電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

悪い噛み合わせについて

悪い噛み合わせとは

“悪い噛み合わせ”

悪い噛み合わせとは、何かしらの原因で、噛み合わせが変わり、しっかりと物を噛めない、片側でしか噛めない、噛む位置がわからない、噛むときに力が入らない、左右が非対称に噛んでしまう、口の開閉で顎が痛い、口が開きにくい、耳の横の関節の音がなる、などの症状がある状態です。
左右対象になっているかを決めるポイントとしては、上の前歯の中心が鼻筋の線と一致していることが挙げられます。そして歯の先端の位置が上唇と両目を結んだ線である瞳孔線と平行であると良いとされています。
奥歯は体が起きた状態の姿勢で、顎の力を抜いてカチッと噛んだ際に左右同時に均等に当たっている状態が理想です。
左右非対称の判断としては、歯の傾き、回転具合、歯の長さ、形、生えている位置や噛み方などを診断していきます。

噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせが悪くなる原因としては、日常生活で片方だけ頬杖をつく、うつ伏せで左右どちらか一方の頬を下にして寝ている、食事の際いつも片側だけで噛むなど、日々の動作に偏りがある場合に起こります。
他にも虫歯や歯周病、事故などで歯を失ったことが原因で、噛み合わせが悪くなったり、歯並びが悪い叢生、出っ歯、受け口、すきっ歯などから噛み合わせが悪くなることもあります。

悪い噛み合わせの症状

噛み合わせが悪いと、しっかりと物が噛めないと、胃や食道など消化器官への負担が大きくなったり、顎の筋肉の左右差が発生することもあります。また、噛み合わせの悪さを補おうと、歯ぎしりや食いしばりが起こりやすくなります。
これにより肩こり、頭痛、顎関節の痛み、口が開かない、物を噛むと歯が痛い、口を開閉すると音が鳴るという顎関節症の症状が出てくることがあります。また、審美的に見た目が左右非対称なため、審美面での低下などを引き起こします。

悪い噛み合わせの治療方法

悪い噛み合わせの改善策や治療方法としては、ご自身でてきることは日常の動作において、癖を左右均等にするよう心がけること。
歯並びの悪さに対しては、マウスピース矯正、ワイヤー矯正、またはセラミック矯正などの差し歯にして矯正するなどの治療方法があります。
顎関節まで影響がでている場合は、ナイトガードやマウスガードなど、歯ぎしり防止マウスピースを作成する治療方法もあります。

過蓋咬合のおすすめの治療方法

ワイヤー矯正についてはこちら
マウスピース矯正についてはこちら
セラミック矯正についてはこちら
ブラキシズム治療(歯ぎしり治療)についてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
あなたの歯茎、黒ずんでいませんか?歯茎の黒ずみ解消法はこちら? http://dental-shi
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
上部に戻るボタン