南青山矯正歯科 > 歯列矯正 > セラミック矯正 > 受け口はセラミック矯正で治すことはできる?

受け口は、悪い噛み合わせの一つで、下顎の歯が上顎の歯に覆いかぶさっている状態のこと。よく「しゃくれ」などと呼ばれたり、横から見ると顔のラインが気になったりすることから、美意識の高い方は、コンプレックスを抱きやすい歯並びです。しかし、受け口は審美歯科が得意とするセラミック矯正で、より自然に美しく治すこともできるのです。

そこで今回は、セラミック矯正という差し歯を差すことによる矯正方法で治す方法について解説していきます。

受け口とはどんな歯並び?

受け口とはどんな歯並び?

受け口とは、下の歯が上の歯より前に出ている状態で噛み合っている、もしくは、下の顎のほうが上の顎よりも前に出ていることをいいます。俗に「しゃくれ」と呼ばれます。正式には「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼ばれ、悪い噛み合わせ、歯並びの一つとして矯正治療が行われています。

受け口の原因は何?

受け口の原因は何?

受け口の原因は、大きく分けて2つあります。歯が原因となっている場合と、顎の骨が原因となっている場合です。それぞれについて詳しく解説していきます。

原因が「歯」にある場合

上の歯が通常よりも後ろのほうに傾斜している、もしくは下の歯が前方に傾斜していることが原因で受け口となっているケースです。つまり、主に歯の生える向きや位置が原因という場合です。

原因が「骨」にある場合

上下の顎の骨の大きさがそれぞれ釣り合っていないことが原因で受け口となっているケースです。歯の生える向きなどは問題ないものの、上顎の骨が生まれつき小さい、もしくは下顎の骨が生まれつき大きい、もしくはその両方に該当する場合です。

歯と骨どちらか一方が原因となっていることもありますが、歯と骨の問題が両方絡んでおり、受け口となっていることもあります。

原因が「歯」の受け口はセラミック矯正で治療可能

原因が「歯」の受け口はセラミック矯正で治療可能

歯と骨の2つの原因のうち、歯が原因となって起きている受け口は、セラミック矯正で治すことができます。上下の両方の前歯の必要な本数をセラミックの差し歯に変更して、歯の傾斜などの問題を解消し、歯並びを整えます。

歯並びと噛み合わせが正常になるだけでなく、セラミック素材は白く透明感があり、審美性が高くなるメリットもあります。

セラミック矯正の詳細はこちら

原因が「歯」の受け口は歯列矯正でも治療可能

原因が「歯」の受け口は歯列矯正でも治療可能

歯が原因の受け口を矯正治療する手段は、セラミック矯正だけでなく、歯列矯正もあります。

歯列矯正とは、ワイヤー矯正(ブラケット矯正)、マウスピース矯正などのことで、歯をワイヤーやマウスピースなどで移動して歯をきれいに並べる方法です。

小児矯正(子供矯正)の詳細はこちら

骨が原因の受け口と異なり、外科手術などは必要のないことが多く、治療はこうした矯正治療で可能なケースが多いです。

子どもの受け口の場合、ムーシールドやワイヤーのついたプレートなどを使用することもあります。

原因が「骨」にある受け口の治療方法

骨が原因の受け口の場合、矯正治療だけではむずかしいことが多いです。

未成年の場合は小児矯正で、顎外固定装置を一定期間装着することで、上顎の成長を促したり、下顎の成長をコントロールしたりして治療を行うことがあります。この場合、1~2年装置を使用するのが一般的です。

小児矯正(子供矯正)の詳細はこちら

また、大人の場合は、まずワイヤー矯正で歯並びを改善した後で、顎の骨切りなどの外科手術を行う方法が取られることもあります。

骨が原因の受け口の治療は、他の悪い歯並びや悪い噛み合わせと比べて、大がかりになることがあります。

悪い噛み合わせの原因と矯正治療

受け口を放置すると顎関節症になる?

受け口を放置すると顎関節症になる?

受け口は、治療しないで放置すると、見た目だけではない、たくさんのデメリットがあります。

受け口によって、噛み合わせが悪くなりやすく、咀嚼機能が低下したり、肩こりや頭痛などの全身への悪影響が及んだりします。また、顎に負担がかかると、顎関節症を起こし、顎に強い痛みをもたらすこともあります。

他には、発音が悪くなり、さ行やた行について発声しにくい、聞き取りづらい原因にもなってしまいます。また、歯磨きがしにくいことから、虫歯や歯周病リスクも増えてしまいます。

受け口は、生まれつきのことが原因の場合には、歯や顎を動かしやすい早期から治療を始めることで、大掛かりな外科手術を避けることができ、放置することによるリスクも減るでしょう。しかし、適応になる治療法は、受け口の程度によって大きく異なってきます。

【まとめ】受け口はセラミック矯正で治すことはできる?

受け口の治療は、複数ありますが、セラミックの差し歯を用いるセラミック矯正でも治療できることがあります。歯並びの美しさだけでなく、歯そのものの美しさや機能性も確保したいという場合には、セラミック矯正を検討してみてもいいでしょう。

受け口(しゃくれ)の原因と矯正治療

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン