南青山矯正歯科 > 審美歯科 > 歯肉整形(ガミースマイル治療) > ガミースマイルの原因と治療 > 子供にガミースマイルは遺伝するの?原因と子供矯正の種類

歯を見せて大笑いしたときに見える歯と歯茎。特に歯茎の見える量が多い場合、ガミースマイルと呼ばれます。このガミースマイルが幼い頃からみられる子供もいます。もし、自分の子供がガミースマイルの場合、早めに治してあげたほうがいいのでは?と思っている親御さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子供のガミースマイルを改善する歯列矯正についてご紹介します。いつから始めればいいのかも見ておきましょう。

子供のガミースマイルの特徴

子供のガミースマイルの特徴

ガミースマイルは知っているけれど、子供のガミースマイルとはどのような特徴があるのか知りたいという方もいるのでは?

でも、そのガミースマイルは、子供だからといって大人と違うところは特にありません。原因も大人と同じようにあります。

しかし、子供のガミースマイルは、治療については大人とは異なってきます。大人よりも、子供のガミースマイルは改善しやすいといわれているともいわれています。

それは子供の歯や顎などは、まだ成長途中にあることが理由です。歯並びや噛み合わせなども気になる場合には、それらも含めて、一緒に治療をしていくこともあります。

ガミースマイルの原因

ガミースマイルの原因

ガミースマイルになる原因は、大人も子供も同じであるとお伝えしました。主に、次の3つがあります。

上顎の骨格が原因

上顎の骨が縦に長い場合や、前に突き出しており、出っ歯の状態になっている場合などがこの上顎によるものです。ガミースマイルだけでなく、出っ歯などの歯並びや噛み合わせ不良を伴うこともあります。

上唇の筋肉が原因

ガミースマイルは上唇が持ち上がりすぎることも原因になります。上唇の筋肉が生まれつき発達しすぎているときなどに起こります。

歯や歯茎が原因

歯が生まれつき小さい矮小歯だったり、歯茎が歯に覆いかぶさっていたりすると、ガミースマイルになることがあります。

骨格や歯並びは遺伝するといわれていますので、ガミースマイルも遺伝することもあると考えられたりもしています。

子供がガミースマイルになるとどんなデメリットがある?

子供がガミースマイルになるとどんなデメリットがある?

子供がガミースマイルであることのデメリットは、大人以上に大きくなることがあります。それは、ガミースマイルだと笑うことにコンプレックスを抱き、人前で大きく笑えないこともあるためです。

まだ子供なので、大人と比べると気にならないという人もいますし、印象が下がるといったこともそれほど起こらないでしょう。ただ、幼い頃からそうしたコンプレックスを抱いていることは、将来的に社交性や人とのコミュニケーションの面で何か支障が出る可能性もあります。

子供のガミースマイルを治すならいつから子供矯正を開始するの?

まだ顎や歯が成長過程にある子供のガミースマイルは、永久歯への生え変わりの過程で、歯並び同様に、自然に治ることもあります。しかし、必ずしも治るとは言えないため、大きく目立つ場合は治療を検討することも必要です。

子供のガミースマイルを改善する方法は、大人とは異なり、子供矯正の方法が取られることが多いです。

この子供矯正は、いつからはじめるのがいいのでしょうか。2歳、3歳のできるだけ小さいうちがいいのか、それとも4歳、5歳となってからがいいのか、それとも6~7歳の小学校に入学するのに合わせてからのほうがいいのかということは、親としては気になるものです。

ヘッドギアを用いてガミースマイルを改善

ヘッドギアを用いてガミースマイルを改善

子供矯正でガミースマイル治療を行うときに、よく利用されるのが、ヘッドギアという矯正装置です。これは、上顎の出っ歯の矯正に使われるものです。出っ歯とガミースマイルに関係性があるというわけではないですが、出っ歯の傾向がある、ガミースマイルの子供にとって改善の効果が期待できると考えられています。

ヘッドギアは子供矯正の第1期にあたる、6~8歳前後から始めます。後ろからネックバンドで固定する方式や、頭にヘッドキャップというものを固定する方式があります。装着は、寝るときや家にいるときだけでいいので、子供にとっても精神的な負担が少なくて済みます。

