電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

歯の色について

歯の色について

黄ばんだ歯

歯の色は、その人の印象を変える大きな要素の一つといえます。
たとえ歯並びがよくとも、歯が黄ばんでいたり黒ずんでいたりすると、不潔に見えたり、年齢よりも老けて見えることもあります。
審美的に自信のない状態が続くと、口を開けたり、笑顔を見せられなくなり、表情が硬く、対人関係に支障をきたすことも考えられます。
ある意味、歯の色を白く保つことはその人の印象をよくするだけでなく、人生を豊かにすることに繋がるともいえます。

歯が変色する原因

歯の色が変色する理由はさまざまです。
・加齢による歯の黄ばみ
・日常生活の飲食物の着色や嗜好品による着色
・転倒や事故などで強い衝撃を受け、神経が死んでしまったことによる色の黒色化
・大きな虫歯によって神経が死んでしまったことによる色の黒色化
・抗生物質が原因で歯がグレーになったり縞模様がでてしまう、生まれつきテトラサイクリン歯の場合
・乳歯の時に強い刺激や虫歯によって、埋まっている永久歯が影響を受けることによる白斑や着色

変色した歯の症状

歯の色は天然の生えたばかりの状態ですと、やや乳白色が一般的で、個性によって黄色味かかっています。
しかし、上記原因によって、強い黄色、茶色、黒色、グレー、青色、縞模様、ホワイトスポットなど様々な歯の色に変化がでます。
とくに痛みなどは伴いませんが、審美的に気なる方は多いでしょう。

変色した歯の治療方法

治療方法は、日常の着色であればホワイトニングやクリーニングで白くなります。自分の歯を利用でき、刺激もリスクも少ないですが、日常生活でまた着色していきますので定期的なメンテナンスが必要です。また元々の天然歯の白さを超えて白くまたは明るくすることは難しいでしょう。
神経が死んでしまったことによる変色の場合は、時間と費用、歯を削るリスクはありますが、人工物であるセラミックの歯で半永久的に美しさを維持できます。自分の歯を残して歯の中からホワイトニングするウォーキングブリーチ療法もありますが、効果が期待しにくい点と、歯が脆くなるデメリットもあります。
テトラサイクリン歯や乳歯時代の虫歯などの影響による白斑に対しては、ホワイトニングを試してみることもできますが、変化がなかったり、より目立つようになることもありますので、セラミックなどの人工物の治療のほうが予後がいいでしょう。
いずれにせよ、歯を白くする方法は、原因に合わせた治療が必要です。やみくもにホワイトニングするだけでは、時間と費用を無駄に費やすこともあります。正しい治療方法を選択できるよう、専門の歯科医師に相談しましょう。

変色した歯のおすすめの治療方法

ホワイトニングについてはこちら
歯のクリーニングについてはこちら
セラミック矯正についてはこちら
セラミッククラウンについてはこちら
ラミネートべニアについてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
歯のマニキュアって何? 急な用事でも歯を簡単に白くすることができるホワイトコート
上部に戻るボタン