セラミック矯正のメリットとデメリット

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック矯正 > セラミック矯正のメリットとデメリット

歯並びが悪く矯正治療をしたいと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。しかし、矯正治療と一言でいっても、さまざまな方法があります。

この記事では、セラミック矯正に焦点を当て、他の治療と比べたときのメリット・デメリットについて解説します。

セラミック矯正はどんな治療?

セラミック矯正は、他の矯正治療と違い歯自体を動かすのではなく、傾きや大きさなどに問題のある歯を削り、上からセラミックの人工歯をかぶせて歯並びを改善する治療です。

治療は以下の流れで進めます。

  • カウンセリング・検査
  • 歯を削り、仮歯をセット
  • 仮歯で使用感を確認し、問題なければ型取り
  • セラミックのセット

神経の処置が必要な場合は少し回数が増えますが、他の矯正治療と比較すると早く治療できることから、クイック矯正やスピード矯正とも呼ばれています。

その他の矯正方法として代表的なものに、ワイヤー矯正とマウスピース矯正があります。

ワイヤー矯正は、歯にブラケットという装置を付けて、ワイヤーを介して歯並びを整えていく方法です。マウスピース矯正は、透明なマウスピースを交換しながら矯正する方法です。

セラミック矯正の詳細はこちら

セラミック矯正のメリット

ワイヤー矯正やマウスピース矯正と比較したときのセラミック矯正のメリットについて解説します。

治療期間が短い

多くの矯正治療は、矯正力を用いて治療します。矯正力とは、歯を動かしたり、成長を誘導したりするための矯正装置が発する外的な力のことです。そのため、矯正治療は治療期間がかかります。

セラミック矯正は矯正力を用いた治療ではないため、治療期間が数か月~半年と短いです。

ワイヤー矯正だと通常2〜3年必要です。マウスピース矯正はワイヤー矯正より短期間で終わるケースが多いですが、1年程度はかかります。

矯正後の後戻りがない

ワイヤー矯正やマウスピース矯正は後戻りが起こるため、治療終了後も保定装置の装着が必要です。セラミック矯正は後戻りがないため、保定期間もありません。

虫歯があっても矯正治療を開始できる

基本的に大きな虫歯がある場合は、矯正開始前に治療しておかなければなりません。しかし、セラミック矯正は歯を削るため、虫歯治療と同時に行うことが可能です。

矯正治療中の歯の痛みや違和感がない

セラミック矯正は矯正力を与えることによって起こる持続的な歯の痛みは出ません。

しかし、歯を削ったり、場合によっては神経の処置が必要になったりするので、そのときに痛みが出ることがあります。

また、セラミック矯正は装置を装着しないため、装置による違和感はありません。ワイヤー矯正の装置は取り外しできず、違和感が強く出ることがあります。マウスピース矯正は、取り外し可能なので違和感は出にくいですが、長時間装着してないと矯正力が発揮されません。

セラミック治療は痛い?痛みや違和感が出る原因と対処法

歯の色や形が選べる

セラミック矯正では、セラミックの色や形を自由に選択できます。ワイヤー矯正やマウスピース矯正は天然歯での治療なので、歯の色や形は改善できません。

矯正治療中の審美性の低下を防げる

セラミック矯正は装置を装着しないため、治療中だということが他人から見て分かりにくいです。

ワイヤー矯正では装置による審美性の低下に加え、抜歯を行うことも多いため、治療期間中一時的にすきっ歯のような状態になります。

費用が抑えられる

セラミック矯正の費用は治療する本数で変わってきますが、1本10万円程度が相場で、他の矯正治療と比較すると安価で行えることが多いです。

他の矯正治療は装置料で数十万〜100万円くらいかかります。さらに毎月処置料が発生することも多いです。

矯正治療は自費診療なので、歯科医院によって料金や支払いシステムが異なります。また、選択した装置の種類によっても料金は変わります。費用は各歯科医院のホームページなどに記載されていますので、よく確認してください。

当院のセラミック矯正の料金・費用について

セラミック矯正のデメリット

ワイヤー矯正やマウスピース矯正と比較したときのセラミック矯正のデメリットについて解説します。

健康な歯を削らなければならない

歯を削ることがセラミック矯正最大のデメリットです。症例によっては、神経の処置が必要になります。神経を取ると歯がもろくなってしまうので、将来的な歯の破折などのリスクがあります。

セラミックが欠けることがある

セラミックは衝撃により欠けることがあります。その場合は作り直しが必要になり、費用がかかります。

虫歯・歯周病のリスク

被せ物を装着して時間が経過すると、被せ物や口腔内の状態は変化します。歯や歯茎と被せ物の間に隙間ができ、汚れが蓄積すると、二次カリエスや歯周病のリスクが高まります。

セラミックは保険診療で扱われる材料と比べ、汚れが付着しにくいなどの特徴があり、二次カリエスや歯周病のリスクの低い材料といわれていますが、必ず定期的に歯科医院でリコールを受けて予防に努める必要があります。

症例によっては歯科医師の熟練した技術が必要

セラミック矯正は歯自体を動かす治療でないため、重度の歯列不正になると、歯科医師の高度な咬合の知識や技術が必要になります。全顎的な治療が必要な場合は、セラミック矯正の経験豊富な歯科医師を選ぶようにしましょう。

こんな人はセラミック矯正のメリットが大きい

セラミック矯正は特に以下のような方に適した歯科矯正です。

虫歯治療が必要またはもともと被せ物が入っている

現在、虫歯がある人は歯を削る治療が必要になります。被せ物が入っている人もすでに歯を削っています。このような人は健康な歯を削らないためセラミック矯正がおすすめです。

治療中の審美性の低下を避けたい

セラミック矯正は治療期間が短く装置も装着しないため、人に見られる職業など治療中も審美性を重要視する人に適しています。

【まとめ】セラミック矯正はメリットだけでなくデメリットも理解して治療を受ける

さまざまなメリット・デメリットがありますが、セラミック矯正は歯を削る治療になります。一度削った歯は元に戻すことはできません。患者さんが後悔しないように、納得してセラミック矯正を選択することが大切です。セラミック矯正が気になる人は、ぜひ一度歯科医院にご相談ください。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室