矯正装置による不正咬合の矯正

矯正装置による不正咬合の矯正

不正咬合という、悪い噛み合わせを矯正する歯列矯正を利用する方法もあります。噛み合わせの深さを改善することで、ガミースマイルに効果が期待できる可能性があります。

歯科医師の診断により、3~4歳頃から床矯正という方法で不正咬合を歯列矯正することができます。

歯列矯正といえば、ワイヤー矯正が有名ですが、幼い子供が受ける第1期には行われません。一般的には11歳頃からの第2期で行われるのが通常です。

床矯正で使う矯正装置は、プラスチックのプレートの「床」に、ワイヤーのようなものが付属しているものです。それを口の中に入れると顎が広がることで、ゆっくりと噛み合わせを改善していきます。

MFT(口腔筋機能療法)・トレーナーで指しゃぶりの癖を直してガミースマイルを改善

MFT(口腔筋機能療法)・トレーナーで指しゃぶりの癖を直してガミースマイルを改善

口周りの筋肉のトレーニングである「MFT(口腔筋機能療法)」や、マウスピースのような「トレーナー」という装置を装着することで、指しゃぶりや口呼吸、舌を置く位置が低すぎる、などの悪習慣を改善する方法が取られることもあります。

なぜなら、これらの悪習慣を続けると、歯並びが悪くなったり、噛み合わせが悪くなったり、口周りの筋肉のバランスが悪くなることもあるためです。

MFT(口腔筋機能療法)やトレーナーにより、正しい発音の仕方や、正しい食べ方や飲み込み方を覚えたり、舌や唇の正しい位置を知ったりすることができます。これらの治療の主目的はガミースマイル治療ではありませんが、ガミースマイルの改善が期待できるかもしれません。

一般的に、MFT(口腔筋機能療法)やトレーナーをはじめる年齢は、第1期の時期です。つまり、永久歯が生えそろう15歳頃までに行うことになるでしょう。

乳児の上唇小帯切除は時期によってはガミースマイルの原因にも!?

乳児の上唇小帯切除は時期によってはガミースマイルの原因にも!?

上唇小帯(じょうしんしょうたい)という、上唇と歯茎をつなげているすじを切除することで、歯並びを改善する方法があります。この上唇小帯を切除する時期を誤ると、ガミースマイルの原因になる可能性があるといわれています。そのため、切除する時期を誤らないよう、上唇小帯を切除するなら、歯並びを治すことが専門の矯正医に相談するのが望ましいでしょう。

上唇小帯は、通常、赤ちゃんの時期から2歳くらいにかけては太い三角形をしていますが、年齢が上がるにつれて徐々に細くなり、長さも短くなって歯の根っこのほうに移動していくものです。つまり、通常は切除する必要はありません。

しかし、乳歯から永久歯に生え変わるときに、この上唇小帯が歯並びに悪影響が出る場合があります。そのため切除する必要が出てくることもあるのです。もしそのような事態になった場合には、ガミースマイルのことも考えて、十分注意しましょう。

子供のガミースマイルの改善が期待できる歯列矯正の費用

子供のガミースマイルの改善が期待できる歯列矯正の費用

子供のガミースマイルの改善が期待できる矯正治療の費用相場は、3万~60万円と幅があります。その理由としては、一般的に、子供矯正は、今回ご紹介したようなヘッドギアや床矯正などの矯正やMFT(口腔筋機能療法)といったトレーニングを併用することが多いことが挙げられます。

また、使用する装置は矯正歯科によって大きく変わってきますので、費用も変わってきます。ここまで幅があるのですから、子供のガミースマイル治療においては、必ず複数の矯正歯科に見積もりを取るのをおすすめします。

小児矯正(子供矯正)の詳細はこちら

【まとめ】子供にガミースマイルは遺伝するの?原因と子供矯正の種類

子供のガミースマイルを改善する場合、歯列矯正などの矯正治療が取られることが多いです。その治療方法や開始年齢についてお伝えしてきました。

こうした子供矯正を受ける際に最小限のリスクで治療を受けるには、必ず専門的な知識を持つ子供矯正・小児矯正を専門にしている矯正医に指導を受け、最適な時期に行うと良いでしょう。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン