八重歯で乱杭歯!この歯並びはセラミック矯正で治療できる?

南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック矯正 > 八重歯で乱杭歯!この歯並びはセラミック矯正で治療できる?

口を開けてにっこり笑うと、八重歯が2本飛び出しているのは、日本では愛嬌があって可愛いというイメージもありますが、最近ではそのような考え方も変わってきており、世界的にみると、あまりいい歯並びとはいえないようです。

そんなグローバル化が進むいま、八重歯を矯正する人も多くなってきました。そんな八重歯の中でも、ガタガタの乱杭歯(らんくいし・らんくいば)に近い場合、どのような矯正治療が向いているのでしょうか。また、セラミック矯正では治療できるのかどうかも気になるところです。早速みていきましょう。

八重歯とはどんな歯並び?原因は?

八重歯とはどんな歯並び?原因は?

八重歯とは、前歯にある犬歯が通常より前方に飛び出しており、両隣の歯と重なっているように見える状態のことをいいます。犬歯は上下顎の左右にあり、前歯の切歯と奥歯の臼歯との中間の前から数えて3番目に位置し、尖った形が特徴的です。

例えば肉にかぶりつくときに、尖った歯で肉をとらえて、そのまま切り裂くのに使用します。また、犬歯は他の歯の咬み合わせの負担を抑える役割もあります。

八重歯の原因

原因は歯の生え変わりで永久歯が生えてくるときに、顎の大きさが生まれつき小さい、歯が大きいなどから、犬歯が生える充分なスペースが確保できなくなることがあります。

また、犬歯は乳歯から永久歯への生え代わりの際に、基本的に一番最後に生えてくるとされており、よく犬歯が前方に突き出して生えてくることがあるのもそのためです。

八重歯を放置するデメリット

八重歯は他の悪い歯並び同様、放置するとブラッシングがしにくいことが大きなデメリットです。知らず知らずのうちに犬歯とその周りの歯との隙間にプラークがたまり、特に乱杭歯になっている場合、歯磨きでは隙間のプラークを完全に取り除くことは困難なため、虫歯・歯周病、口臭のリスクが高くなってしまいます。

犬歯はもともと他の歯の咬み合わせの力を軽減させる役割がありますが、八重歯の状態では咬み合わせの不調和がおき、その役割を十分果たせないというデメリットもあります。そして、八重歯は咬傷を起こしやすく、口内炎のリスクもあります。

また八重歯の状態は、犬歯が前方に飛び出して生えていたり、通常とは異なる方向に生えていたりと非常に目立ち、審美性の低下も招きます。

八重歯で乱杭歯になっている歯並びはセラミック矯正で治療可能

八重歯で乱杭歯になっている歯並びはセラミック矯正で治療可能

八重歯は放置するといいことはありません。また特に乱杭歯の場合、さらにデメリットが大きくなります。悪い歯並びとして受け止め、早めに治療を受けるほうが賢明です。

八重歯で乱杭歯の場合、セラミック矯正で治療できることがあります。セラミック矯正とは、歯を削りそれを土台として、セラミック歯を被せる治療法です。

セラミックの歯は透明感を再現でき白さも天然歯に近しいことから、歯並びだけでなく同時に審美性もあげられます。

ただし、セラミック矯正ではセラミックの差し歯を装着するために、必ず歯を削るデメリットがあります。神経を抜く治療が必要になるケースもあります。事前に治療を受ける歯科医師に直接、どのような治療になるのか確認しておきましょう。

セラミック矯正の詳細はこちら

歯列矯正で八重歯は治せる?

歯列矯正で八重歯は治せる?

八重歯は、ワイヤー矯正でも改善することができます。ワイヤー矯正は2~3年の間ずっと歯にブラケットという装置をつけ、ワイヤーで固定して少しずつ力をかけて動かすことで歯列を整える矯正法です。適応範囲も広く、八重歯や乱杭歯の矯正も可能です。

しかし、セラミック矯正と比べて長期治療になることや歯に矯正装置を装着し続けるため、時間と審美性を重要視する成人の中には、短期間治療のセラミック矯正を選択される方も少なくありません。

ワイヤー矯正の詳細はこちら

子供の八重歯は歯列矯正が向いている

子供の八重歯は歯列矯正が向いている

子供矯正の八重歯の治療には、歯列矯正がおすすめです。歯と顎が成長している子供の場合、骨格へアプローチして顎を広げることで、八重歯を歯列におさめるスペースを確保できる可能性があります。

矯正法としては、年齢によって変わりますが、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、顎の成長をコントロールするⅠ期の小児矯正などが選択されます。

小児矯正(子供矯正)の詳細はこちら

【まとめ】八重歯で乱杭歯!この歯並びはセラミック矯正で治療できる?

八重歯、もしくは乱杭歯の状態になっているという場合、歯並びの改善を考えたいものです。放置すると虫歯・歯周病などのリスクも高まってしまいます。

成人している場合は歯列矯正とセラミック矯正という選択肢があります。それぞれのメリットとデメリットを踏まえて治療法を選択しましょう。

八重歯 デメリットや治療・矯正方法について

乱杭歯(ガタガタした歯並び)とは デメリットや治療・矯正方法について

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山 安田 ビル 4 階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室