南青山矯正歯科 > 悪い噛み合わせの原因と矯正治療

悪い噛み合わせ悪い噛み合わせ

悪い噛み合わせとは、何かしらの原因で、噛み合わせが変わり、しっかりと物を噛めない、片側でしか噛めない、噛む位置がわからない、噛むときに力が入らない、左右が非対称に噛んでしまう、口の開閉で顎が痛い、口が開きにくい、耳の横の関節の音がなる、などの症状がある状態です。

左右対象になっているかを決めるポイントとしては、上の前歯の中心が鼻筋の線と一致していることが挙げられます。そして歯の先端の位置が上唇と両目を結んだ線である瞳孔線と平行であると良いとされています。

奥歯は体が起きた状態の姿勢で、顎の力を抜いてカチッと噛んだ際に左右同時に均等に当たっている状態が理想です。

左右非対称の判断としては、歯の傾き、回転具合、歯の長さ、形、生えている位置や噛み方などを診断していきます。

まず、何気なく使っているこの「噛み合わせ」という言葉の意味について改めて考えてみましょう。噛み合わせとは上下の歯がどのように接触しているかということを指します。何ということもないですが、実はこの噛み合わせがよくないと大きな支障が出てきます。

それは、歯や歯茎などの口の中だけの問題だけでなく、体全体の不調にも影響してくるものなのです。例えば、噛み合わせの悪さが頭痛や肩こりなどの不定愁訴(ふていしゅそ)を起こしているケースも少なくないのです。

噛み合わせは、頭蓋骨や顎、肩、骨盤などあらゆる部位によって影響を受け、さらにそれらに影響を及ぼします。すべてがつながっているのです。例えば、姿勢が悪かったり、よくものを噛んで食べなかったり、片方でばかり噛んだりすると噛み合わせに支障が出てきてしまいます。つまり、悪い噛み合わせは全身に悪影響を及ぼすため、すぐにでも改善すべきものなのです。

噛み合わせが悪くなる原因としては、日常生活で片方だけ頬杖をつくうつ伏せで左右どちらか一方の頬を下にして寝ている食事の際いつも片側だけで噛むなど、日々の動作に偏りがある場合に起こります。
他にも虫歯や歯周病、事故などで歯を失ったことが原因で、噛み合わせが悪くなったり、歯並びが悪い叢生、出っ歯、受け口、すきっ歯などから噛み合わせが悪くなることもあります。

噛み合わせが悪く、しっかりと物が噛めないと、胃や食道など消化器官への負担が大きくなったり、顎の筋肉の左右差が発生することもあります。また、噛み合わせの悪さを補おうと、歯ぎしりや食いしばりが起こりやすくなります。

これにより肩こり、頭痛、顎関節の痛み、口が開かない、物を噛むと歯が痛い、口を開閉すると音が鳴るという顎関節症の症状が出てくることがあります。また、審美的に見た目が左右非対称なため、審美面での低下などを引き起こします。

悪い噛み合わせにはさまざまな種類があります。それぞれの原因と治療法をご紹介します。

受け口(下顎前突/かがくぜんとつ・反対咬合/はんたいこうごう)

いわゆる受け口といわれるものは、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。私たちは何気なく口を閉じて歯を噛み合わせていますが、通常は、上の歯が下の歯よりも前に出た状態で噛み合わさります。下顎前突や反対咬合が正式名称です。

原因は、生まれつき上顎や下顎の位置がずれていることや、後天的に顎を突き出す癖や爪を噛む癖などが原因といわれています。顎によるところが大きいため、まだ成長期の子どもの段階であれば顎に対して処置するといったことも可能です。大人の場合には歯を矯正したり、顎の手術を行うことになります。

受け口(しゃくれ)についてはこちら

開咬(かいこう)

噛み合わせが開いていると書く「開咬」は、上と下の歯を噛み合わせたときに、すき間が空いている状態のことです。通常は、上の歯が下の歯よりも前に出た状態で噛み合わさりますが、開咬の場合、噛み合わされません。原因は、幼少期の指しゃぶりや舌癖などが大きいといわれています。

自分では奥歯のほうが噛み合わさっているため、それほど違和感はないかもしれません。しかし正面から見ると、すき間が空いているので見栄えがよくありません。放置すると奥歯ばかりに力がかかるため、通常の噛み合わせよりも奥歯に負担が大きくなります。

