電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

過蓋咬合(かがいこうごう)とは

過蓋咬合(かがいこうごう)とは

過蓋咬合(かがいこうごう)の症例

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、奥歯でしっかり噛んだ状態で、正面からみると前歯の上の歯が、下の歯に覆いかぶさり、下の歯がみえない状態になるほどに深く噛み合っている状態のことを言います。
八重歯や出っ歯のように目立って歯並びが悪いというわけではないので、自覚症状なく過ごされている方も多くいらっしゃいます。しかし、過蓋咬合により、歯や歯茎など様々な部分に悪い影響を与えることがあります。

過蓋咬合の症状

過蓋咬合の方にみられる症状としては、前歯の噛み込みが深すぎる(強すぎる)せいで、奥歯で噛んだ時に下の歯が上の歯の歯茎に食い込み、歯茎を傷つけてしまうことです。これにより歯茎が痛んで歯周病になるリスクが高くなったり、口内炎や腫れが発生するといわれています。
次に、審美的に上の前歯が大きく見えることです。下の歯が見えないことで上の歯が強調されるためです。
他には、前歯が空気に触れることが多いため、乾燥しやすく、虫歯や歯周病になるリスクが高くなることもあります。
さらに、上下の歯の隙間が少ないため、歯ぎしりや食いしばりなどをした際、歯への負担が奥歯・前歯ともに大きくなります。これにより天然の歯が欠けたり、差し歯や詰め物、入れ歯、インプラント、セラミックといった治療の人工物が壊れやすくなる症状がでることもあります。ひどくなると、顎関節症を吹き起こすこともあり、顎の開閉時に耳の横から音がポキポキ出たり、お口が開きづらい、もしくは閉じずらいなどの症状が出ることもあります。

過蓋咬合の治療方法

過蓋咬合の治療方法は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正、セラミック矯正などで奥歯の高さを出して前歯の噛み込みの深さを改善したり、天然の歯の研磨やセラミッククラウンなどで、前歯の先端の形を何かしら変えて噛み込みの深さを解消する必要があります。

過蓋咬合のおすすめの治療方法

ワイヤー矯正についてはこちら
マウスピース矯正についてはこちら
セラミック矯正についてはこちら
セラミッククラウンについてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
歯のマニキュアって何? 急な用事でも歯を簡単に白くすることができるホワイトコート
上部に戻るボタン