほとんどなく、仮の違和感が出ても一時的なものであることが多いです。

後悔を避けるためには、仮歯の段階で感じた違和感を歯科医師に話し、微調整をしっかり行ってもらうことが肝心です。

見た目は不自然ではないか?

セラミック矯正後に、見た目が不自然に感じることがあります。例えば、セラミックの歯だけが白く浮いてしまい、周りの天然歯と合っていないといったことです。

こうした審美性に関する失敗の原因の多くは、治療前の歯科医師から受けるカウンセリングにおいて、仕上がりの十分な共有がされていないことにあります。つまり、治療を行う歯科医師と最終的な歯並びをよく確認しておき、認識を合わせておくことがとても重要です。

もし希望のセラミックの歯の色が周りの歯と調和が取れていない場合、事前にホワイトニングをしてセラミックの歯と色合わせをしておくなどの方法があります。

このことから、セラミック矯正を受ける歯科医院は、治療実績があり審美歯科治療と歯科矯正を併設しているところがおすすめといえます。

歯を削るのはなぜ?抜歯も必要になる?

歯を削るのはなぜ?抜歯も必要になる?

セラミック矯正で後悔しないために、必ず歯をどの程度削るのか、抜歯は必要なのかをしっかりと確認しておきましょう。

セラミック矯正では必ず歯を削りますが、その削る程度はセラミックの差し歯の厚さ(材質により厚みが変わる)や、残っている歯の状態によって、変わってくるためです。

また、まれに抜歯が必要になることがあります。

例えば、極端に歯並びが悪いケースや、八重歯という犬歯が前に飛び出している乱杭歯状態の歯並びで、歯茎の高さが揃わないといったケース、そして乳歯が残っているケースです。こうしたケースでは、歯を残したままセラミック矯正を行ってしまうと、希望の歯並びにならない可能性があり抜歯をすることがあります。

神経治療が必要なケースって?神経を抜かないとどうなるの?

神経治療が必要なケースって?神経を抜かないとどうなるの?

歯の傾きや形態、希望する仕上がりによっては、歯の神経を抜く神経治療が必要になることもあります。なぜ神経を抜く必要があるのかというと、神経に近い部分まで歯を削ると、セラミック歯を被せていても痛みを感じてしまう可能性があるためです。

セラミック矯正では土台となる歯を削りますが、削る量が多いと象牙質という歯の神経の外側にあるやわらかい層まで達してしまい、痛みを感じやすくなります。さらに象牙質を削って歯の神経のある歯髄(しずい)まで達してしまうと直接的な痛みが生じ、神経を抜かないと耐えられない痛みが出る可能性があります。事前に歯科医師がこのようなケースを診断した場合、神経治療を提案されます。

しかし、神経を抜くことは、歯の将来の寿命を極端に縮め、破折のリスクも高まります。そのためセラミック矯正を受ける前に、歯をどのくらい削るのか、神経を抜く必要があるのか、歯科医師によく確認と相談をすることが大切です。そして、できるだけ歯を削らずに済む方法がないか、他の矯正治療の提案を受けることも大切です。

治療期間中の痛みの程度はどれくらい?

治療期間中の痛みの程度はどれくらい?

セラミック矯正では、治療期間中に痛みを感じることがあります。その痛みのシーンをあらかじめ知っていれば、対策も立てることができます。

治療中は、歯を削るときなど必要なときに麻酔注射を打つため、麻酔の効果で痛みを感じることはありません。しかし、麻酔注射そのものが苦手という方もいるでしょう。その場合には、表面麻酔や笑気麻酔などが使われることもあります。

また、注射の針がもともと極細のものを使っており、痛みを感じにくくしている歯科医院もありますし、麻酔が切れた後の痛み止めを処方してくれることもありますので、そうした準備があるかどうかも確認しておきましょう。

また、仮歯期間中とセラミック歯の装着後にも痛みを生じることがあります。仮歯をつけた直後は、歯を削った直後でもあり、しみるような痛みが残ることがあります。ただ一時的なものであることも多く、自然と消えるまで待つか、あまりにも痛みが強かったり、長い間続くようなら早めに歯科医院に相談しましょう。

セラミックの歯を装着した直後は、一時的に痛みが出ることもありますが、通常2週間以内には収まります。これらの仮歯とセラミック歯の装着後についても、痛みが起きた場合どのような処置をするのか、自宅ではどのようなことに気をつければいいのかなどを事前に確認しておきましょう。

セラミック矯正をした歯の歯茎がやせてくるとどんな悪影響がある?

どんな方でも加齢によって歯茎がやせていきます。差し歯をしていると、歯茎がやせたときに歯茎と差し歯に隙間ができてしまうことがあります。その場合、見た目が悪くなるだけでなく、歯茎に食べ物がつまることがあり虫歯や歯周病のリスクも高まってしまいます。

もし歯茎がやせたときにどうなるのか、どのような悪影響が出るのか、そして歯科医院ではどのような対処をしてもらえるのかも合わせて確認しておきましょう。

メンテナンス(定期検診)が歯の寿命を決める

メンテナンス(定期検診)が歯の寿命を決める

セラミック矯正が終わった後には、定期的にメンテナンスを受けることが、健康な歯を維持し、歯の寿命をできるだけ長くするためには欠かせません。メンテナンスを受けていれば、虫歯や歯周病のリスクも減ります。

セラミック矯正を受けた後に、後悔を減らすためにも、メンテナンスを受けることを想定してスケジュールを組んでおくことも重要です。

【まとめ】セラミック矯正の失敗と後悔を防ぐために知っておくべき6つの注意事項

いかがでしたか? セラミック矯正で失敗して後悔したくないという方は、ぜひ今回ご紹介した次の6つの注意事項を押さえておきましょう。

  • 噛み合わせについて
  • 審美性について
  • 歯を削る量・抜歯の必要性
  • 神経治療の必要性
  • 痛みの予防・対策法
  • 歯茎が下がったときの対処方法

セラミック矯正の歯科医院と歯科医師選びの際にも、この6つのポイントとメンテナンスについては必ず確認することをおすすめします。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室