開咬(オープンバイト)についてはこちら

過蓋咬合(かがいこうごう)

開咬の反対で、噛み合わせが深すぎる状態です。開咬はしっかり噛んだときに上の歯と下の歯にすき間が空いてしまいましたが、過蓋咬合の場合、より深く噛み合わされてしまうため、下の前歯がほとんど見えない状態になります。

原因は生まれつき顎の骨の構造がそのようになっているということ、もしくは顎の筋肉が異常に強いといったことも考えられます。

過蓋咬合についてはこちら

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合とは、上の歯と下の歯を噛み合わせたときに前後または左右にずれていることで、噛み合わせに異常が出ている状態のことをいいます。すれ違い咬合とも呼ばれます。

少し左右にずれただけでは何も問題ないように見えますが、実は横にずれただけで、本来上の歯が下の歯に覆いかぶさるところ、下の歯のほうが上の歯に覆いかぶさる形になってしまうこともあります。噛み合わせがクロスすると全体の噛み合わせに不具合が出てしまいます。

原因は歯や顎の位置にもともと異常がある場合、顎が変形している場合。自ら横にずらして噛んでいる場合などがあります。子どもの場合には顎の成長を調整することがありますが、大人の場合には全体の歯列矯正や部分矯正が行われます。

悪い噛み合わせの改善策や治療方法としては、ご自身でてきることは日常の動作において、癖を左右均等にするよう心がけること。歯並びの悪さに対しては、マウスピース矯正、ワイヤー矯正、またはセラミック矯正などの差し歯にして矯正するなどの治療方法があります。

顎関節まで影響がでている場合は、ナイトガードやマウスガードなど、歯ぎしり防止マウスピースを作成する治療方法もあります。

マウスピース矯正・ワイヤー矯正による悪い噛み合わせの治療方法

マウスピースやワイヤーを使って歯を一定期間固定することで、歯を徐々に動かし、理想的な歯並びにする方法です。

治療費の目安:150,000円〜

ワイヤー矯正についてはこちら

治療費の目安:183,400円〜

マウスピース矯正についてはこちら

セラミック矯正による悪い噛み合わせの治療方法

歯を削り、土台として上からセラミックの被せ物を被せることで、美しい歯並びを作る方法です。

治療費の目安:71,400円〜

セラミック矯正についてはこちら

小児矯正による悪い噛み合わせの治療方法

幼少期で乳歯が生え変わっていない頃、顎が成長中であるため、顎の矯正を行うことができます。

治療費の目安:100,000円〜

小児矯正(子供の矯正)についてはこちら

歯ぎしり防止マウスピースによる悪い噛み合わせの治療方法

ナイトガードやマウスガードなど、歯ぎしり防止マウスピースを作成し、歯ぎしりを防止する方法です。

治療費の目安:30,000円〜

ブラキシズム治療(歯ぎしり治療)についてはこちら

顎矯正手術による悪い噛み合わせの治療方法

大人の場合、顎の成長が止まっているため、顎矯正手術を行うことがあります。上顎や下顎の骨を動かし、正しい噛み合わせになるようにします。

顎関節症治療による悪い噛み合わせの治療方法

もし噛み合わせの悪さから顎関節症になっている場合には顎関節症を治す治療を行います。

深い噛み合わせを治す方法は?
深い咬み合わせは、奥歯の高さが虫歯の放置や食いしばりなどの摩耗によって減ってしまうことで起こることが多いです。
この状態によって起こる弊害は、歯茎が見えすぎるガミースマイル、奥歯の噛みしめ、食いしばりが起こりやすいことによる負担加重、前歯の早期接触による負担過重、下の歯が見えない審美性の低下などがあります。
放置すると歯ぎしりが強くなったり、奥歯や前歯が欠けてしまうリスクがあるため、八重歯や出っ歯などの不正咬合と比較して問題なさそうにみえますが、治療したほうがよいでしょう。
治療方法は、ワイヤー矯正で奥歯を出す方法や、セラミッククラウンで奥歯に高さを出す方法、前歯の長さをセラミッククラウンで短くする方法などがあります。
髪の毛一本挟んでも違いがわかるように、咬み合わせは非常に重要です。どの治療方法があっているのか、しっかり相談してから受ける治療を選択しましょう。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン