電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

上顎前突(出っ歯)とは

“上顎前突(出っ歯)”

上顎前突とは、一般的には出っ歯と呼ばれます。上の前歯に傾斜がついていたり、上の前歯が長かったり、歯全体が前に出ている状態を指します。
横顔の、鼻尖(鼻の先)・上唇・オトガイ(下顎)の3点を結んだ線をスマイルラインといいますが、この線が一直線であると美しいといわれています。
この時、鼻尖とオトガイを結んだ線よりも、上唇が出ている状態を出っ歯と診断します。上顎の骨が出過ぎているもしくは、前歯が傾いて出ている状態か、下顎の骨が小さ過ぎるもしくは、下の歯が内側にある状態からも起こりえます。
上顎前突には次の2つの種類があります。

歯が原因のもの

歯が生まれつき大きい、もしくは顎が小さくて歯が収まりきらないということが原因の上顎前突です。赤ちゃん時期の指しゃぶりや幼少期の舌で歯を押す癖などが原因のこともあります。また、鼻が悪いことなどで口呼吸を余儀なくされ、歯が前方にせり出てきてしまうこともあります。

顎骨が原因のもの

下顎の骨が後ろに後退している、上顎が大きい、下顎が小さいなど、顎に原因がある上顎前突です。これは生まれつき、もしくは遺伝によるところが大きいといわれています。
これらの原因の違いによって、治療法が変わってくることがあります。ご自身がどちらのタイプなのかあらかじめ歯科医師に尋ねられるといいでしょう。

上顎前突(出っ歯)の原因

原因としては、遺伝的要因と、環境的要因があります。
遺伝的な場合は、骨格的に上顎の骨が下顎よりも過成長(大きい)であったり、下顎の骨が劣成長(小さい)、もしくは上下の顎が過保成長の場合です。こうなると、骨のサイズに対して歯が収まりきるスペースがなく、前歯が前にでてくる形となります。
骨ではなく歯の場合は、歯自体が大きい、長いなどの遺伝です。
他にも環境因子として、常習的に指しゃぶり、舌で歯を裏側から押す、鉛筆や箸を咬むなどの癖などによって起こります。
全身疾患や、鼻炎などにより、口をいつも開けている状態が続いた場合にも、唇がしまらず前歯に傾斜がついて出っ歯となることもあります。

上顎前突(出っ歯)の症状

上顎前突(出っ歯)は、次のような症状やデメリットが出てきます。

口が閉じづらいことで審美性が低下する

出っ歯になると、歯が出ているため口が閉じづらくなります。それだけでは支障がないかもしれませんが、呼吸が漏れてしまったり、口を閉じるのを補うために顎先のオトガイに梅干し状のシワができたり、口を閉じようとして鼻の下が伸びたり、無理やり閉じると突出感が出て「イーライン」と呼ばれる横顔のラインが崩れたりと、審美性も低下してしまいます。

口が乾きやすく虫歯・歯周病リスクが上がる

口が閉じづらいことで自ずと口が開きっぱなしになりやすいため、口が乾きやすく、虫歯や歯周病のリスクも上がります。

前歯で物を噛みづらくなる

前歯で物を噛みづらくなり、奥歯への負担が大きくなることがあります。また、よく噛まずに無理して飲み込んでしまうと、消化器官への負担が大きくなり、胃腸障害のリスクも出てきます。

顎関節症になりやすくなる

出っ歯だと顎関節症になりやすくなるといわれています。顎関節症は、顎が痛み、口を大きく開けづらく、顎を動かすとカクカクといった音がする症状をきたす顎の病気です。出っ歯の中でも、特に下顎が大きく後退している場合に顎関節症になりやすいといわれます。その理由は、顎関節のつなぎめの部分も後退していることが多く、その内部にある関節円板が前方にずれてしまいやすくなるためです。

出っ歯が進行してしまうこともある

出っ歯は生まれつきの顎や歯の大きさに関係していることが多いといわれますが、大人になってから出っ歯になったり、出っ歯の人が大人になってさらに出っ歯が進行してしまったりすることもあります。噛み合わせによるものや、自然と歯が前傾する現象によるものなどがあります。

事故などで歯を失うケースがある

出っ歯の人が事故などでケガをした際、出ている前歯が折れるケースが少なくありません。また、事故やスポーツなどで人と衝突した際に、凶器になることもあります。

上顎前突(出っ歯)の治療方法

上顎前突(出っ歯)の改善策や治療方法としては、遺伝的な骨格が原因の場合、成長期であれば、顎外の矯正装置を使って、上顎の成長を抑えたり、下顎の成長を促したりする矯正方法が選択できます。
成長期が過ぎた成人の場合は、外科手術で上顎を小さくしたり、下顎を前に伸ばしたり、外科手術と併用してワイヤー矯正やセラミック矯正を併用することもあります。
外科手術が必要な場合は、保険がきくこともあります。
歯が原因の場合、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などの自分の歯を動かす歯科矯正や歯の傾斜、歯の長さ、歯の大きさを同時に改善できるセラミッククラウンなどの審美歯科治療(セラミック矯正)で歯の向きを変える方法を選択します。
環境因子でもある悪習慣(癖)自体も意識して改善してあげないと、せっかく治療してもまた後戻りすることがあります。

ワイヤー矯正による上顎前突(出っ歯)の歯列矯正

生まれつき顎が小さく歯がきれいに並びきらないことで起こる上顎前突の場合などは、ブラケットという矯正装置を歯1本1本につけて、ワイヤーで固定するワイヤー矯正が一般的に行われます。これにより、顎に歯を収めます。ただし、顎が狭すぎて歯が収まりきらないこともありますので、その場合には、外科手術などで顎骨を調整する場合もあります。
ワイヤー矯正は、黒いブラケットに金属のワイヤーによって目立つことから、審美性が低下するといわれてきましたが、当院では歯の裏側にブラケットとワイヤーをつける舌側矯正や透明やセラミックのブラケット、及び白いワイヤーを使うことで目立たなくさせる方法もあります。
いずれにしても長い時間は要しますが、適応も多い昔からある安心の矯正方法です。

ワイヤー矯正についてはこちら

マウスピース矯正による上顎前突(出っ歯)の歯列矯正

透明のマウスピースをはめて矯正をする方法です。ワイヤー矯正のように治療中はずっと取り付けられているタイプではなく、自分で食事や歯磨きのときに取り外せるのが特徴です。一日20時間以上装着する必要はありますが、虫歯リスクが下がったり、審美性の面でも優れていたりと、人気の矯正方法となっています。
米国発のインビザラインというマウスピース矯正は実績があり、世界中で使用されている確かな方法で、当院でも受けることができます。当院でも、上顎前突の治療実績があります。
マウスピース矯正についてはこちら

セラミック矯正による上顎前突(出っ歯)の矯正治療

歯を削り、セラミックのクラウンを被せる治療方法です。従来の矯正治療ではなかなか叶わなかった時間の問題を解決します。セラミック矯正は、最短3週間で済みます。歯を移動させる方法とは異なるためです。
セラミックはただ早いだけでなく、その見た目も天然の歯に近く、美しい白さを手に入れられるため、矯正だけでないメリットも得られます。
また、セラミックは汚れや細菌が付着しにくいため、虫歯や歯周病リスクも軽減できます。ワイヤー矯正ではどうしてもワイヤーのすき間などに食べかすやプラークがはさまりやすいため、虫歯や歯周病リスクが高まります。
上顎前突でも多くの方が セラミック矯正を選ばれています。
治療方法は、一度歯科医師が歯の状態を確認し、どの治療方法が行えるか、適しているかなどを診断いたします。その上でご自身のご要望に沿った治療方法を相談して決めることになります。
セラミック矯正についてはこちら
セラミッククラウン(差し歯・セラミック歯)についてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
あなたの歯茎、黒ずんでいませんか?歯茎の黒ずみ解消法はこちら? http://dental-shi
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
上部に戻るボタン